SSH,活動報告,研究発表

サイエンスキャッスル優秀ポスター賞を受賞しました

 12月23日(日)神田女学園中学校高等学校において、開催されたリバネス主催の中高生の学会、サイエンスキャッスル2018で、「顔のパーツ配置と印象~女子高生についての考察~」が優秀ポスター賞に選ばれました。これは50名のポスター審査員による評価が非常に高かったポスターに与えられる賞です。その他の本校のポスターについても、大変興味深いものだったとの講評を得ることが出来ました。生徒達もこれを励みにさらに研究を深めていく覚悟をしたようです。

サイエンスキャッスル2018に参加しました

12月23日(日)神田女学園中学校高等学校において、リバネス主催の中高生の学会、サイエンスキャッスル2018が開催され、山梨英和からは、SSHⅡと自然科学部の計7グループがポスター発表を行いました。
 他校の口頭発表を聞いたり、VRフェンシング体験などの特別企画に参加、その後それぞれが1時間ずつのポスター発表を実施、その中で審査も行われました。最初は緊張していた生徒たちも、発表の回数を重ねるごとに、笑顔で質問に答えるなど楽しんでいるようでした。研究に対しての様々なアドバイスもいただき、生徒たちは今後の研究に対するモチベーションを高めました。発表テーマは次の7テーマで、どの学校よりも多種にわたっており、興味を持ち聞きに来てくれる他校の生徒たちと有意義な交流も行うことが出来ました。

【発表テーマ】
 「リケジョの輪拡大プロジェクト」
 「目指せ合唱大会優勝プロジェクト」
 「抗酸化作用のある身近な物質」
 「富士山梨が原の野焼きによる土壌動物の多様性変化」
 「富士山五合目の環境の実態を探る~探偵はササラダニ~」
 「水のみ鳥を使った発電装置」
 「顔のパーツ配置と印象~女子高生についての考察~」

 見学した高校1年生や中学生も、今後の研究のヒントになることを見つけようと熱心に発表を聞いていました。

サイエンスキャッスルとは・・・https://s-castle.com/about-2/

第2回SSH特別講演会を実施しました

11月30日、住友化学(株)先端材料開発研究所 小川 歩氏をお招きし、第2回SSH特別講演会「科学の目による自己実現と社会参加~SSH活動が拓いた世界~」を実施しました。
 SSH校での研究の経験が、大学、大学院、そして企業でどのように展開していくのかがよくわかるお話でした。SDGsの観点でどのような社会貢献ができるかを大切にしているという企業の姿勢についても学ぶことができました。「食」も「美」も、あらゆる分野に「科学」があることに気づかせていただきました。

【感想(生徒)】
・改めて科学が私たちの身近に溢れているということを知りました。科学というのは、理科や数学だけでなく、全ての教科に繋がっていることが分かり、理科が苦手な私も興味が湧いてきました。
・夢へのアプローチにあった経験や言語力、コミュニケーション力はこれからの社会では大切になってくるので人との会話や協力するということを大切にしていきたいと思った。
・たしかに、仮説→計画→実験→解析…という科学的な考え方はどんなことにおいても大切だと思いました。
・私は行きたい大学は理系ですが、その後の就職などは具体的にイメージできなかったので、とても興味深い内容でした。 今SSHの中で様々なことを学べているので、それら一つ一つを大切なチャンスと捉え、挑戦していきたいと思います。
・スライドや会社の資料の要点がわかりやすく見やすかったことから、今行なっている課題研究の資料作成を通してより見やすくわかりやすい資料を作成できるようになりたいと思った。

東京大学/お茶の水女子大学一日入学を実施しました

 11月20日、SSクラスの1年生が東京大学とお茶の水女子大学を訪問して来ました。
 最初に東京大学へ行き、農学部の露木聡先生の講義を受けました。その中には今年9月の北海道胆振東部地震で発生した大規模地滑りの様子を捉えた衛星写真もありました。講義後の留学生との交流では、マレーシアの大学の先生もいらっしゃってくださり、3グループに分かれての交流となりました。自分たちの研究について英語で準備したグループは、研究についての議論もできました。農学部生協の食堂での昼食の後は、地震研究所を見学しました。
 その後、お茶の水女子大学に移動し、以前お世話になった生活科学部の雨宮敏子先生に理学部、生活科学部の研究室をいくつか案内していただきました。TAの院生が学部3年生の実習を指導している場面が印象的でした。
 実際に研究室を訪問することで、これから本格化する自分たちの研究にますます意欲が増したようでした。さらには卒業後の進路についても考える良い機会となりました。
 お忙しい中、本校のためにご対応いただきました東京大学農学部、地震研究所、お茶の水大学理学部、生活科学部の皆様に感謝申し上げます。

「科学の芽」努力賞を受賞しました

 筑波大学が主催する科学の芽賞において数学班の研究が努力賞を受賞しました。この賞はノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎博士の功績を称え,それを後続の若い世代に伝えていくとともに,小・中・高校生を対象に自然や科学への関心と芽を育てることを目的としたコンクールで、レポートが評価されるものです。
 生徒たちは、こつこつと模型を作り試行錯誤しながら計算式を立て苦労した研究が、このような形で評価されとても喜んでいます。大学へ進学後も様々な学習、研究に励む気持ちがさらに強まったようです。

第13回「科学の芽」努力賞 受賞作品タイトル
「フラクタル構造を持った正多面体」(山梨英和高等学校 高校3年)

科学の祭典に科学ボランティアとして参加しました

11月17日、本校自然科学部の生徒たちが山梨県立科学館において、科学ボランティアに参加しました。「身近なモノでかんたん工作」というテーマで、風船ロケットやストロー飛行機、ストローとんぼの工作を子どもたちに教えてきました。初めての参加で緊張していた生徒たちも、子どもたちの「お姉ちゃんありがとう」という言葉に励まされ、やりがいを感じていました。他の学校や団体が出展するコーナーも回り、「科学の楽しさ」に触れた1日となりました。

山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞を受賞しました

11月17日山梨学院大学(メモリアルホール)にて山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞 表彰式が行われ、本校生徒の「多面体の研究」が「第16回山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞」を受賞しました。
「多面体の研究」のテーマのもと、1年目は正多角形を組み合わせることでできる凸多面体について、2年目は正四面体、正六面体、正八面体にフラクタル構造を持たせた凹多面体について研究しました。模型を作成し、収束する体積の仮説を立て、計算することにより検証した内容について、スライドを使っての口頭発表も行いました。
今回、中学校部門1校、高等学校部門2校がこの賞を受賞しました。式には山梨科学アカデミー名誉会長である大村智先生もお見えになり、盛大な表彰式でした。模型作りに苦労し、計算方法を考え出した苦労が、このような形で報われたことに、生徒たちの喜びもひとしおのようでした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨日日新聞 2018年11月18日掲載記事

第62回日本学生科学賞-「県教育長賞」受賞作品が新聞掲載されました

「第62回日本学生科学賞」の県審査会高校生の部で「県教育長賞」を受賞した本校生徒の研究内容などが新聞掲載されました。この研究は中央審査へ出品されます。

拡大してご覧になる場合には以下をクリックしてください。

読売新聞掲載(2018年11月17日)

日本学生科学賞(山梨県大会)にて『県教育長賞』を受賞しました

 日本学生科学賞山梨県大会で、本校自然科学部の研究が評価され、第3位にあたる「県教育長賞」を受賞しました。
 研究テーマは「富士山梨ケ原の野焼きによる土壌動物の多様性変化」で、本校の自然科学部で継続的に研究されているダニ研究班の一つです。この研究の結果により、野焼きにより土壌生物が全滅することはないということが明らかになったと評価されました。
 当日は読売新聞甲府支局に、中高併せて5校の生徒や教職員が集まり、表彰式が行われました。今回の受賞者を見ると女子生徒が増えたことを感じ、自然科学に興味を示すリケジョの多さを実感しました。
 受賞を受けて、この研究は日本学生科学賞の中央審査に進みます。

 

 

 

 

 

拡大してご覧になる場合は以下をクリックしてください。

読売新聞に掲載されました(2018年11月11日掲載)

山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞を受賞!

 山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞 高校の部で、数学班の「多面体の研究」が評価され、本校の受賞が決定いたしました。
 児童・生徒の科学する心を育成し、創造性豊かな人材を育む科学技術教育を推進することを目的として、児童・生徒に対して、科学に関する優れた調査・研究活動等を行っている県内の小・中・高等学校等が表彰されるものです。
 本校は2年連続、5回目の受賞となりました。
 数学班の生徒は11月17日の授賞式に参加し、研究内容の発表を行う予定です。