ICT教育,ブログ,ユネスコスクール,中学1年,中学2年,英語教育

中学1年生、2年生、メントンとスカイプで交流

中学2年生は5月16日、中学1年生は6月2日と8日に、オーストラリアの姉妹校メントン・ガールズ・グラマー・スクールで日本語を学習中の生徒たちとSkypeを使って交流しました。

オーストラリアでは日本語学習はとても人気があり、小学校5年生のクラスの生徒たちは、大好きなピカチューのぬいぐるみや、今流行っているハンドスピナーを紹介してくれました。共通の話題も出て、中学2年生と楽しく交流できました。

同級生の中学1年生と交流した生徒たちは、自己紹介(英和生は英語で、メントン生は日本語で)にお互い拍手を送っていました。学習中の外国語を使う機会があると、モチベーションもアップしますね。2学年上のお姉さんたちと交流した中学1年生は、最近買ったものを日本語で説明し、メントン生がリスニング力をチェックしていました。物の名前、数量、買った場所、値段など、簡単に思えることも外国語で理解するのは難しいと思いますが、ゆっくりはっきり伝えられたので聞き取ってもらえました。突然の英語の質問にも答えたり、英和生のリスニング力も上昇中です!

水泳部 中学1年 長田友唯さん シンガポールグループエージ選手権 優勝

シンガポール遠征の日本代表選手が出場する、シンガポール・エージグループ選手権が、現地OCBCアクアティックセンターにおいて、3月14日から19日の6日間で行われました。
本校水泳部所属 中学1年 長田友唯 さんは、女子1500m自由形で優勝し、出場した6種目中5種目で入賞する等、日本代表選手団最年少ながら見事な大活躍でした。
この結果、友唯さんは金メダル1,銀メダル2,銅メダル2の計5個のメダルを獲得し、今回の日本代表選手団の中で最多獲得数です。
日本代表、海外遠征、大会会場、チームメイト、全てが友唯さんにとって初めて尽くしのシンガポール遠征でしたが、大きな成果と経験を得ることができました。
みなさまの応援のおかげです。ありがとうございました。

14日(1日目)
女子400m自由形 13-14歳
予選 4分32秒21 全体2位 → 決勝進出
決勝 4分31秒27 2位入賞

15日(2日目)
女子1500m自由形 13-14歳
タイム決勝 17分43秒06 優勝
この記録は山梨県中学新記録および自己ベスト

16日(3日目)
女子4×200mフリーリレー 13歳以上
タイム決勝 8分32秒81 3位入賞
第3泳者として出場

17日(4日目)
女子200m自由形13-14歳
予選 2分11秒37 全体3位 → 決勝進出
決勝 2分10秒00 3位入賞

18日(5日目)
女子800m自由形 13-14歳
タイム決勝 9分21秒39 2位入賞

19日(6日目)
女子50m自由形 13-14歳
予選 28秒66 全体6位 → 決勝進出
決勝 28秒56 6位
予選、決勝の記録とも自己ベスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下から今回の友唯さんの快挙を取り上げて下さっている記事等をご覧いただけます。 

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

ブルーアース・優勝報告HP

甲府スポーツビューロ


 


水泳部 中学1年 長田友唯 さん 山梨県庁へ表敬訪問

シンガポールグループエージ選手権 日本代表に選出されている、水泳部 中学1年 長田友唯 さんが、3月3日(金)、山梨県教育委員会 守屋教育長を表敬訪問しました。
3月11日(土)に出発する同大会遠征へ向け、あたたかいお言葉をいただきました。

山梨日日新聞に 中学1年 長田友唯さんの記事が掲載されました

2017年2月24日 山梨日日新聞 18面

水泳部 長田友唯 さんを、YBS山梨放送、山梨日日新聞 が取材して下さいました

水泳部に所属する中学1年生 長田 友唯 さんを、YBS山梨放送と山梨日日新聞が取材に来て下さいました。
日本代表として参戦する、3月14日~19日開催 シンガポールエージグループ選手権大会へのインタビューに加えて、1年2組での授業や昼休みの様子も取材していただきました。

YBS山梨放送の取材内容は、2月19日(日)17:00-17:20放送の山梨スピリッツ内で放送される予定です。
山梨日日新聞の取材内容は、2月下旬に山梨日日新聞の誌面へ掲載される予定です。

世界一大きな授業2016

5月28日、今年も山梨英和中学校全体で「世界一大きな授業」に参加しました。最初に、JICA山梨デスクからオードラン萌先生を講師にお招きし、青年海外協力隊員としてのお仕事や世界の教育事情について話しをうかがいました。
その後、DVD「世界の果ての通学路」を全校で観て、何時間も困難な道を通学する世界の子どもたちがいることを知りました。
「可能性を広げ選択肢を増やすために学ぶのです」というオードラン先生の言葉や、「勉強して賢くなって人生を切り開きなさい」という映画の中の言葉に、生徒たちは学ぶ意義をあらためて考えました。

【中学1年生スキー教室】

2月8日~10日まで白樺高原国際スキー場で中学1年生のスキー教室が行われました。

スキー教室実行委員が考えた目標、「仲間と協力し、安全なスキー教室にしよう」を掲げて過ごした2泊3日の行事でしたが、天候にも恵まれ、大変充実したものとなりました。

スキー面では、レベル別の班に分かれ、あきらめずに熱心に練習に取り組み、技術を向上させることができました。3クラス混合での班構成だったのでクラスを越えて新しい友人もたくさんできました。生活面では礼拝や食事、練習前の集合など、目標の“5分前行動”を守って行動できたので、スムーズに日程を消化することができました。また、就寝時間や挨拶など生活マナーもよく守り、お互いに気持ちよく行動することができました。大きな怪我や病気もなく、落ち着いた生活を送ることができたのも、生徒が主体的に行動した結果だと思います。

3日間を通して、スキーの技術だけでなく、集団で生活していく上で大切なルールや人として身につけておきたいマナーを習得することができ、普段の学校生活だけでは得ることができない貴重な体験をすることができました。参加した生徒全員が全力で取り組んだ貴重な3日間となりました。

 

中学1年生がiPadでイラストを作成しました

  

   

中学1年生が美術の授業で、学校行事などを題材としたオリジナルイラストをiPadで作成しました。使用したのは無料アプリ(CamScannerとPicsArt)です。

生徒たちは、今までの学校行事を思い出したり、これから行われるスキー教室に期待しながら、まず、それぞれ思い思いのイラストを描きました。
手描きイラストをiPadに読み込み、その後カラフルなイラストに仕上げました。アプリで多様な技法を取り入れたり、英語で行事名を入れるなど工夫しながら作成できました。完成したイラストのデータは、学年通信など学校のお知らせに使用できるようにする予定です。今回は学校のiPadを利用しましたが、4月から個人所有のiPadを使い始める中学1年生の生徒たちは大きな一歩を踏み出しています。


山梨日日新聞『ぶん・くら』2015年 2月16日付掲載

 

オーストラリアの姉妹校にクリスマスカードを送ります

もうすぐクリスマスです。中学1年生のPresentation(プレゼンテーション)の授業で、オーストラリアの姉妹校の生徒たちにクリスマスカードを作りました。

オーストラリアのクリスマスは真夏です。ホワイトクリスマスをイメージしたカードを作った生徒もいました。みんなの気持ちが届くといいですね。

 

オーストラリアの姉妹校の生徒たちをお迎えしています

9月15日~20日まで、オーストラリアの姉妹校 Mentone Girls’ Grammar School(メントン・ガールズ・グラマー・スクール)より10名の生徒と2名の先生方をお迎えしています。

英和生も2年に一度のメントンの生徒たちの訪問をとても楽しみにしていました。

初日の15日は、到着後、高校3年生の食品調理の授業に参加し、郷土料理おざら作りに挑戦しました。英語や日本語で会話を交わしながら、ほうとうの麺をのばしたり、切ったり、ゆでたり。できあがってから一緒においしくいただきました。

午後は中学1年生の英語の授業に参加しました。習ったばかりの英文でたくさん質問をした中学1年生に、メントンの生徒たちは優しく答えてくれました。好きなディズニーキャラクターやアーティストが同じだったり、ラーメンや餃子が人気があることもわかりました。

また、歓迎礼拝と歓迎会もチャペルで行いました。姉妹校同士の交流が今後も続いていいくように願っています。