国際教育,国際理解・平和教育

イーファ女子高校訪問団来校

7月19日(水)~21日(金)の間、韓国の姉妹校であるイーファ女子高校の生徒24名と引率の先生方4名が、来校されました。
19日は16:00到着後、歓迎礼拝を守りました。まず、本校の校長先生、イーファの教頭先生からのメッセージを頂きました。
その後、本校の2015年度と2016年度英和留学生2名から、2017年度イーファ留学生から、イーファの生徒2名から、それぞれ挨拶がありました。
20日は、生徒会選挙を少し見学していただいた後、甲府城の見学、午後からはホストファミリーと過ごしていただきました。
21日は、終業式でイーファの教頭先生や他3人の先生方、代表生徒の挨拶を頂き、10時過ぎにお別れとなりました。
教師も生徒も共によき交流の機会となりました。皆さまのご協力に心より感謝致します。

 

英和校舎の前でホストの生徒と先生たちと記念写真

ホストの生徒が手作りカードでお出迎え

ようこそ、山梨英和へ

歓迎礼拝

梨花の生徒からの挨拶

礼拝後の交流会はガールズトークで弾んでました

中学1年生、2年生、メントンとスカイプで交流

中学2年生は5月16日、中学1年生は6月2日と8日に、オーストラリアの姉妹校メントン・ガールズ・グラマー・スクールで日本語を学習中の生徒たちとSkypeを使って交流しました。

オーストラリアでは日本語学習はとても人気があり、小学校5年生のクラスの生徒たちは、大好きなピカチューのぬいぐるみや、今流行っているハンドスピナーを紹介してくれました。共通の話題も出て、中学2年生と楽しく交流できました。

同級生の中学1年生と交流した生徒たちは、自己紹介(英和生は英語で、メントン生は日本語で)にお互い拍手を送っていました。学習中の外国語を使う機会があると、モチベーションもアップしますね。2学年上のお姉さんたちと交流した中学1年生は、最近買ったものを日本語で説明し、メントン生がリスニング力をチェックしていました。物の名前、数量、買った場所、値段など、簡単に思えることも外国語で理解するのは難しいと思いますが、ゆっくりはっきり伝えられたので聞き取ってもらえました。突然の英語の質問にも答えたり、英和生のリスニング力も上昇中です!

第1回SSH特別講演会を実施しました

 5月19日(金)、今年度最初のSSH特別講演会を実施しました。都留文科大学より高田研先生を講師にお招きし、「『森の見方/味方』持続可能な社会を考える―岩手県葛巻町上外川地区の生活誌から」と題してお話を伺いました。大学で実施しているフィールドワークから、環境負荷の少ない農業や生活について教えていただき、そのような暮らし方があることに驚きました。「懐かしい未来」をキーワードに、持続可能な明日を創るためには過去に学ぶことも必要だというメッセージをいただきました。都留文科大学に興味を持った生徒たちも多く、オープンキャンパスに行ってみたい、という感想が目立ちました。

Kids’ISO14000 For Schoolの国際認定を受けました

2016年度に2つのチームがKids’ISO14000 For Schoolに挑戦し、国際認定を受けました。環境委員会チーム「エレクトリックチャレンジ」は校内の節電に取り組み、高校1年生13名からなるチーム「AQUA13」は節水に取り組みました。どちらも使用量の削減だけでなく、意識改革の大切さに気づくことができました。

ディベート世界交流大会に参加しました

 第2回高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会に高校2年生2名と高校1年生1名が参加しました。 山梨英和は日本代表8校に選抜され、世界9カ国のトップ校から招かれた高校生たちとディベートを通して交流しました。

 今年のテーマは「平和使節」。ディベートを通じて未来を拓く重要な問題と向き合い、世界中から集まった生徒たちがひとつになりました。隔ての壁は壊され、友情が生まれました。友情は、理解を深め、平和を作り出します。人生が変わる経験を得て、文化や宗教や人種や思想が違うものどうしをつなげる力が身につきました。生徒たちはコミュニケーションを続ける中で互いに学び合い、教室ではできない勉強をしました。ディベートを重ねるごとに、発表すること表現することをますます深く理解し、1人の生徒は「最も成長したスピーカー」として表彰されました。生徒たちは変容し、自信をつけ、将来は「平和の使節」として活躍できるでしょう。

山梨新報 3月10日付

Mac Fanに紹介されました

山梨英和中学校・高等学校では,Swift Playgroundsを使ったプログラミング教育を導入しています。その様子が、雑誌「Mac Fan」に紹介されました。
 「山梨英和では、『Swift Playgrounds』のプログラミングを英語の授業に使う」として、「Mac Fan」4月号は本校の取組を紹介しています。山梨英和から、”Think different.”なイノベーターが育ってほしいです。

クリックするとPDFファイルが開きます。

Google Books でMac Fanのページへ

天津市より訪問団をお迎えしました

1月16日、天津市の中学生・高校生34名、先生方5名をお迎えして交流の時を持ちました。山梨英和中学校2年生との合同授業では、生徒たちが準備した英語ご当地クイズを楽しみました。中国からのお客さまに山梨や甲府のことを伝えることができました。
コミュニケーションツールとしての英語の大切さを体感するとともに、違う国で育った同世代のひととの出会いを喜び、とてもよい時間を分かち合うことができました。
機会を与えてくださった笛吹市教育委員会の皆様と、通訳をしてくださった山梨英和大学の学生さんたちに感謝します。

英語でプログラミング Programming in English!

12月5日~11日のコンピューターサイエンス教育週間に合わせて、中学2年生が「英語でプログラミング」授業を行いました。

12月8日(木)は “アンプラグド” からスタート。一旦 iPad は片付けて、制服の着方を細かい動作に分けてみました。「スカートをはく」動作も、下からはくのか上からかぶるのか人によって異なるようです。はいたスカートの向きも正しくないとポケットの位置がおかしなことになってしまいます。「制服を着る」といういつもやっている動作ですが、実はたくさんのステップを正しい順番で行うことで適切に着ることができると実感しました。何も知らない相手に何かを伝える時には、相手の立場に立って「何を」「どのように」「どの順番で」伝えるかよく考える必要があります。

日常生活の動作をプログラミングの一部に見立てた後は、 iPad を取り出してアプリ Swift Playgrounds (スウィフト プレイグラウンズ) に挑戦しました。

3Dキャラクターが iPad 上のパズルを解きながら宝石(ジェム)を集めていきます。どうすると効率のよい順番ですべてのジェムを集められるか考えながら取り組みました。キャラクターを動かす時に、コマンドを使います。コマンドとはコンピューターへの命令のことです。中学1年生で習った命令文を思い出しながら、moveForward( )「前に進む」、collectGem( )「ジェムを集める」、turnLeft( )「左に曲がる」、toggleSwitch( )「スイッチを開ける・閉じる」などのコマンドを実際に使ってキャラクターを動かしました。

12月9日(金)は、学年全員がチャペルに集合し、自分のペースで Swift Playgrounds を進めていきました。今回は、コンピューターサイエンス教育週間に合わせて短時間で基礎を学べる「Hour of Code (アワーオブコード)」に取り組みました。最後のレベルまで終わらせて修了証をもらえた人もいます。よくがんばりました!

Everyone tried very hard.  Keep improving programming skills!

 

第6回 語学部主催詩編暗唱コンテストが行われました

第6回 語学部主催 詩編暗唱コンテストが12月10日(土)にチャペルで行われました。

国際社会に必要な多文化主義的価値観を育成し、卒業後も聖書の言葉を心の糧とする素地を作ることを目的に6年前に始まったこのコンテストに、今年は18名の英和生が参加しました。詩編15編1~5節を、英語、フランス語、ドイツ語、ハングルのいずれかで暗唱しました。中学1年生から高校2年生までの参加者の中には、文法もわからない未知の言語にチャレンジし暗記して発表できた人も多く、審査員の先生方も驚いていました。

今回の審査には、本校で第二外国語を教えてくださっている講師の先生方、ドイツと韓国からの留学生も加わり行われました。
来年はまた別の言語にも挑戦してほしいです。

英語部門第1位 R.K(中3)

フランス語部門第1位 N.W(中2)

ドイツ語部門第1位 Y.T(中2)

ハングル部門第1位 M.I(中3)

第27回山梨県中学校英語暗唱大会 第3位獲得

第27回山梨県中学校英語暗唱大会が11月15日に市川三郷町歌舞伎文化公園多目的ホールで行われました。

本校中学2年生が見事第3位を獲得しました。英語力、表現力ともにレベルの高い出場者たちの発表に、審査員の先生方も驚いていらっしゃいました。今後もさらにレベルアップを目指し、英語を鍛えていってほしいです。