1. ホーム
  2. 受験をお考えの方へ
  3. Q & A

Q & A

Q. 中学入試のレベルはどのくらいですか?

A:小学校の基本学習がきちんとできていれば大丈夫です。まずは、国語と算数の基礎をしっかりと学習してください。何を目的に入学したいのかを考え、英和の教育方針を理解し、しっかり準備して受験してください。入試には、自己推薦・専願入試・一般入試があります。また海外帰国生入試も行っております。

Q.自己推薦入試の出願に必要な資格は何ですか?

A:英検・漢検・珠算・書道・スポーツ・芸術・児童会活動などの分野で、それぞれ条件を設けています。入試要項で確認し、出願前に自分の資格が条件に合うかどうかを必ずお問い合わせください。

Q.英語入試について教えてください。

A:中学専願入試の選択科目として「英語」入試があります。「国語」と「算数A」が必須科目で、「算数B」と「英語」のいずれかを選択する入試方法です。つまり、「英語」は必須科目ではありませんので、国語と算数での受験が可能です。「英語」入試の受験者数は増えていますが、現在の努力を認めるものであり、入学前の英語力の条件では決してありません。

Q.今まで英語の勉強はしていないのですが、大丈夫ですか?

A:山梨英和の英語学習は、1からのスタートです。生徒の中には海外帰国生などもいますが、英和中学で英語の勉強をスタートし、高校では得意科目となり大学受験に挑む生徒も多くいます。心配はありません。

Q.スカラシップ選考の採用レベルを教えてください。

A:スカラシップ選考(中学一般入試Ⅰと同一問題)の「国語」と「算数」の合計点の90%以上の得点で採用となり、1年間の授業料が免除されます。条件を満たせば次年度更新があります。出願時の申請により、専願入試や自己推薦入試、海外帰国生入試で、すでに合格手続きをしている受験生もチャレンジできます。高いレベルの試験ですが、チャレンジすることで勉強への意欲を高めたという受験生が多くいます。

Q.海外帰国生の条件を教えてください。

A:継続して1年以上海外に在留し、帰国して2年以内の受験生が該当します。または、本人が継続して1年以上海外に在留中で、年度末までに帰国予定の受験生です。出願前に必ず確認のためお問い合わせください。

Q.学費について教えてください。

A:2017年度の費用は、次の通りです。県内の他の私学と比べて高いものではありません。

中学校
入学金納付金 校納金(月額)
入学金 140,000円 授業費 30,000円
施設費 140,000円 教育充実費 14,500円
計 280,000円 計 44,500円
その他、PTA会費、教育活動費、生徒会費があります。
他に教材費や希望者海外研修の費用が必要となります。
山梨英和中学校から英和高等学校に進学する際には、入学金納付に特典があります。
Q.入学金や学費の減免などはありますか?

A:姉妹が本校に同時に入学する場合や本校に在籍している生徒の姉妹が入学する場合、本校の同窓生の子、孫または妹が入学する場合は、入学金が半額減免になります。姉妹が本校に2名以上在学の場合、2人目以降学費(授業料・教育充実費)を20%減免します。説明会などでご確認ください。

Q.入学検定料(受験料)の免除があると聞きましたが、どのようなものですか?

A:実用英語技能検定(英検)3級以上の資格を有する場合は受験料が免除となります。

Q.自宅外からの通学は認められていますか?

A:基本的には、自宅からの通学となります。ただし、祖父母宅などからの通学についてはご相談ください。指定寮もありますが、中学生の寮生活は認められていません。

Q. 高校入試のレベルはどれくらいですか?

A:中学校での基礎学力がしっかりとついていることが求められます。大切なのは、学ぼうという意欲を明確に持っていることです。本校では多様な進路に対応できるカリキュラムを用意しています。中学校での基礎ができている受験生は必ず伸びて希望の進路を獲得していきます。

Q. 英和高校の英語についていけるか心配です。

A:入学前の3月に英語オリエンテーションがあり、山梨英和の英語学習の方法を身につけて4月の入学式を迎えます。入学後の習熟度別授業や細やかなフォローアップで、90%以上の生徒が安心感を得られています。また、オリエンテーションでは、高校から入学する仲間と顔見知りになり女子校での生活への不安もなくなります。

Q.推薦入試について教えてください。

A:本校への希望を第一に考え、意欲を持って学習や諸活動に取り組み、中学校の校長先生から推薦を受けた生徒は、作文と面接の試験により入学を許可されます。推薦入学の生徒を対象にした「特待生制度」もあります。なお、推薦入学の生徒は意欲が高く、高校入学後も学力が著しく伸びています。

Q. 特待生制度とはどんなものですか?

A:推薦入試での入学者には、学業または文化・スポーツの分野でその成績が特に優秀な生徒への「特待生制度」があります。特待生には入学時納付金や校納金などの減免があります。詳しくは説明会などでお尋ねください。

Q.一般入試でのスカラシップ選考について教えてください。

A:一般入試の国語・数学・英語の合計点の90%以上の得点で採用となり、入学金と1年間の授業料が免除されます。さらに、1学年末に審査し条件を満たせば更新されます。全受験生が対象となります。山梨英和を受験するモチベーションとなっています。

Q.学費について教えてください。

A:2017年度の費用は、次の通りです。県内の他の私学と比べて高いものではありません。

 
高等学校
入学金納付金 校納金(月額)
入学金 160,000円 授業費 30,000円
施設費 140,000円 教育充実費 15,000円
計 300,000円 計 45,000円
その他、PTA会費、教育活動費、生徒会費、修学旅行積立費があります。
一般入試の合格者で、他の公立高校を併願している場合は、公立高校合格発表日まで入学時納付金の延納ができます。
Q.入学金や学費の減免などはありますか?

A:姉妹が本校に同時に入学する場合や本校に在籍している生徒の姉妹が入学する場合、本校の同窓生の子、孫または妹が入学する場合は、入学金が半額減免になります。姉妹が本校に2名以上在学の場合、2人目以降学費(授業料・教育充実費)を20%減免します。説明会などでご確認ください。

Q.入学検定料(受験料)の免除があると聞きましたが、どのようなものですか?

A:実用英語技能検定(英検)準2級以上の資格を有する場合は受験料が免除となります。

Q.公立高校との併願で受験する場合も、入学金の振り込みが必要ですか?

A:公立高校との併願校受験を申請する場合は、その合否発表日まで入学手続きは必要ありません。それまでは入学金の振り込みや書類の提出など一切不要です。

Q.寮について教えてください。

A:ドーミー甲府が指定生徒寮となっています。詳しくはドーミー甲府「英和専用ホームページ」をご覧ください。自宅外からの通学は、指定寮からの通学のみ許可されています。祖父母宅などからの通学についてはご相談ください。なお、中学生の寮生活は許可されていません。

ページの先頭へ
戻る