ICT教育,ユネスコスクール,中学2年,生徒の活躍,英語教育

1月2013

字幕翻訳コンクール「学校団体奨励賞」をいただきました

中学2年生が英語の授業で神田外語グループ主催映画『白雪姫と鏡の女王』字幕翻訳コンクールに応募し、「学校団体奨励賞」をいただきました。よく知られているストーリーなので、ワクワクしながらまずはiPadで課題シーンを見ました。セリフは早すぎて、何回も何回も見返して、聞き返して、iPadから目も耳も離せない状況でした。さらに、人間は1秒当たりに読める文字数に限りがあるので、規定の文字数で日本語に翻訳するのは本当に大変な作業でした。いつも何気なく見ている映画の字幕ができあがるまでを想像したら気が遠くなりそうでした。副賞として映画鑑賞券もいただきました。

生徒の感想より「セリフを言っている人の気持ちや身分関係を考えて字数内で言葉を選ぶのが難しかった。」「自由研究で「翻訳家」について調べたので、このコンクールはとてもよい勉強になり、翻訳家の人の気持ちがわかった。」

これからもいろんなことに挑戦していきましょう!