SSH,SSHからのお知らせ,活動報告

第1回SSH特別講演会を実施しました

9月28日、山梨大学の風間ふたば先生をお招きし、第1回SSH特別講演会「“水”に導かれた流域研究~私たちの研究スタイルを探しながら~ 」を実施しました。
水の分析をするスキルを生かして研究していくうちに、循環する水の身の上話が聞こえるようになり、ネパールでの国際貢献につながった、という先生のお話をうかがいました。
研究は、理系も文系もさまざまな専門家が手を携えないとうまく行かないとうかがい、あらためて協働力の大切さを学びました。

【感想(生徒)】
・理系と文系の両方の視点こそが環境を守る鍵になることを知って、自分が文系だからといって、理系と全く関係がないわけではないことを常に頭に入れておきたいと思いました。
・私は、授業でSDGsを解決へ導くためのプランを考えています。問題解決のためには、様々な分野の協力、チームワーク、相手を理解する事が大切。これを意識して、世界の現状をもう一度考えてみようと思いました。
・地域に適した解決策を見つけ出すことは大変だと思うけれど、自分たちのことだけではなく、相手のことも考えて見つけ、解決していくことが大切だとわかりました。
・色々な立場の人が相互に関わり合って「安全な水を」という同じテーマのために試行錯誤する先生のネパールでの体験は、地下水汚染の問題だけではなくさまざまな問題解決のときに大切なプロセスだと思いました。

【感想(保護者)】
・当たり前にある水の使い方や大切さ、水のルートや地下水の汚染について勉強になりました。
・ネパールのカトマンズでの活動プロジェクトはすばらしいと感じました。
・水の起源、貴重な水の大切さを考える良い機会となりました。

山梨県広報誌-ふれあい秋号に自然科学部が掲載されました

本校自然科学部生徒の取り組みが広報誌に掲載されました。

やまなし「水」ラボプロジェクト採択校(山梨県広報誌:ふれあい秋号<2018.10>)

ガールズサイエンスcafe@山梨を開催しました

 9月22日、山梨県防災新館(やまなしプラザイベントスペース)にて『ガールズサイエンスカフェ@山梨』を,山梨大学男女共同参画推進室および山梨県立男女共同参画推進センター「ぴゅあ総合」との共催事業として開催しました。
 まず始めに,山梨大学医学部免疫学講座助教の石丸かよ子先生より,「アレルギーが起きる仕組み」と題してヒトの免疫システムについてご講演いただきました。話題の漫画のキャラクターになぞらえつつ,ヒトの体内で働く細胞について分かりやすくご紹介くださいました。
 ポスターセッションでは,今年度のスーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会やマスフェスタで発表した生徒らがポスター発表を行いました。また茨城県立水戸第二高等学校や静岡英和女学院高等学校など,県内外の女子生徒による研究ポスターを展示しました。
 ラウンドテーブルセッションには神奈川工科大学、千葉科学大学、金沢工業大学、城西国際大学、聖徳大学がご参加くださいました。多くの女子学生の皆さんのご協力のもと,ハンドクリームを作ったり心臓マッサージの体験をするなど,体験型の学習を行うことができました。
 サイエンスアーケードは屋外の県民ひろばで実施しました。本校からは数学パズルや葡萄を用いたpH実験のブースなどを出展し,山梨大学からはフォーミュラカーの展示とCAD体験,また太陽電池づくりのブースを出展していただきました。
 自然科学部や美術部の生徒が講師役として参加し,小学生から一般の方まで大勢の皆様に楽しんで頂くことができました。
 ご協力くださいました多くの大学,高校の皆様に感謝いたします。

読売新聞に掲載されました(2018年9月27日記事)
掲載内容は↑こちらをクリックしてください。

SS研修を実施しました

9月14日,高校1年生SSクラスの生徒がSS研修として,静岡県三島市にある国立遺伝学研究所を訪問しました。
17名が4グループに分かれ,実際にDNAを扱う実習を行いました。
【グループ1】GFP とタンパク質精製
【グループ2】モデル動物ショウジョウバエの表現型と利用
【グループ3】モデル動物ショウジョウバエとPCR
【グループ4】プラスミドとその利用
DNAに制限酵素を作用させて電気泳動したり,ショウジョウバエの受精卵にDNA試料を注入したり,高校では実施が不可能なレベルの実習を体験させていただきました。事前学習を十分にしてからの研修でしたが,話で聞いていたことと実際にやってみるのとでは大違いのことが多く,今後の進路選択や勉強に大いに役立つ研修となりました。

【生徒の感想】
■本当に楽しくて,様々なサンプルや道具を使わせていただき,研究者になった気分でした。
■電気泳動の結果がきれいに出たとき感動しました。
■研究所で働く女性が多くて驚きました。男性の方が多いイメージだったの新しい発見ができてよかったです。

国立遺伝学研究所

ショウジョウバエの受精卵にDNA試料を
マイクロインジェクション

電気泳動槽のアガロースゲルに
DNA試料を入れています

カラムでタンパク質試料を分離

2018年度SSH中間発表会を開催しました

9月10日、高校2年生がSSHⅡとGlobal StudiesⅡで取り組む課題研究の中間発表を行いました。
全体会では、スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会にも参加したササラダニの研究グループによる口頭発表がありました。
研究発表では、SSクラスと自然科学部の生徒が口頭発表を行いました。アドバイスをいただくことで自分たちの研究を見直す機会となり、今後の研究がより発展することと思います。
また、GSクラスでは模擬クラウドファンディングを実施しました。消費活動で問題解決を目指すビジネスプランの構築に取り組んでいます。高校1年生と高校3年生のGSクラスの生徒たちは発表を見て、投資するとしたらどこがいいか評価しました。
運営指導委員の先生方にアドバイスをいただき、SSクラスもGSクラスも年度末の研究発表会に向けて非常に有意義な機会となりました。


環境科学会2018年会ポスター発表にて“優秀発表賞”を受賞!

9月10-11日東洋大学赤羽キャンパス(東京)にて、環境科学会2018年会が開催されました。
今年も自然科学部のダニ班がポスター発表を行い、4年連続で“優秀発表賞”をいただきました。
環境に関する自然科学系から工学系、社会科学系など幅広い分野の専門家が集まるこの学会で、
大学生以上の研究者に混じって発表し、たくさんのアドバイスをいただきました。
今回参加した高校3年生は、2回目ということもあり、発表を楽しんでいる様子が印象的でした。

【環境科学会生徒の感想】
・今回は二度目ということもあり、昨年より緊張せずに伝えることができました。また、周りの大学生や院生の方の話を聞き、研究に対する意識の高さを改めて感じました。
・今回は聴いて下さった方との討論を楽しむ事ができました。このような研究ができ、発表の機会を頂ける環境があることに感謝しています。後輩にも、この研究をぜひ続けていってほしいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【過去の受賞歴】

2017年会

優秀発表賞 「調理残渣抽出物を活用した環境保全型農業の可能性」

2016年会

最優秀発表賞 「シラカンバ樹液の抗菌活性評価」

優秀発表賞 「土壌から分離した酵母の校庭緑化への活用に関する研究 」

2015年会

最優秀発表賞 「土壌生息酵母を利用した廃棄物からの土壌改質材生産に関する研究」

優秀発表賞 「富士北麓地域のササラダニ類の多様性調査」

2013年会

最優秀発表賞「ササラダニによる愛宕山の環境評価」

優秀発表賞「太陽熱を利用した廃食油からのバイオディーゼル燃料の生産」

日本土壌肥料学会で発表しました

8月31日、日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会高校生ポスター発表に高校生2名が参加し、「富士山梨ヶ原の野焼きによる土壌動物の多様性変化」について発表しました。学会員の方々から指導・助言をいただき、他の高校生のポスターにも刺激を受け、良い学びの時となりました。

「平成30年度SSH生徒研究発表会」にてポスター発表に参加しました

 8月8日~9日に、神戸国際展示場にて開催された「平成30年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会」に、本校よりSSHⅡクラスの生徒2名が発表者として、SSHⅠ,Ⅱクラスの生徒8名が見学者として参加しました(全国から206校、海外から11か国26校、およそ4,000名の生徒が参加)。

 本校のポスター発表のテーマは「富士山梨ケ原の野焼きの影響について~土壌動物を指標として~」でした。
発表会前日まで検討を続け、当日も発表練習をしてから臨みました。当日は大学や高校の先生方から多くのアドバイスをいただきました。また、高校生からの質問も熱心であり、それに対して丁寧に応答するなど、充実した時間が持てました。審査委員長からは「研究は継続が大切」「仮説が大切」「小さな発見が大切」「データのまとめ方を訓練すべき」などのアドバイスをいただき、貴重な時間となりました。

 見学した生徒たちの中にはこれから自分の研究テーマを設定する1年生もいました。 日常のありふれた現象を深く切り込んでいくような研究や、高度な技術や知識を駆使した研究などを見学し、今後の参考として大いに役立ったようでした。

夏休みの実験教室を開催しました(@ゆめソーラー館やまなし)

 山梨県企業局主催の小学生親子対象「クリーンエネルギーに関する学習会」において,ソーラークッカー作成の指導を行いました。
 参加者は親子40組ほどでした。最初に山梨県の方からご挨拶があり,そのあと高2生徒2名が講師役を務め,本校自然科学部の紹介を簡単にしました。ソーラークッカーの原理と用途についてスライドを使って説明し,段ボールを使って実際にソーラークッカーを作成しました。中1から高1までの生徒が各机を担当し,作成のお手伝いをしました。
 当日は素晴らしい晴天で気温も高く,猛暑日となりました。作成したソーラークッカーを使って水温上昇の実験を屋外で行いましたが,猛烈な太陽光に恵まれて順調に水温も上がっていたようです。皆さんに喜んで頂き,生徒たちも充実した様子で学校に帰って参りました。

日本環境教育学会に参加しました

 8月25日〜26日、日本環境教育学会第29回年次大会が東京学芸大学で行われました。高校生のポスター発表は山梨英和を含め3校(5本)が参加していました。
 大会は「環境教育の根本に立ち返る:いのち、環境、人間」というテーマのもと多くの研究者・学生の口頭発表やポスター発表があり、山梨英和の高校1年生の生徒2名は「外来生物に対する小学生〜高校生の意識高揚に関する研究Ⅱ」というテーマでポスター発表をしました。昨年度の先輩の研究を受け継ぎ、富士山麓で問題になっているオオキンケイギクを中心に、子供達に生態系・外来種・特定外来種などの知識を正しく伝え、それを子供達の発信力に期待して、大人にも広げようというものです。
 発表に対して、沢山の貴重なアドバイスを頂き、また研究者の方々の発表を間近で見聞きすることで、生徒達は非常に大きな刺激を受け、今後の研究・学習のモチベーションがアップしました。
 高校生は、ほんの一握りでしたが、それぞれ堂々と発表している姿が印象的でした。

【生徒の感想】
 初めてのポスター発表で、とても緊張しましたが、熱心に聞いてくださり、たくさんアドバイスをいただき、とてもいい経験になりました。
 ほかの学校の発表や大学生研究者の方のポスターや発表など、学校の中では見られないものを、実際に見たり聞いたりすることができました。