オーストラリア研修,国際教育

オーストラリア研修報告

2016年8月18日(木)

 朝、荷物を全部持って、ベイカフェに集まりました。ホストファミリーに最後のお別れをして、またきっと会いましょうと口々に言って泣きながらお別れを惜しんでいる生徒達もいました。10時に学校を出発しメルボルン空港へ向かいました。次に向かったのは、シドニー空港です。有名なオペラハウス・ロックス地区・ダーリングハー

バーをバスで半日観光し、21:00のカンタス航空で羽田に向かいました。帰りは9時間30分かかって、日本の朝5:30に帰国しました。問題なく通関しバスで甲府に

向かいました。日本は夏でした。この季節のギャップに慣れるには2週間ほどかかるそうですが、熱中症対策をして、後期には元気な顔を見せて下さい。

 では、私のオーストラリア研修の報告ブログも最後とさせていただきます。保護者の皆さま、このつたないブログを読んで下さり、これまでご協力やお祈りをして下さったことに心から感謝しています。ありがとうございました。

 

オーストラリア研修報告

2016年8月17日(水)

今日で授業は最後となります。まずは、日記をライティングして添削していただきたり、次のプレゼンテーションの準備を行い、全員がプレゼンテーションを行いました。とても力作揃いで、工夫されていて、英語での発表も堂々とできました。

リセス後は、レダン校長先生がいらっしゃって、プレゼンを見て講評して下さったり、修了証書を一人一人に手渡したりしてくれました。代表がお礼の挨拶もしまし

た。その後、ホストシスターが来て、一緒にランチを取りながらお別れのパーティを学校で開いてくれました。それぞれの代表が挨拶をして、とても和やかな雰囲気で盛り上がり、記念の写真も撮りました。午後はホストシスターの授業に参加し、楽しく思い出に残るひとときになりました。

明日は、朝学校を10時に出発し、シドニーにフライトし、午後市内観光をして、夜のフライトで羽田に向かいます。次の報告は、日本に帰国後となります。

では、無事をお祈り下さい。 See you!

オーストラリア研修報告

2016年8月16日(火)

今日は、新しい文法表現を学び、いつものように昨日の出来事のライティングをした後、明日のプレゼンテーションやフェアウェルパーティの時のスピーチを準備したりしました。

レセスのあと、サウスランドへスクールバスで行き、ランチを食べたり、メルボルンでの最後のお土産を買ったりました。その後は、学校へ戻り、ホストへThank you card の書き方を教えていただき、

考えたり明日のプレゼンテーションについて最後の準備をしました。

オーストラリア研修報告

2016年8月15日(月)

今日は、まず、金曜日のヒィリップアイランドで見たことやったことについてやウィークエンドの過ごし方について発表したり、日記を書いたりしました。それから、

水曜日のプレゼンテーションの準備も始めました。

リセス休憩の後、プリスクールの日本語の2クラスの子ども達に折り紙を教えにいきました。生徒は楽しく折り紙を教え、子ども達はとても喜んでくれて、作った

折り紙を画用紙に貼り付けて作品に仕上げていました。

ランチの後は礼拝に参加させていただきました。大変カジュアルな感じで行われ、みんなで歌うときは手拍子が入ります。すてきな独唱もあり、最後に聖餐式が

あり、10名以上前に出て、教師も一緒に聖餐を受けました。

ランチの後は、ジェニー先生の日本語のクラスへ行き、生徒達がひらがなを出題してテストしてあげたり、教えたりしました。その後は、門ジュエル先生の10年生の日本語クラスの生徒と会話の練習をしました。7グループに分け、時間を区切って、異なるグループと話します。最終的には、全員と話すことになるというシステムでしたが、これは、生徒達が本当に楽しんで英語を話せるチャンスでした。

あと2日で終わりなので、水曜日の準備と、荷物の整理をしていきます。

 

オーストラリア研修報告

2016年8月12日(金)

今日は朝学校に集まり、日記をライティングして提出したり、ヒィリップアイランド島のコアラやペンギンについて基礎知識を学びました。

10時に、フィリップアイランドに向けスクールバスに乗って出発しました。1時間半くらいで、オーストラリア全土の植物が見られるボタニカルガーデンに着きました。見学が終わった後、持ってきたランチを食べ、次はチャーチルアイランドという町で19世紀の人たちの生活が分かる家屋や庭を見たり、乳搾りの体験をしたり、羊の毛刈りの実演やクジャク、変わった鶏、牛、馬などを見たりして農場体験をしました。

その次は、有名なヒィリップアイランド・チョコレートファクトリーに行き、ホットチョコレートを飲み暖まってお土産を買ったりしました。

その後、コアラ保護センターに行き、この島には昔は1000頭のコアラがいたのに今では50頭しかいないということを聞きました。高いユーカリの木の枝の上で静かに眠っていたり、ゆったりと葉っぱを食べているコアラの姿を見つけて歓声を上げながら森を散策しましたが、その姿は見る者みんなを癒やしてくれました。

そして、海岸の近くで早めのイタリアンのディナーをみんなで一緒にいただきました。

さて、今日のハイライト、ペンギンのパレードは日が沈んだ午後6時過ぎから見られました。30cm位の小さなペンギンがよちよちやってくる様子は本当にかわいらしく、コアラやペンギンを見るにつけ、人間が環境を保護しないといけないことを痛感させられます。とても寒かったですが、このような素晴らしい経験ができたことは感謝でした。この後帰りに向かったところで雨になりました。学校に着いたのは、午後9時を回り、ホストファミリーが迎えに来てくれました。週末はゆっくり休んで、最後の週に備えることになります。

 

オーストラリア研修報告

2016年8月11日(木)

昨晩はどしゃ降りの雨が降りましたが、朝にはすっかり上がり良いお天気になりました。昨日の主な課題はELC(Early Learning Centre のこと)の子ども達に読み聞かせる本を、よく読んでくることでした。

朝は、昨日の出来事をライティングし、形容詞や関係詞を使って豊かな表現で記述することを学びました。次に本の読み方を練習し、いざ、ELCのクラスへ出発です。ゆっくり気持ちを込めて読み聞かせるのはなかなか難しいものですが、一人一人が2~3人の子ども達に一生懸命読んであげました。最初は緊張していた生徒達でしたが、3つのクラスで繰り返すうちに読み方も慣れてきてとても喜ばれました。

休憩をはさみ、学内シアター・プロダクション主催の『ステージ・ドア』という劇を見学しました。とても本格的な劇で、生徒達の迫真の演技に引き込まれていました。

ランチの後は、料理の時間でした。アルザックビスケットを作りましたが、その由来は第2次大戦の時、オーストラリアの兵士の妻達が無事を祈って作ったと言われるものです。7年生の日本語選択の生徒と一緒に自己紹介や会話をしながら作り、ざくざくっとした歯触りの甘いビスケットをいただきお土産に持ち帰りました。

 

オーストラリア研修報告

 

2016年8月10日(水)

昨日の疲れなど吹き飛んでみんな元気に登校しました。今日は、まず、昨日の夜は何をしたか発表したり、昨日のフィールドワークのライティングをしてブレンダ先生に提出したり、“What am I?”ゲームを一人一人“I”になって楽しみました。英語を話すことに慣れてきたようです。門ジュエル先生が、10年生の日本語クラスの生徒を連れてきてくれて、日本語と英語でQ&Aを練習しました。生徒はとてもリラックスして話せるようでした。

リセス休憩の後、9年生とインターカルチャーの交流集会に参加し、英和生が紹介され、一人ずつ名前を言った後、代表が挨拶を述べました。1グループ6~7名の中に英和生が一人ずつ加わりゲームをします。全員に共通なものをあげたり、手を使わずに風船を10回グループ内で回して速さを競ったり、学校内の部屋や人を捜して写真を取ってきて速さを競ったりして、1番ポイントを上げたグループにはご褒美のお菓子が与えられるというもので、ものすごい集中力で競っていました。

また、今日の午後はランチから午後の授業まで、ホストシスターと一緒に過ごすことになり、それぞれのホストシスターと一緒に出かけていきました。日本語、英語、体育などに参加して、有意義な経験ができました。

 

オーストラリア研修報告

2016年8月9日(火)

今日は、朝メントンに集合してから、電車に乗り、メルボルンシティツアーをしました。約40分くらいかかって、メルボルン駅に到着。

南半球一高い展望台、ユーレカタワーに上りました。最高階の88階まで40秒、超高速で着きます。メルボルン市街が一望でき素晴らしい景色でした。

サウスバンクでスナックを食べ休憩し、モダンアートが建物に描かれたホスター通り、歴史のあるブロック・アーケードを見ながら、エンポリアム・メルボルンで買い物をしました。ここで、ランチを取り、帰り道はセントポール大聖堂の中を見学し、フェデレーション広場を通り過ぎて電車に乗りメントン駅へ。

電車の中ではみんな歩き疲れた顔でしたが、とても楽しかったようです。メントンガールズに戻って、今日のツアーの復習をし、ホストシスターが迎えに来て帰宅しました。

 

オーストラリア研修報告

2016年8月8日(月)

今日は晴れて、冷え込んでいます。

週末はショッピング・モール、メルボルン動物園、マーケット、水族館やフットボールの試合に連れて行ってもらったりして、ホストファミリーと楽しく過ごしたようです。みんな元気です。

今日のEnglish classでは、ウィークエンドの過ごし方について英語で発表したり、日記を書いて添削して頂いたり、形容詞を使って詳しく説明する文を構成する練習をしました。この時間に、門ジュエル先生が12年生の日本語の生徒を連れてきてくれて、メントン生は日本語、英和生は英語を使ってQ&Aをし合い、とても盛り上がりました。

また、このプログラムの責任者のジェニーさんがチョコレートカップケーキを全員分作ってきて差し入れてくれて、生徒は甘い甘いと言いながらもぺろりといただき、リセスという昼休み前の休憩には、もう驚くことなく、持ってきたスナックを食べ休憩しました。

その後、明日シティーに行くこともあって、ショッピングで使う会話や、オーストラリアドルの計算の仕方等を教えて頂きました。

ランチ後は、メントンの町を一回り散策しました。帰ってからは、プレゼンテーションに向けてキーノートを使って準備を始めました。

オーストラリア研修報告

2016年8月5日(金)

メントン・ガールズ・グラマースクール登校一日目です。ローズ・ファンクション・ルームに集まり8:35に出席を取り、スケジュールや学校生活に関するすべての情報が入ったファイル、ノートや発行のパンフレットが入ったバッグを一人一人が受け取り、ネームタグをつけて8:45からEnglish Classが始まりました。English の先生はBrenda Wightman 先生です。明るく元気で親切な先生です。少しだけ、オーストラリア訛りがあります。英語のクラスでは、スカベンチャハントでお互いのことを英語で質問し合ったり、オーストラリアの地理を学んだり、オールトラリアの動物や食べ物のことを学べる本を読んでもらったりしました。

11時過ぎに、ベイ・カフェでスナックタイムを取りました。英国式で、この休憩の後、3時間目があり、12:55からランチというスタイルです。この習慣は日本にはないので、生徒達は、この時間にスナックを食べていいのか、とか、スナックは持ってきてないんだけど、と心配しましたが、大きなランチボックスを開けると、サンドイッチの横に色々なスナックやフルーツが入っていて、みんな安心しました。スナックが先かランチが先か、一度に食べるか人それぞれだそうです。

今日はとても良いお天気になったので、スクール・オリエンテーションのあと、メントンビーチに行きました。気温13℃位で寒いですが、日差しが強く日向はとても暖かったです。

午後からの9年生以上の集会では、山梨英和生が紹介され、生徒のスピーチやプレゼンテーションを聞きました。そのあとジュニアの集会が有り、小学生の発表を聞き、聴衆は温かい拍手を送りました。週末はホストファミリーと過ごします。