ユネスコスクール,中学2年,国際理解・平和教育

中学2年生がイラクの方からお話を聞きました

中学2年生がイラクからゲストをお迎えし、学年テーマ「隣人」についてより深く考える特別授業「イラクの子どもたちが心を開ける場所を作る」を行いました。

ゲストは、アリー・ジャバリさんです。イラクのキルクーク市で、紛争の影響を受けている子どもたちやその親たち、学校の先生や住民のために、紛争や対立、平和や共生についてワークショップを多く実施している団体「インサーン(アラビア語で「人間」の意味)」を設立した方です。主に「平和のひろば(Peace Yard)」の活動のお話を聞きました。日本国際ボランティアセンター イラク事業担当のガムラ・リファイさん、本校講師の清水俊弘先生が通訳してくれました。

2003年3月、イラク戦争が勃発し、何もかもが大きく変わってしまいました。民族の違いが原因で争いが絶えなくなり、2005年には宗派対立が悪化し、イラク人同士が殺し合うような環境となってしまいました。自分が子どもだった頃のように、自分の子どもたちにも平和で近所の子どもたちが一緒に遊べるようになってほしい、子どもたちを守りたい!というアリーさんの思いが「平和のひろば」のきっかけになりました。キルクーク市内にはクルド人やアラブ人など様々なコミュニティーがあり、「平和のひろば」の活動は、最初のうちは、民族が違えば話をしない、一緒に座らない子どもたちばかりだったそうです。ここにいるのは同じ子どもだよ、どの民族かは重要ではないんだよ、と伝え、一緒に絵を描いたり、手紙を書いたり、握手したり、ハグしたりするうちに、互いにわかり合うようになっていったそうです。

「未来には何が起こるかわからない。」「親や国がやってくれるのを待つより、自分でやる。自分で動く。」というアリーさんの言葉が印象に残りました。講演後、生徒たちは「平和のひろば」の子どもたちに絵やメッセージをかいて、アリーさんにお渡ししました。

 

生徒の感想より

・今回の国際理解教育特別授業での講演を聞いて、一番思ったことは、考えるだけでなく、行動に移すのが大切だ、ということです。私の中では「イラク」と聞くと悪いイメージを持っていましたが、この講演を聞いて、イメージがガラッと変わりました。大きな問題も起こっている中、行動に移し、「平和」のために努力する人々がいることを知り、とてもすごいことだと思いました。

・イラク戦争に限らず、争いは必ず、大切なものを失うのだと再認識しました。幼い子どもたちが学び、育っていくことは当たり前のようでいて、とてもありがたいことだと思いました。戦争によって、罪なき人の未来が閉ざされていくのは平等ではないと思いました。世界中誰もが幸せということはできないのかもしれませんが、少数の幸せが多数の不幸につながることは、少なからず変えていけると思います。20年、30年後の未来を担っていく人たちの一人として、このようなことも見て見ぬふりをしないようにしていきたいです。

 

 

 

 

 

山梨日日新聞2018.11.5付

ドイツ博物館とBMW

 最終日は、二つの博物館を回ります。

 午前中はドイツ博物館で学習をしました。2グループに分かれて英語で説明を受けます。エネルギー転換の特設展では、政治家になったつもりでよりよいエネルギーは何かを考えました。薬学分野では、創薬に関する展示を見ながら、自分自身のライフプランやドラッグの危険性について自分で考えることの大切さを学びました。

 

 

 

 BMWワールドでは、ユーススペシャルツアーに参加し、最新の電気自動車について学んだり、BMWの歴史について学びました。

 

 

 

 

 

 皆様のお支えにより無事に旅行を終了することができました。ありがとうございました。

ミュンヘンへ

 お世話になったホストファミリーと涙で再会を誓い、姉妹校の生徒のみなさんに見送られ、アウクスブルクを出発しました。姉妹校の先生方、生徒のみなさんのおかげで、特別な研修ができることを心から感謝します。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 ミュンヘンではイザール川の自然復元について学習しました。環境ジャーナリストの松田さんの案内で、森の中を川辺へ向かいます。人口130万の都市とは思えないほど、豊かな自然が生活の中にあるのに驚きます。

 

 

 

 

 

 白鳥や鴨が泳ぐイザール川は、まったく自然の姿に見えます。しかし実際は、19世紀半ばに治水・利水の目的で直線で流れるように整備された後、やはり自然な姿に戻そうというイザールプランにより人工的に回復された「自然」なのです。治水と利水を実現しながら、人々の憩いの場をつくり生物多様性を守るミュンヘン市の挑戦を学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 ヴィクトゥアリエンマルクトで昼食をとり、聖母教会や新市庁舎、ニュンフェンブルク城を見学しました。

 明日はいよいよ最終日。みんな健康で過ごせていることに感謝です。

水を巡るジオ・キャッシング

 山梨県と同じく、アウクスブルクも豊かな水のまちです。昔から、レヒ川などの水源から引いた水を上手に生かして、飲料水やエネルギーを得てきました。GPSデバイスを手にして、水を巡るオリエンテーリングで学習を行いました。

 

 

 

 

 晴天に恵まれ、朝日の市庁舎広場からスタートです。環境学習専門家のラルフさんからデバイスを受け取り、4班に分かれてヒントを頼りにポイントをめざします。

 

 

 

 

 

 アウクスブルクのまちには、水路や水車、泉がいたるところにあり、昔から技術によって水資源を生活に生かしていた様子がよくわかります。

 

 

 

 

 

 また、観光では通らないような小さな路地を歩き、この町の美しい素顔にも触れることができました。最後は、各チームが手にしたヒントをつなぎ合わせて、アルプスから流れ着いたプレゼントをみんながもらいました。帰ってから、お見せします。楽しみにしてください。

 

 

 

姉妹校での研究発表会を実施しました

 生徒たちはホストシスターと元気に登校しました。

 プレゼンテーションの時間は、姉妹校の生徒たちに自分の研究について英語で発表しました。また、姉妹校の生徒もプロジェクトについて発表してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのほかの時間は、5グループに分かれて、数学、理科、英語、体育、音楽、美術の授業に参加しました。ドイツの生徒たちの積極的な様子に刺激を受けました。

 ステイ先から持たせてもらったお弁当を食べた後、アウクスブルクの市内へ出かけました。大聖堂では、ロマネスクとゴシックの建築様式について学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 市庁舎は17世紀に建てられ、第二次世界大戦の空襲で大きな被害を受けましたが、後に修復されています。豪華な「黄金の間」は、自由帝国都市として神聖ローマ帝国の皇帝が直轄したアウクスブルクの歴史的重要性と豊かさを示しています。中でも、フッガー家は巨万の富を築き、市の経済や文化を支えました。その慈善事業として貧しい人が住むために作ったフッゲライは、今でも実際に住宅として使われています。当時のままに再現された博物館を、とても興味深く見学しました。

 

 

レッテンバッハ村の取組

 レッテンバッハはミュンヘンからバスで1時間半の小さな村です。かつては雇用も少なく大都市への人口流出による過疎化に悩んでいました。この状況を変えようと立ち上がった住民は、5年間の奮闘の末、1993年10月6日、特区として独立した意思決定権を勝ち取りました。その時から長年にわたり村長を務めたフィッシャーさんを講師に迎え、村の公民館でお話を聞きました。公民館には、カフェやマーケット、大きなホールがあります。暖房給湯には薪のボイラーが使われ、村の木材が燃料です。

 

 

 

 

 さらに村の中で経済が回るように地域通貨「ターラー」が導入されました。また、林業に使われる機械を作る会社は、小さなガレージから始まり今では130人の社員を雇用する大きな会社に成長しています。工場やバイオマス発電所、幼稚園、新興住宅地、牧場など、小さな村の中にあるさまざまな施設を見学しました。

 そして、いよいよアウクスブルクの姉妹校、シュテッテン・ギムナジウムに到着です。校長先生から温かい歓迎のご挨拶をいただき、ホストシスターと出会いました。素敵な3日間になりますように


 

 

無事に到着しました

 12時間のフライトの後、ミュンヘンに到着しました。空港で軽食を買い、バスに乗り、大きな夕日に迎えられながらホテルへ。ガイドさんのお話で、空港のあたりは以前広大な湿地であったこと、周辺の農地でできる穀物は主に家畜の飼料用であること、などを学びました。無事にホテルに到着し、明日に備えます。

2018ドイツ研修はじまりました

保護者の皆様や先生方に見送られ、ドイツ研修がスタートしました。道路状況はスムーズで、予定よりゆったりと空港で過ごしました。安全に多くを学ぶことができるよう、お祈りください。お支えに感謝します。

GS研修を実施しました

9月14日、高校1年グローバルスタディーズクラスはGS研修を実施しました。
ユネスコスクールである山梨英和は、現在登録を目指している甲武信ユネスコエコパークの中に位置します。「ユネスコエコパークでSDGsについて考える」と題し、地球規模の問題を地元レベルで考える機会を持ちました。
山梨県みどり自然課の村山先生の基調講演の後、サントリー白州工場を見学しキープ協会の実践について鳥屋尾先生のお話を伺いました。プログラムパートナーの皆様のご協力に感謝いたします。

【生徒のレポートより】
*ユネスコエコパークが2ヶ所ある山梨は、自然と共生する持続社会の世界的モデルとなると聞きました。山梨に住んでいる私たちは、この自然を守っていかなければならないと思いました。
*サントリー白州工場では、軽量のペットボトルを使用したりはがしやすいラベルにすることで、環境に優しい製品を作っていました。
*様々な人たちが協力して、やまねが森から森へ渡れるように通路の素材や形、外敵から守るための構造を試行錯誤しながら作っていたことを知りました。

マリンチャレンジプログラム2018全国大会出場決定!!

 マリンチャレンジプログラムに採択された関東地区16校の中高生による研究発表会が開催されました。本校は「水環境の指標動物となるミズダニの研究」について口頭発表し、優秀賞(4校)を獲得しました。この結果、さらなる研究助成を受け、3月に実施される全国大会へ出場することとなりました。
 きれいな水に生息する美しいミズダニを指標動物とすることを目的に、県内64採取地点の結果をもとに、県内の河川の水質評価に取り組みました。生徒たちは研究してきた内容が評価されたうれしさをかみしめていました。同時に審査員の方々のアドバイスをもとに、全国大会に向けてさらなる研究に取り組む覚悟を決めたようです。