1. ホーム
  2. 進路
  3. 進路指導

進路指導

キャリアスタディ山梨英和

はじめに

 大学生の就職が厳しいことから、「資格重視」「実学志向」など、さまざまな言葉がこのところ進路指導に関して言われています。 進路指導というと、どうしても大学進学や就職に有利か不利かという近い将来ばかりに目が行きがちです。 しかし、本来のキャリアスタディとは、生徒たちが大人になったとき、母親になったとき、社会で自立していくための人間教育を 中高6年間の女子教育を通して実現することこそが大切なのだと思います。

敬神・愛人・自修

 山梨英和に通う生徒一人ひとりの進路はさまざまです。個性の分だけ希望があります。その希望に応 えていくのが進路部の責任だと思っています。本校の進路指導のモットーは、校訓と同じ「敬神・愛人・ 自修」です。神様から与えられた賜物を信じ、自らを見つめ、他者のために生かす人間教育そのものです。「一人ひとりを大切に生かす」これが本校の進路指導なのです。

キャリアスタディ

 「キャリアスタディ山梨英和」では、中高6カ年の流れをつかんでいただき、中学生はこれからの進 路指導の計画と自分自身の進路とをイメージしていただきたいと思います。また、高校生はこれまでの あゆみを振り返りながら、高校卒業後の進路実現に向けての目標作りに役立てていただきたいと思いま す。それぞれの学年が、発達段階に応じて適切な指導が与えられていることがわかると思います。中学1・2年生は、まだ進路と名前のついたロングホームルーム行事などは多くはありませんが、「英和の歴史」や「国際教育」、そして「自由研究」が自分の未来の可能性を広げる学びへとつながっていきます。また、中学3年から高校1年生にかけては、「進適指導」とともに高校カリキュラムを見越した進路指導を通して、中高の連携が生かされた進路指導が実感できると思います。さらに、高校2・3年生は、ロングホームルーム計画や模擬試験指導の中で多くの「進路指導」がなされ、進路指導と合わせてさまざまな「学習指導プログラム」も展開されていきます。6カ年の進路の流れをシミュレーションしてみてください。

卒業生の進路

 今春の卒業生の進路状況を掲載しました。いうまでもないことですが、数字は統計的にまとめた結果に過ぎません。 進路実現にいたる生徒一人ひとりの悩みや葛藤、また希望や喜びを共有するため卒業生の「合格体験記」を掲載しました。 特に今年度は、新課程になって初めての入試でした。センター試験も大幅に変更になり、受験生の不安も大きかったと思います。 それを乗り越えての合格ですから、大変価値があると言えます。ここでは、勉強法もさることながら、卒業生がそれぞれに語る 「英和で学んだこと」をぜひ読みとっていただきたいと思います。「授業がすべて」「6年間のさまざまな活動」 「友人や先生との出会い」「英和でしかできないこと」を共感していただきたいと思います。

伝統の進路指導

 大学入試方式は、近年さまざまな入試方式がとられるようになりました。本校からの出願では近年「一般入試」と同様「AO入試」や 「公募制推薦入試」などを利用した受験方法が増えつつあります。昨年度の「指定校推薦」のデータはさまざまな大学入試のひとつの方式として 参考にしていただきたいと思います。伝統ある山梨英和だからこそ選べる進路もあります。卒業生の努力が後輩の進路を開く、 これはまさに伝統の力ともいえます。

ページの先頭へ
戻る