IECオーストラリア研修,ブログ,ユネスコスクール,英語教育

7月2013

IECオーストラリア研修9日目

今日はcasual clothes dayでした。私服を着てきてもいいんです!私たちは免除されましたが、私服を着てくる生徒は、代わりに1ドル硬貨か2ドル硬貨を寄付するそうです。

昨日から始まった2週目のテーマはオーストラリアです。今日はオーストラリアの映画、Babeを見ました。オーストラリアでは、通常、12年生(高校3年生)の国語で、映画を分析する授業をするそうです。監督になったつもりで、照明や音響、セット、デザイン、俳優、声優などを分析していき、ディスカッションするそうです。Babe について学んだ後、学校にあるシアタールームで映画鑑賞をしました。英語の字幕をつけてもらい、気になる単語やフレーズをメモしながら見ていきました。

映画を見た後は、登場人物の性格を分析したり、ストーリーの流れを確認したり、ワークシートで内容を理解しているかチェックしました。

IECオーストラリア研修8日目

新しい週が始まりました。週末にしたことを友だちに話すのに忙しい朝でした。

今日は、9年生(中学3年生)の美術のクラスに招待されました。美術室はとても大きくて、制服が汚れないように借りた白衣を着たら、みんな立派なアーティストに見えました。メントンの生徒たちに手伝ってもらいながら、まずは切り絵をしました。その後、白い紙を下に重ねて、黒いインクをハケでのせていき、標識のような影絵のような作品をそれぞれ仕上げました。乾くまで美術室に飾られているので、モノクロのギャラリーになりました。

2時間目は、オーストラリア メルボルン出身の著名な女性作家 Mem Fox さんの絵本 “Possum Magic” を読みました。とにかく絵本に出てくるものが何もかもがオーストラリアです。主人公はフクロギツネのpossum。地理や料理、オーストラリアの動物の勉強にもなりました。絵本に出てきた料理を先生が用意してくれて、少しずつ味見をしました。甘かったり、しょっぱかったり。今年はこの絵本が出版されてからちょうど30周年で、先生が図書室から記念版の絵本も借りてきてくれました。おみやげに持って帰りたいな~と言っている生徒たちもいました。この絵本以外にも、オーストラリアの子どもたちが小さい時から親しんでいる絵本をたくさん紹介してもらいました。

今日はイギリス英語とアメリカ英語の違いについても少し勉強しました。発音の違い、スペリングの違い、単語にもそれぞれ特徴があります。イギリス英語の発音練習のために新しいアプリ “Sounds Right”もダウンロードしました。難しい発音はこれで勉強したいと思います。口をとがらせて、[ou] の発音をしていたら、タコみたいになってしまいました。

IECオーストラリア研修 週末編

初めての週末、ホストファミリーとともにいろいろなことをしたようです。

IECオーストラリア研修5日目

朝から小雨が降りました。全員元気に登校しました。

今日の研修は、メルボルン市内観光しながら教室で学んだ英語の実践することです。

まずは電車で40分のFlinders Street Stationに向かいます。既にMentone Stationで興奮していましたが、Flinders Street Stationの規模が大きすぎて、さらに興奮していました。

最初の目的地は、Flinders Street Stationの向かいある聖パウロ大聖堂です。ステンドグラスや床のモザイクがとてもきれいでしたが、写真撮影はできませんでした。

細い路地や小さなショップが並ぶアーケードを抜けて、老舗デパートのMYERにも行ってみました。

早めのランチはフードコートで。サンドイッチを頼む時は、パンの種類をどれにするのか、マーガリンをぬるかぬらないか、どの野菜を入れてほしいか、ハムにするのか、スモークサーモンにするのか・・・がんばりました。ピザを食べた人、寿司を食べた人、ヌードルを食べた人、ロールサンドを食べた人、ハンバーガーを食べた人、それぞれでしたが、みんなちゃんと食べられてよかったです。

午後は、高層住宅としては世界で最も高いビルと言われているEureka TowerのSkydeckに行きました。このタワーには、追加料金を払えば展望台フロアに、ガラスのキューブが外にせり出すアトラクションThe Edgeがあり、全員が楽しんで来ました。メルボルン市内を見渡すことができました。

あっという間に最初の5日間が過ぎました。初めての週末も安全に健康に過ごしたいです。