SSH,活動報告

11月2013

山梨県立科学館にて自然科学同好会が科学ボランティアに参加しました

 

11/23、山梨大学、帝京科学大学、その他県内の中学校の生徒とともに山梨県立科学館にて自然科学同好会が科学ボランティアを行いました。

親子連れなど多くの方々が本校のソーラークッカーのブースを訪れてくれました。ボランティア内容は、ソーラークッカー展示・その有用性の説明に加え、科学館より指定された子供向けの実験教室を4ブースほど担当しました。内容は、物理系実験が3つ、化学系実験が1つでした。

ゴールデンウイーク時同様、テラスに設置したソーラークッカーのブースでは、9月の環境科学会2013年会で優秀発表賞を頂いた「太陽熱を利用した廃食油からのバイオディーゼル燃料生産」のポスターを展示し、担当の生徒が詳しく説明を行いました。

11月ということもあり、ソーラークッカーの温度上昇が心配されましたが、雲一つない快晴だったため、南中高度を合わせると逆に夏より集熱率がよく、実演で行った目玉焼きは夏より早い時間の1分ほどで焼けました。今後も熱量と光量の関係を調べていきたいと思います。