9月2013

全国SSH生徒研究発表会にてポスター発表に参加しました

8/7~8、パシフィコ横浜にて開催された全国スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会に自然科学同好会がポスター発表に参加、高校INCクラスの生徒も見学に行きました。
自然科学同好会では「ササラダニを生物指標とした愛宕山の環境評価」というテーマでポスター発表をしました。
見学は、本校授業の「SSHⅠ」で始まる研究テーマ決定をするときの参考にするためであり、自分が研究する上で、どのように研究を進めていき、どのようにまとめていけば良いか、ということを勉強するのにとてもよい機会でした。
同じ高校生の研究発表を聞いたことにより、生徒達も非常に良い刺激を受けてきました。

【生徒の感想】
・長い間、忍耐強く研究を続けることで、より深くおもしろい研究が出来る、ということをこの研究から学びました。自然の生き方にはいつも感心させられると思いました。同じ高校生と思えずとても刺激を受けました。

・研究への熱意と愛着を感じました。自分自身が好きなものだからこそどんどん探究心が湧いて、本当に詳しいところまで研究することが出来たのかな?と思いました。見習いたいと思いました。

・甘酒は苦手ですが、自分たちの手で作ることはすごいと思いました。健康に良い甘酒はとても良いと思いました。温度を変えることによって、香りや味が違ったら、色々な甘酒が楽しめると思いました。現在ある食べ物をさらに体に良いものとするために新たに研究するのはすごいと思いました。研究内容の視野が広がりました。質問で「実験と体内での条件は違う」ことを指摘しており、もっともだと感じました。

・小さい頃にシャボン玉で遊んでいて、膜の色が変わるのが綺麗だなと思ったことはあったけれど、なぜか?と疑問に思ったことはありませんでした。理由を知れて本当におもしろかったし、全ての現象に原因があるんだと思いました。

・質疑への受け答えがすばらしかったです。本当に良く研究を理解していなければ出来ないと思ったので、すごかったです。津波について研究するだけでなく、ハザードマップも作成していて、実用化しているところもすばらしいと思いました。津波の実験が工夫されていてとてもおもしろいと思いました。

『ゆめソーラー館やまなし』にて自然科学同好会が実験教室を行いました

8/5、自然科学同好会が山梨県庁企業局電気課の方々と共同で、甲府市にある米倉山太陽光発電所PR施設「ゆめソーラー館やまなし」にて夏休みの実験教室を行いました。
「ゆめソーラー館やまなし」は、環境学習の場や情報発信の拠点として、再生可能エネルギーなどに関する理解を深めることを目的として建てられた施設です。
本校が取り組んでいる太陽光などの再生可能エネルギーを全面に紹介する場であることから、今回はソーラークッカー作成と太陽炉の紹介を中心に行いました。
小学生とその保護者を1家族1テーブルとして、ソーラークッカーの原理と活用法の説明を行い、あらかじめ切り出しておいたダンボールの破片を組合せてソーラークッカーを作成しました。
電気やガスと言ったエネルギーを使うことなく調理できる方法として、参加したたくさんの方に興味をもっていただくことができ、今回も、再生可能エネルギーを普及するよいきっかけとなりました。

岐阜県飛騨市にあるスーパーカミオカンデを見学しました

8/19~20、SSHの国内研修として、スーパーカミオカンデ・カムランド・重力波測定装置CLIO、和仁農園の有機農法施設の見学及び研修を実施しました。

研修1日目(8/19)
東京大学研修所にてスーパーカミオカンデ・カムランド・CLIOの先生方の講義を受けました
研修2日目(8/20)
実際に入坑し、スーパーカミオカンデ・カムランド・CLIOの施設の見学と説明を受け、和仁農園の説明、堆肥施設を見学しました

【生徒の感想】
■講義について
・事前学習より、詳しくスーパーカミオカンデについて学ぶことができました。実験操作はほこりなどが入らないよう、手作業で作られているということですごいと思いました。ニュートリノは超新星爆発だけから出ると思っていたので、太陽や原子力発電所からも出ていると聞き、驚きました。
・太陽からのニュートリノにより、太陽が核融合で光っていることの直接的な証拠である、ということが印象に残りました。ニュートリノが別の種類に変化する現象、「ニュートリノ振動」について興味が湧きました。
・ニュートリノは今までの自分の常識で考えてはいけないのかな、と思いました。スーパーカミオカンデの光センサーの模型を見たけれど、意外と大きく、これが1000本あるとはすごい、と思いました。
・先生のお話は、私たちがまだほとんど学んでいないのにもかかわらず良くわかるような話し方でした。改めて、今回すごい施設に来られたなと思いました。世界的にもすごいスーパーカミオカンデに興味が湧くような講義でした。

■実際に見学をして
・坑内は思っていたよりずっと寒かったのでビックリしました。実際にコントロールルームのニュートリノのデータを見ることができたり、光電子倍増管を見ることができて貴重な体験ができました。(スーパーカミオカンデ)
・液体シンチレーターについては難しい事が多かったのですが、見学してみてわかることがありました。バルーンは見た目が普通に見えましたが、その中に色々な技術があると知り、感慨深くなりました。(カムランド)
・施設の中にパイプがあり、そのパイプの先まで歩いて行きました。結構距離があって大変でした。1個100万円以上もするサファイヤの鏡を持たせてもらいました。すごく緊張したし重かったです。(CLIO)

【謝辞】国内研修に当たり、坑内施設等の手配をしていただいた飛騨アカデミーの石橋様、講義をしていただいた先生方、また、それぞれの施設の方々に感謝申し上げます。

スーパーカミオカンデ詳細はこちら↓

http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/sk/index.html

高校3年 権守志帆子 第8回日本東リジョン・ユース・フォーラムで論文賞を受賞

高校3年の権守志帆子さんが国際ソロプチミストアメリカ日本東リジョンの第8回日本東リジョン・ユース・フォーラムで論文賞を受賞し、山梨日日新聞(9/21付)に掲載されました。


山梨日日新聞 2013年 9月21日付

 

「おやじの会」結成  山梨日日新聞に掲載されました

山梨英和中学校・高等学校生の父親たちが「おやじの会」を結成し、山梨日日新聞(9/20付)に掲載されました。

 
山梨日日新聞 2013年 9月20日付

国体セーリング競技に中3生が出場します

国体セーリング競技に中3生が出場します

国民体育大会セーリング競技に、中学3年小屋英美里さんが出場します。セーリング競技の「少年女子シーホッパー級SR」という種目に山梨県の代表として出場を決めました。

「出場するからには優勝を目指します! 知り合いの選手もいるので、ライバルに負けないようにがんばります!」と抱負を語ってくれました。一般的には、ややなじみの薄いセーリング競技ですが、オリンピック競技としても注目されつつあります。

「とにかく楽しい。風を身体で感じて、ヨットに乗ると海が大好きになります。」と魅力を語る目は、生き生きと輝いていました。

9月28日がトライアルレース、29日から10月2日まで4日間の日程で、東京都江東区若洲海浜公園で行われます。どうぞ応援よろしくお願いします。

 

中学入試説明会ご参加ありがとうございました

中学入試説明会ご参加ありがとうございました

9月23日中学入試説明会が開催されました。たくさんの小学生と保護者の皆様にご参加いただきました。2014年入試に向けての準備や心構え、各教科の過去問を使っての解説に、熱心にメモを取りながら耳を傾けていました。

昨年度から導入された「英語(選択)入試」については、去年出題されたWatch and Listen の映像を見ながら実際に問題に取り組んでみました。また、「スカラシップ選考」についても関心が高く、勉強への取り組みのモチベーションを高める良い制度との感想もいただきました。今回、参加できなかった方はぜひ第2回の説明会にお越しください。

第2回中学入試説明会

 10/5(土)10:00~ 山梨英和中学校にて

詳細、申し込みはコチラ

 

「中学入試説明会」様子が山梨日日新聞に掲載されました

高校聖歌隊 全日本合唱コンクール関東支部大会 銀賞

9月22日(日) 第68回全日本合唱コンクール関東支部大会(新潟市民芸術文化会館)が行われ、47校が出場し、山梨英和高校聖歌隊が『銀賞』を受賞しました。1,2年生25名が出演しました。

ご声援ありがとうございました。

 

放送礼拝 青柳先生

放送礼拝 マタイによる福音書18章21~22節

7月に行われた生徒会立ち会い演説会の時に、立候補者の人たちが、自分の生徒会への抱負を堂々と語っていましたが、その中で、多くの候補者のみなさんが、そろって「挨拶運動」とか「みんなが挨拶のできる学校」ということを目標の1つに掲げていたのがとても印象に残っているのですが、みなさんも覚えていることと思います。私も日頃から、朝、立門をしている時など、こちらから挨拶をしても、全く返事をしない生徒がいるのをとても残念に思っていましたので、生徒会のリーダーになろうという生徒たちから、「互いに、挨拶することができる学校に」という言葉を聞いて、たいへんうれしく思いました。そして、その話を聞きながら、昔見た、ある映画のことを思い出していました。

それは少し前のアメリカが舞台の「ペイ・フォワード」という題の映画ですが、主人公は中学1年生のトレバーという名前の少年で、彼は社会科の授業でこんな宿題を出されました。「もし、君たちが世界を変えたいと思ったら何をしますか?世の中を変える方法を考えてみましょう。そしてそれを実行してみましょう」というものでした。そこでトレバー君は、「善意を次へ渡す」という運動を考えます。善意とは文字通り、良い行い、という意味ですから、善い行いを次へ渡す」と運動ということですね。 さてこの運動の仕組みはというと、ひとりの人が3人の人に親切にしてあげます。そして、その親切にされた人は、お返しをその人に返す、ペイバックするのではなく、別の新たな3人に善い事をする、ペイフォワードという仕組みでした。映画のタイトルにもなっているpay forwardという英語は、payはお金、注意や敬意を払う、または報いるという意味の動詞で、forwardとは先へ、前へ送る、という意味です。何かを人からされて、お返しをしたのではプラス・マイナス・ゼロですが、そのお礼の気持ちを別の新しい3人の人に渡してあげる、これがうまくいけば、世の中はあっという間に親切な行いにあふれるはず、そう考えて、さっそくトレバー君はそれを実行するのですが、なかなか思うように進まず、というお話です。

このペイフォワードの運動をたとえば、挨拶をするということで、あなたが実行してみるとしましょう。朝、出会った人に笑顔で挨拶される。すると、それだけで、いい一日が始まる気がして、自分も笑顔で、別の3人に挨拶をしてみる。1日目3人、2日目9人、 10日目17万7147人、21日目には、104億6034万人、つまり60数億人の世界中のみんなが、気持ちの良い朝を迎えることができることになります。たとえ、何か悩みがあって、暗い気持ちであっても、もしかして、あなたが始めた笑顔の挨拶がバトンのように前へリレーされて、世界のだれかが、元気になることができるかもしれないと考えると、世界を変えるとまではいかなくても、何だかわくわくしてきませんか?

笑顔で挨拶する、ただそれだけのことですが、実は挨拶するということは、まず自分が、その相手の存在を認めるという気持ちから始まるものです。相手に憎しみや敵意を抱いていては、挨拶はできないことです。みなさんも経験があると思いますが、誰かとけんかをしていたら、その人に挨拶なんてしたくないですよね。「あんな人許せない」と思う気持ちは、実は、私達の心を、がんじがらめに縛るものです。そんな気分だとたとえ、自分で石につまづいても、誰かれと八つ当たりしたくなり、まわりのみんなまでもいやな気分にさせます。これは、「良いことを次へ渡す」ペイ・フォワードとは逆の、「いやな気分」を人に渡していることになってしまいます。

初めに読んだマタイによる福音書では、「何回ゆるすべきでしょうか?」というペトロの問いに対して、イエスは「七回どころか、七の七十倍までも許しなさい。」、言い換えれば、「際限なく許しなさい」と答えています。イエスは、人をなかなか許すことができない私達人間の弱さをご存じで、だからこそ、そのような気持に縛られていてはだめですよ、相手を許しなさい、そして、その人の事を認め、敬い、愛することによって、私達の心は解き放たれるのですよという、真理を教えているのだと思います。

同時に、私達は、神様から、人を愛することができる力を与えられているということを忘れてはいけないと思います。そして、その力を信じて、人を恨んだり、憎むのではなく、出来るだけ、人を愛する努力をすることが、私たちの使命であると言えるのではないでしょうか。
最後に、インドで一生涯を、貧しい人々や病める人々に捧げたマザー・テレサが、生前来日した時に残した言葉を紹介したいと思います。

「大事なのは大きなことではない、ささやかなことなのです。あなたがちょっとほほえむだけでいいのです。小さなことでいいのです。そこから愛は始まるのです。」

お祈り

神様、新しいこの1日を私達に与えて下さり、ありがとうございます。今日、この一日も、私達が、神様が私達を許し、愛して下さったように、互いに、許し合い、助け合って、過ごすことが出来ますように。私達の今日の歩みをどうぞ見守り、正しい道へと導いて下さい。この祈りを主イエス・キリストの御名を通して、御前におささげします。  アーメン。

東京大学へ一日入学をしました

7/12、東京大学(大学院農学生命科学研究科)1日体験入学を実施しました。
東京大学の教授による講義や大学院生との交流、学食体験や地震研究所見学、研究室見学、校内散策など多くの体験をすることができました。
【生徒の感想】
・リモートセンシングは戦争によって発展し、可視光線や赤外線を用いて調べるものだと知りました。また、造花か本物かを見分けるためには、赤外スペクトルで調べることがわかりました。可視光の反射率がほとんど同じだから人間には見分けることが出来ないそうです。(講義より)
・実際に東大の学生のお話を聞いて、寝ることも大切だと思いました。お話を聞いた3人とも高校時代には部活をしていて忙しかったけど、その中で勉強時間を取っているということを聞いて私ももっと頑張らないと大学に行けないと思いました。(大学院生との交流より)
・新しい技術だと思っていたものが、その中に用いられている根本的な理論は、何百年も前に生み出されていたものだとは思わなかった。その理論に勝るものが今後生み出されればいいなと思いました。(地震研究所見学より)
・カルスが見られました。まだ生物の授業で習ってはないので難しかったが、最初に教授が説明してくださりわかりやすかったです。大型の機械を使って、大規模な実験をやって、将来に役立てる。大学はすばらしいところだと思いました。(研究室見学より)

【謝辞】この行事を進めるに当たり、多くの準備をしていただいた東大教授の井上先生・露木先生、また、地震研究所や農学部の山川先生に感謝申し上げます。