国際教育,留学生便り

韓国より 梨花女子高校留学生便り

皆さんこんにちは。 今年、梨花女子高校へ交換留学をしている氏原陽菜です。韓国に来て早くも一ヶ月が経ちました。梨花女子高校での生活は毎日楽しく、とても充実した日々を送っています。最初は言葉が通じず、コミュニケーションをうまくとることが出来ませんでした。しかし最近では少しずつですが、友達や先生方と韓国語でコミュニケーションがとれてきたように思います。この一ヶ月間、私は沢山の人の優しさに触れました。一人じゃないよ、私が傍にいるよ。そう書いた手紙をくれる友達、私にはたくさん迷惑をかけてねと言って下さる先生。毎日、毎日周りの人の優しさ、温かさにすごく助けられています。

先日、母がソウルに来て先生方と一緒に食事をする機会がありました。最初は緊張してしまうかなと思ったのですが、実際は笑いが絶えない時間でした。そんな先生方が口を揃えて、「私たちが娘さんをきちんと守りますから、心配しないで下さい」と母に言ってくれました。母は私の周りにいてくれる人たちが優しい人達ばかりで本当に良かったと言って帰って行きました。

留学は私が思っていた以上に言葉の壁、コミュニケーションの壁があり、辛いこともたくさんあります。でも、日本にいると気づけないことにもたくさん気づくことが出来ます。韓国と日本の文化的な違いや、それぞれの良さ、また、今までの自分の価値観も見直すことができました。今まで私は人にどう思われるか、ということを気にして生きてきました。しかし韓国に来て、人にどう思われるかを気にして生きるより自分自身がどう生きるか、その方が大切だということに気づきました。このことに気付けたのも留学したからだと思います。

日本は過去に韓国に対して残虐な行為し、たくさんの方々を傷つけてきたのに、どうして自分に友好的に接してくださるのかと、日本に留学経験のある先生に率直に聞いてみました。すると先生は、「確かに過去にはそんなこともあったし、学校の授業でもたくさん習ったよ。でも、私は日本に行って日本の人の優しさに沢山触れたし、私自身韓国人だからと言って日本の人に嫌な態度を取られたことは一度もない。だから私は日本が大好き。過去に執着して日本と良い関係をもとうとしないのは違うと思うよ。」と話してくれました。実際には日本のことを快く思っていない人もいると思いまが、こんな風に思ってくれている人がいることに気づけたことは私にとって日韓関係を見直す、良い一歩になったと思います。

韓国にいる間、ここでしかできないことを沢山経験して、日本に帰国できたらなと思っています。

Mentoneより ターム留学生便り1

こんにちは、田村 彩です。

 2ヶ月間のオーストラリアでのターム留学を終えて3月30日に無事に帰国しました。この留学を振り返りまず思い出すのは、現地に着いて初めてホストファミリーに会った時の会話のスピードが速く、ほとんどと言っていいほど聞き取れなかった事です。私は何度も、”Sorry, I couldn’t catch that. Can you say that again, please?”と理解できるまで聞き直しました。私はこの会話の速さに2ヶ月で慣れるのかと不安な気持ちでいっぱいになりました。

 学校でも同様で、現地の生徒と一緒に授業を受けましたが、最初は先生の英語から単語を聞き取るだけで精一杯でした。その時は聞き取れた単語から意味を理解したり、バディーさんに分かりやすく説明をしてもらいました。しかし、2、3週間もすると耳も慣れてきて授業内容もホストファミリーの会話も聞き取れるようになってきました。

授業では友達とグループワークをしたり個人でポスターを作ったり、数学や理科、地理のテストも受けました。留学生であっても全く同じように授業やテストを受ける事はとても大変でした。日本語の授業では友達が沢山質問をしてくれて嬉しかった一方で、助詞の使い分けを英語で説明したり、簡単な言葉でも英語に訳すとなかなか説明をするのが難しかったです。その時私は、英語の勉強と同様に国語の勉強もとても重要だと実感しました。

 オーストラリアに来る前、私は家族やガイドの方に「オーストラリアはYes/Noが特にはっきりした国だから、自分の意思をしっかり伝える事が大切だ」と言われていました。私は合計5軒のホストファミリーにお世話になりましたが、それぞれに違った生活習慣があったため、最初は緊張して慣れるまで大変でした。その家庭の習慣を受け入れながらも自分が何をしたいのか、何を食べたいのか、どこへ行きたいのかを言葉で伝える事で家族とのコミュニケーションがとれるようになりました。休日は有名な観光地に行ったり、家で映画を観たりパーティーやバーベキューをしたりして家族と楽しい時間を過ごすことが出来ました。

また、ホストシスターと一緒にクリケットやインドアホッケーを初めて体験し、Australian Football League(AFL)の試合を競技場で観戦し、今まで知らなかったオーストラリアのスポーツにも沢山触れる事が出来ました。

 この2ヶ月間、有意義な時間を過ごす事ができ、貴重な体験とたくさんの思い出が出来ました。最後に今回の留学の準備をしてくださった両校の先生方、私を送り出し見守っていてくれた両親、私を受け入れてくれたメントンの友達、そしてホストファミリーに心から感謝しています。

 

 

Mentoneより ターム留学生便り2

こんにちは。中田鈴香です。2ヶ月間のオーストラリア留学もあっという間に終わり、無事3月30日に帰国しました。

最初は日本の学校とは違う海外の学校生活に戸惑っていましたが、1ヶ月くらい経つとだいぶ慣れることができました。しかし、新たな問題に直面しました。それは友達や先生に話しかけることができない自分がいたということです。私の英語がちゃんと伝わるのか不安だったため、どんどん自分に自信がなくなってしまい話しかけることが怖くなっていました。せっかく留学に来ているのに英語を積極的に使うことができていない自分に、もどかしさを覚えました。

そんな自信のない数日を過ごしていたある日、友達との会話で私の趣味の話になり、”I’ve been dancing since I was little “と伝えると、”Can you show me?” と言われたので披露することになりました。。大勢の人の中で踊るのは少し緊張しましたが、踊り終えると今までに聞いたことのないくらい大きな歓声で喜んでくれました。

この後からいろんな人が話しかけてくれるようになり、徐々に私も積極的に輪の中に入って話せるようになり、自分からどんどん話しかけることができるようになりました。友達にダンスを教え、音楽に合わせてみんなと踊った楽しい時間は今ではかけがえのない宝物です。ダンスのおかげで自信が持てただけでなく、英語や友達と会話する楽しさを学ぶことができました。

ホームステイでは、学校で英会話を上達することができたため、ホストファミリーと今までよりも深く話をすることができました。ある日ホストマザーから、今までに経験したことや夢について聞く機会がありました。その話は私に大きな影響を与えてくれ、今まであやふやだった自分の将来について明確にすることができました。また、彼女のおかげで自分自身の視野を広げることができた気がします。

2ヶ月間という短い留学期間でしたが、それ以上に多くのことを学べました。英語はもちろん、教科書では学ぶことのできない日常英語、何事にも感謝する心、そして自分自身についてもよく知ることができたと思います。

このような貴重な体験をさせてくれた英和とMentone、そして私を支えてくれた全ての方々に感謝しています。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

JICAマレーシア研修 3日目(2017/3/27)

マレーシア研修3日目です。

今日は、青年海外協力隊が環境教育活動を行っている、現地の小学校訪問をしました。

伝統楽器(PACIK)による演奏でのお出迎えから始まり、伝統武道を披露して下さったり、お土産や軽食を用意して下さったりとあたたかく歓待して下さいました。

生徒たちが一生懸命練習したソーラン節や歌は、現地の小学生も大変喜んでくれました。

午後には、クアラルンプールをあとにして、コタキナバルへと出発し、予定通り無事到着しました。

だんだんと疲れが溜まってきていると思いますが、みんな元気で多くのことを吸収しています。

JICAマレーシア研修 2日目(2018/3/26)

マレーシア研修2日目、昨日の長旅の疲れは感じられないほど、元気いっぱいの様子です。

今日は、JICAクアラルンプール事務所の公式訪問で始まりました。

JICAの職員として働いていらっしゃる方、ボランティアのコーディネーターの方、実際にマレーシアで活動された方にそれぞれの立場からお話していただきました。

高層ビル群の建ち並ぶクアラルンプール市内をバスで移動しながら、2020年には先進国入りを目指すマレーシアの勢いを感じると共に、経済成長によりゴミの量が増え深刻な環境問題になっていることも分かりました。

午後からは王宮、モスク、独立広場などを観光しました。

肌を見せないように、盛夏服の上に紫色の羽織ものを身につけモスクの中に入りました。

時折雨が降りますが、蒸し暑さを除けば天候に恵まれています。

JICAマレーシア研修 1日目(2018/3/25)

マレーシア研修1日目、クアラルンプールに向けて出発しました。
日本との時差は1時間です。
今日は移動の1日でしたので、わりと楽な日程でした。
予定通りクアラルンプール国際空港に到着しましたが、市内で交通渋滞に巻き込まれ、夕食が1時間ほど遅れてしまいました。

保護者の皆様、まだ日の昇らない明け方でしたが、お見送りありがとうございました。

    

Mentoneよりターム留学生便り

こんにちは。

田村 彩です。

オーストラリアに来て2週間が経ちました。季節は夏ですが、毎日25〜30度程の気温で快適に過ごしています。

今回、5家庭がホストファミリーとして私を受け入れて下さいました。それぞれの家庭で食べるもの、生活習慣が違うので沢山の経験が出来る事に感謝しています。オーストラリアの英語は独特な訛りがあり、曜日のサンデーをサンダイと言ったり、言葉を省略して言ったりするので聞き慣れるまで時間がかかりました。

学校は8時35分までに登校して出欠をとって8時45分から授業が始まります。日本の授業は50分ですが、こちらは75分ととても長いです。1時間目、2時間目と授業を受けた後に35分間ブレイクタイムがあるので、おやつを食べます。

11時40分から12時55分まで授業を受けた後にお昼が始まります。クラスの友達と校舎の外で食べたり学校の中にあるベイカフェと言うカフェでおやつを買ったりします。また、お昼は違うクラスの友達も集まって食べるので初めて会う人は“こんにちは”と日本語で挨拶をしてくれたり、覚えたばかりの日本語を使って自己紹介をしてくれたりします。さらに、“これは日本語で何て言うの?”と聞いてくれたり、オーストラリアで人気の食べ物や場所をたくさん教えてくれます。日本に行ったことがある子も多く、その時の話をたくさんしてくれます。毎日楽しくお昼を食べています。

お昼の後は毎日ホームルームの時間があり、クラスで集まったり学年で集まったりします。最後に4時間目の授業があり3時35分に学校が終わります。授業は日本で受けている科目と同じですが、国語の授業は日本人の先生のサポートとして日本語を教えています。英語で理科や社会の授業を受けるのはとても大変です。先生の話すスピードが速く、聞き取れない時がありますが、辞書を使って単語を調べたり友達がアプリを使って日本語に翻訳してくれるお陰でみんなと一緒に授業を受けることが出来ています。

日本は先生が黒板に書いた物をノートに写す授業ですが、こちらの授業は先生が問いかけをすると多くの生徒が手を上げて積極的に自分の意見を言ったり質問をしたりします。生徒が積極的に授業に参加している様子がとても印象的で、日本と違うところだなと感じています。

慣れない環境ではありますが、ホストファミリーやクラスバディー、また多くの友達、先生方に助けてもらいながら楽しく学校生活を送っています。残りの留学期間を充実させるために、さらに多くの事を吸収したいと思います。

 

こんにちは
中田鈴香です。
オーストラリアに来てから2週間が経ちました。まだまだ慣れないことばかりですが、ホストファミリーやクラスメイト、先生方に助けてもらいながら充実した日々を送っています。

こちらは1月31日まで夏休みでした。中でも一番印象に残っているのは、ホストファミリーと動物園に行ったことです。初めて生で見たコアラは本当に可愛かったです。また、オーストラリアにしか生息していない動物も見ることができ、貴重な体験することができました。
先日は学校のお昼ごはん用に、ホストファミリーと一緒に海苔巻きを作りました。日本の文化を通して、ホストファミリーとの仲をさらに深めることができただけでなく、日本文化を伝えることが出来たことがとても嬉しかったです。みんな「美味しい!」「また作って!」と喜んでくれました。
学校が始まって約1週間が経ちました。しかし日本の学校とは異なるところが沢山あるので、戸惑ってしまうことがまだあります。中でも一番衝撃的だったのは、お菓子タイムがあることです。2時間目が終わると家から持って来たお菓子やフルーツを学校の庭で食べます。輪になってお話をしながら食べるお菓子タイムは私の好きな時間です。またお腹が鳴ってしまう心配がないので、集中して授業を受けることができます。
授業はバディと全て同じ授業を行なっています。授業で分からない単語があったら、辞書で調べたりバディに聞いています。わからなかった単語はノート書き留めて、寝る前など時間があったら見返すようにしています。
また少しずつですが、最近はバディやクラスメイトとコミュニケーションがとれるようになってきました。言いたいことが伝わり、会話で盛り上がったときは「なんて英語って楽しいんだ!もっと話したいな!」と思いました。最近はみんな、会話での表現をたくさん教えてくれます。この間は、”G’day mate! How ya’going?” 「やあ!調子はどう?」と言うオーストラリア特有の挨拶を教えてもらいました。この表現を使うとみんな、とても喜んで返事を返してくれます。
言葉やフレーズだけでなく、オーストラリアの習慣など、毎日新たな発見があり、とても楽しいです。また、まだまだ知らないことが沢山あるなあ、もっとしりたいなあ、と日々刺激を受けています。
このように留学する機会を与えてくれた事、本当に感謝しています。感謝の気持ちを忘れずに毎日を過ごしたいと思います。また他国で英語を学べることを楽しみながら、実りある留学になるよう頑張りたいです。

 

梨花女子高校より留学生便り

こんにちは。梨花女子高校に交換留学をしていた、足立愛結です。

4月から始まった韓国での留学生活も12月に終わり、無事に日本に帰国しました。

私は韓国語がまったくできない状態で韓国に行ったので、始めの頃は英語でのみ会話をしている状態でした。韓国に留学をしているのに英語でしか会話ができず、もどかしい気持ちでいっぱいになりました。話したい言葉を英語で話して友達に韓国語に訳して教えてもらったり、小さい子供のように「これは韓国語で何というの?」と聞き続けました。恥ずかしさは捨てて、できるだけたくさんの人たちと積極的にコミュニケーションをとることにより、日常会話が少しづつできるようになっていきました。そうすることで、これまで以上に話しかけてくれる友達が増えたり、学校生活ももっと楽しくなっていきました。

韓国は学歴社会のために、たくさん勉強をします。私が通っていた学校では、一日7時間の授業をし、夕食後は11時頃まで「夜間自律学習(ヤジャ)」をしていました。この時間は自分のしたい勉強をします。ヤジャに加えて塾に通ったり、読書室に通い夜遅くまで勉強している人もいました。友達の勉強への熱意と集中力は私も見習っていきたいと思います。

今現在、韓国と日本の間には問題があります。実際に韓国に行く前にも、不安に思うことがありました。しかし私の友達は、「友達になった人の国籍がたまたま日本人であっただけで、そのことと社会的、歴史的問題は私にとっては関係ない。」と言ってくれました。その言葉を聞き、私は改めて、人と人とのコミュニケーションには国籍や人種などは関係なく、自分自身がどう考え、行動するのかが大切なのだと気付かされました。

10ヵ月間を通して、私は大きく成長することができたと思います。言語を学ぶということは、ただ言語のみにとどまらず、自分の視野を広げるということつながっていくのだと思います。新たな言語を学ぶことによって新たな友達や文化、これまでとは違う考え方に出会うことができました。

私が韓国で学んできたことや、経験してきたことを周りの人に発信することで、日本と韓国の友好関係が少しでも深まる手助けになっていければと思います。

私は韓国をあまり知らずに留学しましたが、学校生活やホストファミリーなどの方々との関わりを通して、韓国のことが大好きになりました。私が韓国で学んできたことや、経験してきたことを周りの人に発信することで、日本と韓国の友好関係が少しでも深まる手助けになっていければと思います。

このような貴重な経験をさせて頂いた山梨英和と梨花女子高校に感謝しています。

第28回グリンバンク杯 山梨県中学生英語コンテストのお知らせ

第28回グリンバンク杯山梨県中学生英語コンテストのページにお越し頂き
ありがとうございます。

このコンテストは「英語のコミュニケーション能力」を競うとてもユニークなコンテストです。大会は今年度から2部構成で展開されます。

第1部:1分間スピーチ
第2部:個別インタビュー

となっています。インタビューはネイティブスピーカーの先生が質問をします。このコンテスト専用のテキストとCDがあるので、 事前に十分に準備が出来るようになっています。

英語でコミュニー ケーションをとるのが大好きな中学生のみなさん、英語上達のチャンスをつかみたい中学生のみなさんの積極的な参加をお待ちしています。

参加のお申込は中学校の先生方を通しての受付となります。実施要項やテキスト、CDは山梨県内の中学校、長野県の一部中学校にすでにお送りしてありますが、必要な場合はご連絡下さい。お送り致します。

第28回グリンバンク杯山梨県中学生英語コンテスト実行委員会

 

各用紙はこちらからダウンロードできます。

■ 2017年度 実施要項

■ 参加申込書

■ 1分間スピーチ原稿用紙

 

 

宣教師ミス・エビソンの姪御さんが来校されました

かつて本校で宣教師として1953年から1956年までお働きくださり昨年カナダで天に召されたミス・エビソンの姪御さん、ナンシー・ブラックさんが来校されました。ブラックさんはカナダのモンクトン大学で人間工学の教授をしておられます。 
エビソン先生が歩かれたキャンパスやチャペルをご自分の目でご覧になり、旧職員の先生方や卒業生とともに、思い出を分かち合うひと時を持ちました。 

On August 24th, we welcomed our wonderful guest from Canada, Ms. Nancy Black. She is the niece of the late missionary, Ms. Margaret Avison, who worked at Yamanashi Eiwa from 1953 to 1956. Ms. Black enjoyed touring the same buildings where her beloved aunt used to work and she was able to cherish the company of the Yamanashi Eiwa alumni. Ms. Black is currently an ergonomics professor at Moncton University in Canada.