SSH,活動報告,研究発表

サイエンスキャッスル優秀ポスター賞を受賞しました

 12月23日(日)神田女学園中学校高等学校において、開催されたリバネス主催の中高生の学会、サイエンスキャッスル2018で、「顔のパーツ配置と印象~女子高生についての考察~」が優秀ポスター賞に選ばれました。これは50名のポスター審査員による評価が非常に高かったポスターに与えられる賞です。その他の本校のポスターについても、大変興味深いものだったとの講評を得ることが出来ました。生徒達もこれを励みにさらに研究を深めていく覚悟をしたようです。

サイエンスキャッスル2018に参加しました

12月23日(日)神田女学園中学校高等学校において、リバネス主催の中高生の学会、サイエンスキャッスル2018が開催され、山梨英和からは、SSHⅡと自然科学部の計7グループがポスター発表を行いました。
 他校の口頭発表を聞いたり、VRフェンシング体験などの特別企画に参加、その後それぞれが1時間ずつのポスター発表を実施、その中で審査も行われました。最初は緊張していた生徒たちも、発表の回数を重ねるごとに、笑顔で質問に答えるなど楽しんでいるようでした。研究に対しての様々なアドバイスもいただき、生徒たちは今後の研究に対するモチベーションを高めました。発表テーマは次の7テーマで、どの学校よりも多種にわたっており、興味を持ち聞きに来てくれる他校の生徒たちと有意義な交流も行うことが出来ました。

【発表テーマ】
 「リケジョの輪拡大プロジェクト」
 「目指せ合唱大会優勝プロジェクト」
 「抗酸化作用のある身近な物質」
 「富士山梨が原の野焼きによる土壌動物の多様性変化」
 「富士山五合目の環境の実態を探る~探偵はササラダニ~」
 「水のみ鳥を使った発電装置」
 「顔のパーツ配置と印象~女子高生についての考察~」

 見学した高校1年生や中学生も、今後の研究のヒントになることを見つけようと熱心に発表を聞いていました。

サイエンスキャッスルとは・・・https://s-castle.com/about-2/

日本学生科学賞(山梨県大会)にて『県教育長賞』を受賞しました

 日本学生科学賞山梨県大会で、本校自然科学部の研究が評価され、第3位にあたる「県教育長賞」を受賞しました。
 研究テーマは「富士山梨ケ原の野焼きによる土壌動物の多様性変化」で、本校の自然科学部で継続的に研究されているダニ研究班の一つです。この研究の結果により、野焼きにより土壌生物が全滅することはないということが明らかになったと評価されました。
 当日は読売新聞甲府支局に、中高併せて5校の生徒や教職員が集まり、表彰式が行われました。今回の受賞者を見ると女子生徒が増えたことを感じ、自然科学に興味を示すリケジョの多さを実感しました。
 受賞を受けて、この研究は日本学生科学賞の中央審査に進みます。

 

 

 

 

 

拡大してご覧になる場合は以下をクリックしてください。

読売新聞に掲載されました(2018年11月11日掲載)

山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞を受賞!

 山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞 高校の部で、数学班の「多面体の研究」が評価され、本校の受賞が決定いたしました。
 児童・生徒の科学する心を育成し、創造性豊かな人材を育む科学技術教育を推進することを目的として、児童・生徒に対して、科学に関する優れた調査・研究活動等を行っている県内の小・中・高等学校等が表彰されるものです。
 本校は2年連続、5回目の受賞となりました。
 数学班の生徒は11月17日の授賞式に参加し、研究内容の発表を行う予定です。

第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)出場権獲得!

11月4日に開催された山梨県高等学校芸術文化祭にて本校生徒の「水環境の指標動物となるミズダニの研究」(生物部門)が芸術文化祭賞(1位)を受賞し、来年度開催される第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)への出場権を獲得しました。

「集まれ!理系女子」第10回女子生徒による科学研究発表交流会に参加しました

 「集まれ!理系女子」第10回女子生徒による科学研究発表交流会が学習院大学で開催され、全国から研究員、大学院生、高校生が149のテーマでポスター発表と交流会を実施しました。本校からは高校2年生の「野焼き班」「ミズダニ班」、高校1年生の「ハリモミ班」「外来植物班」、計4グループが参加しました。
 学習院大学の白田由香利教授による講演では、理系女子が物理専攻で数々の困難を乗り越えてくることで男性と同じように教授になることができた、理系の学問は時間と費用と根気が必要である、というお話を伺いました。
 ポスター発表では、緊張しながらも練習通りの発表ができました。どのポスター発表でも活発な討論が行われ、「先行研究はどうなっているのか」「ミズダニはきれいなところに棲むものと汚いところに棲むもので大きさは違うのか」「ハリモミの枯れ死は寿命によるものではないか」「目的と観察、結果の考察が論理的に一致するように」など多くのアドバイスをいただきました。他校のポスターはレベルの高いものもあり、本校の見学生徒も多くのポスターを熱心に見学していました。参加者の中には男子学生もいて、観点の違う質問もあり刺激になりました。

ガールズサイエンスcafe@山梨を開催しました

 9月22日、山梨県防災新館(やまなしプラザイベントスペース)にて『ガールズサイエンスカフェ@山梨』を,山梨大学男女共同参画推進室および山梨県立男女共同参画推進センター「ぴゅあ総合」との共催事業として開催しました。
 まず始めに,山梨大学医学部免疫学講座助教の石丸かよ子先生より,「アレルギーが起きる仕組み」と題してヒトの免疫システムについてご講演いただきました。話題の漫画のキャラクターになぞらえつつ,ヒトの体内で働く細胞について分かりやすくご紹介くださいました。
 ポスターセッションでは,今年度のスーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会やマスフェスタで発表した生徒らがポスター発表を行いました。また茨城県立水戸第二高等学校や静岡英和女学院高等学校など,県内外の女子生徒による研究ポスターを展示しました。
 ラウンドテーブルセッションには神奈川工科大学、千葉科学大学、金沢工業大学、城西国際大学、聖徳大学がご参加くださいました。多くの女子学生の皆さんのご協力のもと,ハンドクリームを作ったり心臓マッサージの体験をするなど,体験型の学習を行うことができました。
 サイエンスアーケードは屋外の県民ひろばで実施しました。本校からは数学パズルや葡萄を用いたpH実験のブースなどを出展し,山梨大学からはフォーミュラカーの展示とCAD体験,また太陽電池づくりのブースを出展していただきました。
 自然科学部や美術部の生徒が講師役として参加し,小学生から一般の方まで大勢の皆様に楽しんで頂くことができました。
 ご協力くださいました多くの大学,高校の皆様に感謝いたします。

読売新聞に掲載されました(2018年9月27日記事)
掲載内容は↑こちらをクリックしてください。

2018年度SSH中間発表会を開催しました

9月10日、高校2年生がSSHⅡとGlobal StudiesⅡで取り組む課題研究の中間発表を行いました。
全体会では、スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会にも参加したササラダニの研究グループによる口頭発表がありました。
研究発表では、SSクラスと自然科学部の生徒が口頭発表を行いました。アドバイスをいただくことで自分たちの研究を見直す機会となり、今後の研究がより発展することと思います。
また、GSクラスでは模擬クラウドファンディングを実施しました。消費活動で問題解決を目指すビジネスプランの構築に取り組んでいます。高校1年生と高校3年生のGSクラスの生徒たちは発表を見て、投資するとしたらどこがいいか評価しました。
運営指導委員の先生方にアドバイスをいただき、SSクラスもGSクラスも年度末の研究発表会に向けて非常に有意義な機会となりました。


ガールズサイエンスcafe@山梨開催及び高校生ポスター発表参加者募集のお知らせ

2018年9月22日(土)、山梨大学、山梨県立男女共同参画推進センターぴゅあ総合と本校の共催事業として「ガールズサイエンスcafe@山梨」を山梨県防災新館1階にて開催いたします。
また、ガールズサイエンスcafeにて高校生ポスター発表の参加者を募集します。

日 時:2018年9月22日(土) 13:00-16:00

場 所:山梨県防災新館1階(山梨県甲府市丸の内1丁目6-1)

内 容:山梨大学医学部の先生によるお話とミニ実験(13:00-13:30)
   ラウンドテーブルセッション(女性研究者と研究のおもしろさや理系の魅力など自由にお話ができます)
   ポスター発表(女子高校生が日々どんな研究をしているのか、ポスター発表を実施します)
   サイエンスアーケード(理数の学びができるブースを自由に体験できます)
    詳細は以下チラシをご覧ください。

対 象:女子中学生・女子高校生・保護者・一般

参 加:無料 ※事前のお申込にご協力お願いします。

お申込み・お問い合わせ:山梨県立男女共同参画推進センターぴゅあ総合
    TEL 055-235-4171/ FAX 055-235-1077
    E-mail:sogoevent@yamanashi-bunka.or.jp

 

 

 

 

拡大するには↓こちらをクリックしてください。

山梨英和中高-ガールズサイエンスcafe@山梨9.22開催チラシ

 

 

【高校生ポスター発表参加者募集】

山梨英和中学校・高等学校はスーパーサイエンスハイスクール指定校です。

山梨県で唯一の女子中学校・高等学校として、女子の理系進学を応援するため、女性ロールモデルと出会い理系分野に関心を高める ガールズサイエンスcafeを開催します。ガールズサイエンスcafeの会場で日々どんな研究をしているのか発表しませんか。

 

■参加資格 女子高校生(個人またはグループ)※各学校2枚まで

■ポスターサイズ A0(縦)までのスペースを用意します。(校内のポスターはB1で作成しています)

■内容 理数系の各分野の発表(日本語または英語)

■ポスター応募方法 2018年9月20日(木) 必着(メールで申し込み受付)
*宛先:eiwa-ssh@yamanashi-eiwa.ac.jp
*メール本文に下記①~④を記載し学校単位でお申込みください。
 ①学校名、②発表タイトル、③発表者名、④担当の先生のお名前
*郵送の場合    9月20日(木)必着
 持ち込みの場合   9月22日(土)ガールズサイエンスcafe当日 9:30まで
*ポスターのみの参加の場合、ポスターの返送はできません。
*引率は不要です。
■参加費 無料
■お問い合わせ先
 山梨英和中学校・高等学校 SSH担当 糟谷・中村
 〒400-8507 山梨県甲府市愛宕町112
 Tel. 055-252-6184 /FAX 055-251-7468
 e-mail eiwa-ssh@yamanashi-eiwa.ac.jp

 

 

拡大するには↓こちらをクリックしてください。

山梨英和中高-ガールズサイエンスcafe@山梨ポスター発表参加募集

日本環境教育学会に参加しました

 8月25日〜26日、日本環境教育学会第29回年次大会が東京学芸大学で行われました。高校生のポスター発表は山梨英和を含め3校(5本)が参加していました。
 大会は「環境教育の根本に立ち返る:いのち、環境、人間」というテーマのもと多くの研究者・学生の口頭発表やポスター発表があり、山梨英和の高校1年生の生徒2名は「外来生物に対する小学生〜高校生の意識高揚に関する研究Ⅱ」というテーマでポスター発表をしました。昨年度の先輩の研究を受け継ぎ、富士山麓で問題になっているオオキンケイギクを中心に、子供達に生態系・外来種・特定外来種などの知識を正しく伝え、それを子供達の発信力に期待して、大人にも広げようというものです。
 発表に対して、沢山の貴重なアドバイスを頂き、また研究者の方々の発表を間近で見聞きすることで、生徒達は非常に大きな刺激を受け、今後の研究・学習のモチベーションがアップしました。
 高校生は、ほんの一握りでしたが、それぞれ堂々と発表している姿が印象的でした。

【生徒の感想】
 初めてのポスター発表で、とても緊張しましたが、熱心に聞いてくださり、たくさんアドバイスをいただき、とてもいい経験になりました。
 ほかの学校の発表や大学生研究者の方のポスターや発表など、学校の中では見られないものを、実際に見たり聞いたりすることができました。