「サイエンスカフェ@山梨」のご案内

来る2016年11月19日、『サイエンスカフェ@山梨』を本校にて開催いたします。

これは、「国際的に活躍できる女性科学者の育成」をテーマにSSH活動を展開する本校が、今年度新たに企画したものです。 地域で学ぶ女子中学生・高校生を対象に、学校や校種の枠を超えて科学技術分野への関心を高めていただく機会になれば幸いです。

ぜひ、多くの女子生徒の皆さまにご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。

日 時:2016年11月19日(土) 10:00~11:35

場 所:山梨英和中学校・高等学校(山梨県甲府市愛宕町112)

連絡先:山梨英和中学校・高等学校SSH事務局

    TEL 055-252-6184/ FAX 055-251-7468       E-mail:eiwa-ssh@yamanashi-eiwa.ac.jp

※本校生徒の保護者のみならず、教育関係者、県内小中学生とその保護者の希望も受け付けます。

参加申込は11月11日(金)までにお願い致します。申込専用フォームこちらから

       →追加募集中!11月18日(金)まで。当日参加もOK!

高校生ポスター発表参加者要項はこちら

 

中2親子進路学習会を実施しました

木々の葉が美しく色づく中、11月13日(火)に多くの保護者の方々にお集まりいただき、中2親子進路学習会を実施いたしました。テーマは『大学入試改革で発揮される山梨英和の強み」。進路部長より、これからの社会(大学)で求められる力について、「リテラシー(思考力・判断力・表現力)と「コンピテンシー(学びに向かう力)」という2つの側面から説明しました。これらの力は何事にも疑問を持ち、好奇心を持つことから始まり、中学生の今だからこそできることはたくさんあります。そこで培われた探究心と学力の貯金は、本校が築いてきた学びのなかで醸成され、先に挙げた力となって育まれるはずです。今後も親子学習会を通して、大学入試改革、そしてその先にあるものを見据えた本校の取り組みについて説明していきたいと考えています。

《保護者の感想》
・大学入試など、現状やこれからどうしていったら良いかなど、具体的に聞けてよかった。英和の生活の中で役にたつスキルなどを学べることはとてもよく、期待しています。

・詰め込んだ知識より人として協力的、遊び心を大切に臨機応変に対応する力を大切にする時代なんだと思いました。人工知能が発達して、いろいろ便利になりましたが、職も奪われます。
企業がどんな人材を欲しているか←大学←高校(中学)と逆算して説明していただけると有難いです。目の前の受験ばかり考えがちです。人として上手くやっていくことが大切だと思います。英和はキリスト教が基本なので安心です。

・大学受験の根本から変化してきている、ということがよくわかりました。今までの受験とこれからは違う。外部検定試験のとりくみ、子ども自身が将来何をしたいのか、よく話して今後に生かしていきたいと思います。学生生活を充実させ、いろいろ学ぶことの大切さを改めて考える機会となりました。

・大学入試が多様化しており、自分自身で情報を収集し、正確に把握する力が必要だと感じた。中高一貫校の強みを生かし、じっくり考え、いろいろな経験をし、学ぶ目的を持ち、努力してもらいたいと思います。

・学習会、ありがとうございました。大学受験がもうすぐそこなのだと実感しました。英和のプログラム(カリキュラム)で大いに学び、力をつけてもらいたいと思いました。英語の外部検定試験は英検のどのレベルまでとればいいのかを知りたいです。また、英検以外の外部試験のほうがいいのかも知りたいです。

・いろいろなことが要求されているので、これから頑張っても間に合うのか心配です。まずは学力をつけ、夢を持ってくれるとよいのですが。不安ばかりです。本人の底力を信じようと思います。アドバイスをよろしくお願いします。

・中高一貫の強みを改めて感じました。常に知的好奇心(探究心)を持って生活して欲しいと思いました。

・社会人としてどのように活動したいかという最終的な目標を目指して大学を選び、高校生活を送ることの大切さを知ることができました。どのようなことでも経験値を重ねていくことでより深い学びを身につけて欲しいと思います。

・考える力をつけて貰いたいと思いました。

・これから大学・社会の求める力がどんどん変わってくるという現状に早くから対応している山梨英和に入学させてよかったと思いました。

・今をどう過ごしていくのか。これからどうしていかなければならないのか。先を考える時間を与えてくださって、このことを生かして日々の生活を送っていければと思います。今後も情報をご提供いただければ幸いです。

・今日の進路学習会に参加させてもらい、私達が大学受験をしてきた時と変わってきていて、娘たちの場合はやはり、ただ学力だけではなく、いろんなことに対して、探究心を持っていかなければいけないと思いました。好きなこと、得意なことを極めて、自分にあった大学に進学して欲しいと思いました。

・大学入試でどんな力を求められるかを知ることができてよかったです。英和での学びを大切にしていきたいと思いました。大学入試改革の様子をまた機会があれば、教えていただきたいと思います。ありがとうございました。

・4年後を見据えての現在やるべきこと、目指すべきことなどを説明していただき、大変わかり易く、どういったことを家庭でもサポートできるか深く考えることができました。子どもと相談し、本日の内容を振り返り、考えてみたいと思います。大学の求める学生像や求められるキャリア・経験などもとても参考になりました。

・大学についての話の中で、私たち親世代の大学の教育と入試は、子ども達の世代では違うことがわかりました。入試制度が変わる中でどのように大学を選び、入試に向けて準備をするかをよく調べていかないといけないと思いました。学校の先生方のご指導のもと、よく研究していきたいと思います。

・知識はあくまでも道具で、今の時代、誰でも簡単に手に入れられるようになりました。道具を使う人そのものが重要になると思っています。正しく道具を使えるようにいろいろな経験をして育って欲しいと思っています。英和の学校生活の中で、しっかり学んで欲しいと思っています。

・だだ「大学入試の制度が変わる」、のではなく、なぜ変わるのか、どのように変わるのかがよくわかりました。思っていた以上に大きく変わるということに驚きました。そして、まだ先だと思っていましたが、今から考え方や行動、取り組みを変えていく必要があることもわかりました。中2になって中だるみのようなものを娘から感じていましたが、今日の話を聞いて、今から意識を変えていく必要があると思いました。帰宅して親子で話し合いたいと思います。

・中学2年生にはまだ少し難しいかと思いますが、早い時期から進路について考えるいい機会だと思います。大学受験が変わるということで早くに対応できることは良いことだと思います。

山梨日日新聞 「10代の意見」に掲載されました (11月10日、14日付)

本校生徒が山梨日日新聞 「10代の意見」に掲載されました。(11月10日、14日付)

山梨日日新聞 2018年11月10日付

山梨日日新聞 2018年11月14日付

日本学生科学賞(山梨県大会)にて『教育長賞』を受賞しました

 日本学生科学賞山梨県大会で、本校自然科学部の研究が評価され、第3位にあたる「教育長賞」を受賞しました。
 研究テーマは「富士山梨ケ原の野焼きによる土壌動物の多様性変化」で、本校の自然科学部で継続的に研究されているダニ研究班の一つです。この研究の結果により、野焼きにより土壌生物が全滅することはないということが明らかになったと評価されました。
 当日は読売新聞甲府支局に、中高併せて5校の生徒や教職員が集まり、表彰式が行われました。今回の受賞者を見ると女子生徒が増えたことを感じ、自然科学に興味を示すリケジョの多さを実感しました。
 受賞を受けて、この研究は日本学生科学賞の中央審査に進みます。

 

 

 

 

 

拡大してご覧になる場合は以下をクリックしてください。

読売新聞に掲載されました(2018年11月11日掲載)

毎日新聞(全国紙面)に掲載されました (10月22日付) 

本校中学2年生の生徒が全日本学生音楽コンクール東京大会バイオリン部門で第2位を受賞しました。次の全国大会に向けて練習に励んでいます!(毎日新聞 10月22付)

 

山梨日日新聞 「10代の意見」に掲載されました(10月30日、11月7日付)

本校生徒が山梨日日新聞 「10代の意見」に掲載されました。(10月30日、11月7日付)

山梨日日新聞 2018年10月30日付

 

山梨日日新聞 2018年11月7日付

 

山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞を受賞!

 山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞 高校の部で、数学班の「多面体の研究」が評価され、本校の受賞が決定いたしました。
 児童・生徒の科学する心を育成し、創造性豊かな人材を育む科学技術教育を推進することを目的として、児童・生徒に対して、科学に関する優れた調査・研究活動等を行っている県内の小・中・高等学校等が表彰されるものです。
 本校は2年連続、5回目の受賞となりました。
 数学班の生徒は11月17日の授賞式に参加し、研究内容の発表を行う予定です。

第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)出場権獲得!

11月4日に開催された山梨県高等学校芸術文化祭にて本校生徒の「水環境の指標動物となるミズダニの研究」(生物部門)が芸術文化祭賞(1位)を受賞し、来年度開催される第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)への出場権を獲得しました。

中学2年生がイラクの方からお話を聞きました

中学2年生がイラクからゲストをお迎えし、学年テーマ「隣人」についてより深く考える特別授業「イラクの子どもたちが心を開ける場所を作る」を行いました。

ゲストは、アリー・ジャバリさんです。イラクのキルクーク市で、紛争の影響を受けている子どもたちやその親たち、学校の先生や住民のために、紛争や対立、平和や共生についてワークショップを多く実施している団体「インサーン(アラビア語で「人間」の意味)」を設立した方です。主に「平和のひろば(Peace Yard)」の活動のお話を聞きました。日本国際ボランティアセンター イラク事業担当のガムラ・リファイさん、本校講師の清水俊弘先生が通訳してくれました。

2003年3月、イラク戦争が勃発し、何もかもが大きく変わってしまいました。民族の違いが原因で争いが絶えなくなり、2005年には宗派対立が悪化し、イラク人同士が殺し合うような環境となってしまいました。自分が子どもだった頃のように、自分の子どもたちにも平和で近所の子どもたちが一緒に遊べるようになってほしい、子どもたちを守りたい!というアリーさんの思いが「平和のひろば」のきっかけになりました。キルクーク市内にはクルド人やアラブ人など様々なコミュニティーがあり、「平和のひろば」の活動は、最初のうちは、民族が違えば話をしない、一緒に座らない子どもたちばかりだったそうです。ここにいるのは同じ子どもだよ、どの民族かは重要ではないんだよ、と伝え、一緒に絵を描いたり、手紙を書いたり、握手したり、ハグしたりするうちに、互いにわかり合うようになっていったそうです。

「未来には何が起こるかわからない。」「親や国がやってくれるのを待つより、自分でやる。自分で動く。」というアリーさんの言葉が印象に残りました。講演後、生徒たちは「平和のひろば」の子どもたちに絵やメッセージをかいて、アリーさんにお渡ししました。

 

生徒の感想より

・今回の国際理解教育特別授業での講演を聞いて、一番思ったことは、考えるだけでなく、行動に移すのが大切だ、ということです。私の中では「イラク」と聞くと悪いイメージを持っていましたが、この講演を聞いて、イメージがガラッと変わりました。大きな問題も起こっている中、行動に移し、「平和」のために努力する人々がいることを知り、とてもすごいことだと思いました。

・イラク戦争に限らず、争いは必ず、大切なものを失うのだと再認識しました。幼い子どもたちが学び、育っていくことは当たり前のようでいて、とてもありがたいことだと思いました。戦争によって、罪なき人の未来が閉ざされていくのは平等ではないと思いました。世界中誰もが幸せということはできないのかもしれませんが、少数の幸せが多数の不幸につながることは、少なからず変えていけると思います。20年、30年後の未来を担っていく人たちの一人として、このようなことも見て見ぬふりをしないようにしていきたいです。

 

 

 

 

 

山梨日日新聞2018.11.5付

キリスト教強調月間・全校修養会

キリスト教強調月間・全校修養会に寄せて
校長  三 井 貴 子 

 山梨英和中学校・高等学校では、11月をキリスト教強調月間と位置づけ、特別な月として、毎朝の礼拝も講師を招いて普段よりも充実させ、一日の全校修養会を持っています。それは、本校のキリスト教教育の原点に立ち返り、一人一人がどのように神様そして自分自身と向き合うべきかを考える機会を持つことが重要であると考えているからです。

 今年は講師として,キリスト新聞社社長,同社の季刊「Ministry(ミニストリー)」編集長の松谷信司先生をお迎えします。日本では信者数1%未満のマイナーなキリスト教を,子どもから大人まで幅広い世代に,ゲームや漫画,エッセイなど様々な方法でわかりやすく伝道していらっしゃいます。私も「Ministry」はいつも楽しみにしています。

先生が私たちに示してくださった主題は「進撃の隣人〜楽園(エデン)は何処にある?」、主題聖句は「行って,あなたも同じようにしなさい。(ルカによる福音書10章37節)です。「進撃の〜」という言葉を主題に使うことで,若者の心をつかみ,キリスト教を身近なものとしてとらえられるようにとの先生の想いが伝わってきます。松谷先生の講演を通して,これまで何度も触れてきた聖句「行って,あなたも同じようにしなさい。」が,どのように皆さんの心に響くでしょうか。

松谷先生をはじめとする、このキリスト教強調月間を通しての様々な出会いが、みなさんが自分自身を見つめ直すきっかけとなり、今後の人生の礎となることを心から祈っています。

芸文祭自然科学部門で多くの研究が入賞しました!

 山梨県高等学校芸術文化祭自然科学部門が11月4日に開催され、公立高校12校、私立高校2校が参加しました。本校からは全5部門(生物、化学、物理、地学、ポスター)計10グループがエントリーし、緊張しながらも練習通りの発表ができました。
 審査の結果、4つの研究が入賞し、そのうちミズダニの研究班は生物部門で第1位に値する芸術文化祭賞をとることができました。
 審査員や他校の先生方からは、「英和の研究は科学全分野にわたりバランスが取れている」「課題の発見に努力のあとが見られる」「プレゼンテーション能力が優れている」「先生方の指導が行き届いて科学的な方法が取り入れられている」とのお褒めの言葉をいただきました。

【生徒の感想】
 とても緊張したが充実感があった。
 仲間が入賞してともに喜ぶことができ、楽しい発表会になった。
 他校の研究を見て参考になった。
 自分たちにもできる、という自信が生まれた。

本校の受賞
芸術文化祭賞 (1位)・・・「水環境の指標動物となるミズダニの研究」(生物部門)
教育長奨励賞 (2位)・・・「水飲み鳥を使った発電装置」(物理部門)
理科部会特別賞(3位)・・・「雲形と気候条件による局地的な天気予測」(地学部門)
               「顔のパーツ配置と印象」(ポスター部門)