SSH,研究発表

環境科学会2017年会で受賞しました

 9月14-15日、北九州国際会議場(小倉)にて環境科学会2017年会が開催され、今年度も自然科学部の3つの班がポスター発表を行いました。
 幅広い分野の専門家が集まる環境科学会で、大学生以上の研究者にまじって緊張して発表し、たくさんのアドバイスをいただき成長が目に見える2日間となりました。ポスターは昨年よりレベルアップしましたが、まだまだ深められるところがたくさんあり、研究へのモチベーションが高まりました。
 今年度も1つの班が優秀発表賞を頂きました。9月2-3日の日本環境教育学会とこの学会との感想を部員全員で共有し、今後の活動に生かしていきます。

【生徒の感想】
 専門家の方々からのアドバイスから、身近なところに問題意識を持つ着眼点、研究の将来性、そして新規性が重要であることを改めて実感した。発表の仕方において、ただ原稿をもとに説明するだけでなく、臨機応変に要約することの必要性を感じた。何より、自信を失い苦しみながらもたくさんのアドバイスやディスカッションを通して、自分の研究が大好きだと胸を張って言えるようになった。

 

2017年9月22日 山梨日日新聞

2017年度SSH中間発表会を開催しました

 9月12日、高校2年生がSSHⅡとGlobal StudiesⅡで取り組む課題研究の中間発表を行いました。
 全体会では、マスフェスタにも参加した数学の研究グループによる口頭発表がありました。
 研究発表では、SSクラスと自然科学部の生徒がポスター発表を行いました。アドバイスをいただくことで自分たちの研究を見直す機会となり、今後の研究がより発展することと思います。
 また、GSクラスでは今年度初めての試みとして、研究計画発表会のピア評価として模擬クラウドファンディングを実施しました。発表した生徒たちは、決められた時間内でいかに自分たちの研究内容をアピールできるかを工夫し、高校1年生のGSクラスと高校3年生のGSクラスの生徒たちはその発表を見て、どのグループが魅力的であるか、どのくらい寄付するのか、ということを考えました。
 運営指導委員の先生方や、他校の先生方にアドバイスをいただき、SSクラスもGSクラスも年度末の研究発表会に向けて非常に有意義な機会となりました。

環境教育学会に参加しました

 9月1日~3日、日本環境教育学会第28回年次大会が岩手大学で行われました。高校生のポスター発表は山梨英和を含め3校が参加していました。
 大会は「災害からの復興と環境教育・ESD」というテーマのもと多くの研究者・学生の口頭発表やポスター発表があり、山梨英和の生徒は「Q&A形式利用による小・中学生の外来植物 (主に富士山麓・山梨県)に対する意識高揚に関する研究」というテーマでポスター発表をしました。富士山麓で問題になっているオオキンケイギクとアレチウリを中心に、子供達に生態系・外来種・特定外来種などの知識を正しく伝え、それを子供達の発信力に期待して、大人にも広げようというものです。
 発表に対して、沢山の貴重なアドバイスを頂き、また研究者の方々の発表を間近で見聞きすることで、生徒達は非常におおきな刺激を受け、今後の研究・学習のモチベーションがアップしました。
 高校生は、ほんの一握りでしたが、それぞれ堂々と発表している姿が印象的でした。

マスフェスタに参加しました

 SSH大手前高校主催のマスフェスタ(全国から61校75組が参加)にSSHⅡの数学班2名が参加してきました。3校の口頭発表が行われ、いずれも高校の数学内容を超えるもので、興味深いものでした。ミニ講演会も行われ、「数学で知る腸内環境」と「グラフで考える組み合わせ問題」の講座に参加しました。ポスター発表では、絶え間なく聴衆者があり、熱心に発表を聞いてくれました。数学を専門とするアドバイザーの方にも聞いていただき、今後につながるアドバイスを頂きました。この場に集ったメンバーが数学に関心がある人々であったので、数学班の生徒達は良い刺激を受け、今後の課題研究への意欲をさらに強めたようでした。

 

「平成29年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会」にてポスター発表に参加しました

 8月9日~10日に、神戸国際展示場にて開催された「平成29年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会」に、本校よりSSHⅡクラスの生徒2名が発表者として、SSHⅠクラスの生徒8名が見学者として参加しました(全国から206校、国内外からおよそ3千人の生徒が参加)。

 本校のポスター発表のテーマは「調理残渣抽出物を活用した環境保全型農業の可能性-Possibility of Conservation Oriented Agriculture Utilizing Cooking Residue Extract-」でした。
発表者は前日の夜まで、発表練習を繰り返し行いました。本番では、何度も発表していくうちに緊張もほぐれ、堂々と発表し、質問にもスムーズに答えられるようになりました。

 見学した8名はいずれもこれから課題研究に取り組む1年生で、研究方法、ポスターの作り方、発表の仕方において、その質の高さに驚き、自身の課題研究への取り組みに対して新たな決意を秘めた様子でした。

 JST主催のこの「生徒研究発表会」は、課題研究に取り組む多くの同世代と交流できる絶好のイベントです。質の高い研究やいきいきと発表する全国の高校生の姿から刺激を受け、本校生徒も意気込みを新たにいたしました。

【生徒の感想】
・生徒研究発表会に参加し、みながいきいきとした顔で発表しており、自分の研究が好きで、自信を持っているのだと思いました。また、女子生徒の多さも印象に残りました。私たちを含め、近い将来、理系の舞台で多くの女性が活躍していくのだと感じました。今回の貴重な体験を活かして、今後の研究や様々な活動に精力的に取り組んでいきたいです。
・こんな大きな舞台で発表できたことは、確実に私を成長させてくれました。身近な疑問を取り入れたテーマや、工夫された実験方法、その研究の新規性や将来性など、たくさんの新しい考えに触れ、私たち高校生が行っている研究の可能性の大きさを感じました。この3日間を通して経験したことを今後の研究に活かし、協力して下さっている先生方や研究のパートナーに感謝して、これからも研究やSSHのプログラムに全力で取り組みたいです。

 

「2017年度 SSH中間発表会」のお知らせ

来る2017年9月12日、『2017年度 SSH中間発表会』を本校にて開催いたします。

高校2年生が学校設定科目SSHⅡやGlobal StudiesⅡの課題研究について途中経過を発表します。様々なご意見を頂きながら今後の活動に活用すべく、下記のとおり研究成果発表会を開催致します。
つきましては、ご関係の皆様に多数ご参加いただき、本校SSH事業の取り組みについてご指導ご助言を賜りたく、ご案内申し上げます。

日 時:2017年9月12日(火) 13:25~15:10(受付は12:50~13:20)

場 所:山梨英和中学校・高等学校(山梨県甲府市愛宕町112)

連絡先:山梨英和中学校・高等学校SSH事務局

    TEL 055-252-6184/ FAX 055-251-7468

E-mail:eiwa-ssh@yamanashi-eiwa.ac.jp

※本校生徒の保護者のみならず、教育関係者、本校の教育内容に興味をお持ちの一般の方の希望も受け付けます。当日申込も可。

参加申込は9月5日(火)までにE-mailまたはFAXで上記事務局へご連絡ください。申込書はこちらからダウンロードできます。

SSH研究発表会を実施しました

 2月9日、SSH研究発表会を実施しました。全校生徒が参加し、中学2年生から高校2年生まですべての生徒がポスター発表を行い、校舎内はたいへんにぎわいました。生徒たちにとっては、研究成果を分かち合うことで協働の学びを実現する貴重な体験となりました。また、ご質問やアドバイスをいただくことで、今後の研究を深めることができます。
 来校者アンケートによると、中学生から学年を追って成長している様子がわかった、発表の場があることは素晴らしい、質問にもきちんと答えられていた、などの感想がありました。
 ご来校くださった皆様に心より感謝いたします。

 

SSHⅡ
GSⅡ

 

 

SSHⅠ GSⅠ

 

 

J2自由研究 J3環境学習

 

 

H2合同授業 J3環境ワークショップ


 

H1 Science in English 全体会

 

当日の様子が2017年2月17日の山梨新報に掲載されました。

平成28年度 SSH生徒研究成果発表会・研究報告会のお知らせ

 2017年2月9日、「平成28年度山梨英和中学校・高等学校スーパーサイエンスハイスクール生徒研究成果発表会・研究報告会」を開催いたします。
 指定4年目である今年度の研究成果をまとめ、その成果を公開するとともに、研究協議等を通して様々なご意見を頂きながら次年度以降の活動の改善に活用すべく、下記のとおり研究成果発表会および研究報告会を開催致します。
 つきましては、ご関係の皆様に多数ご参加いただき、本校SSH事業の取り組みについてご指導、ご助言を賜りたく、ご案内申し上げます。

1.実施日  2017年2月9日(木)   10:00 – 15:10
2.会 場  山梨英和中学校(〒400-8507 山梨県甲府市愛宕町112)
3.時 程   9:30 – 10:00 受 付
        10:00 – 12:45 ポスター発表、公開授業
        13:25 – 14:15 全体会
        14:20 – 15:10 SSH研究成果報告会
4.連絡先  山梨英和中学校・高等学校 SSH事務局
        TEL:055-252-6184(中学代表)/FAX:055-251-7468
        E-mail:eiwa-ssh@yamanashi-eiwa.ac.jp

※参加申込は1月27日(金)までにE-mailまたはFAXで上記事務局へご連絡ください。

申込書はこちらからダウンロードできます。

「環境科学会で自然科学同好会がW受賞」が新聞掲載されました。

読売新聞山梨版(9月27日付)で、「環境科学会で自然科学同好会がW受賞」の記事が掲載されました。

詳しい内容は過去ログをご覧ください。

【続報】「環境科学会2016年会」でW受賞!!

本校・自然科学同好会の生徒たちが、「環境科学会2016年会」(2016年9月8日~9日 於:東京都市大学 横浜キャンパス )の大学学部生・高専生・高校生の部にて、昨年度に引き続きポスター発表賞(富士電機賞)の『最優秀発表賞』と『優秀発表賞』のW受賞という栄誉に輝きました。

この学会は、環境問題に関する多様な分野の研究者・ポスドク・博士課程・修士課程・学部生などが多数参加する学会です。大学学部生・高専生・高校生部門の中で高校生のエントリーは、山梨英和高等の自然科学同好会の3つの研究(シラカンバ班・土壌酵母班・富士山のダニ班)だけでした。大学生と肩を並べての発表にも臆することなく堂々と発表することができました。

全ての受賞研究は以下です。(★最優秀発表賞  ○優秀発表賞)

①ポスドク及び博士課程学生★「ハウスダストを介した臭素・リン系難燃剤の曝露のリスク評価」(静岡県立大学)○「GC/MS一斉分析を用いた河川水中でのPRTR対象物質の検出状況~黒本調査との比較」(横浜国立大学)○「主観的幸福度と自然資本(環境)、社会資本、ソーシャルキャピタル:ミクロデータを用いた分析」(早稲田大学)

②修士課程及び博士課程前期学生★「生活満足度を用いた都市緑地帯の経済評価」(神戸大学)○「循環型パームプランテーションに向けた物質収支解析と加工残渣土壌還元効果の評価」(横浜国立大学)○「多様なスケジュールを考慮したマイクログリッドによるCO削減効果の評価」(東京大学)

③学部生・高専生・高校生★「シラカンバ樹液の抗菌活性評価」(山梨英和高等学校)○「高齢者の生活様式と容器包装プラスチックごみの分別との関係性に関する考察」(神戸大学)○「土壌から分離した酵母の校庭緑化への活用に関する研究 」(山梨英和高等学校)

ポスターは、全部で約50本あり、学会正会員の研究者の方々の投票で決まりました。この受賞により、生徒たちは研究内容をわかりやすく伝えること、毎日こつこつ努力することの重要性を改めて感じていました。普段の授業でプレゼンテーションをする機会が多い事がこの発表賞の受賞に大きな力になったと感じています。また、この経験は大きな自信となり、今後の勉強や学校生活にモチベーションを高く保って取り組む原動力となることと思います。

ポスター発表の後は、いくつかの会場で行われている口頭発表を聞いてきました。内容は難しいものが多かったのですが、研究者の方々の真剣な討論を垣間見て、研究に対する真摯な取り組み方や質疑応答に対する準備など多くのことを吸収しました。

▼朝日新聞(9月17日付)にも掲載されました。