進路行事

3月2014

高校1年生と2年生が卒業生の合格体験談を聞きました

3月13日(木)に高校1年生と2年生が、先日卒業したばかりの先輩方から合格体験談を聞きました。系統の異なる学部学科に進学を決めている卒業生7人は、各自が工夫した勉強の仕方や学校での授業の大切さ、時間の上手な使い方、また、志望校を絞るまでのプロセスや最後まで粘り強く挑戦を続けることの大切さなどを、わかりやすくお話ししてくれました。在校生からの質問タイムには、「どうやって課外活動と勉強を両立させたのか?」、「数学が苦手なのだが、先輩はどのような工夫をしたのか?」などの問いに、卒業生も身振り手振りを交えながら、一生懸命答えていました。いよいよ受験生とドキドキしている2年生、まだ受験への実感が湧かない1年生も、先輩からの貴重なアドバイスに熱心に耳を傾け、次年度への気持ちを新たにしたようです。忙しい中を後輩のために時間を割いてくれた卒業生に感謝し、これからの活躍を英和から見守っていきたいと思います。

               

中学1年生と2年生が高校3年生の合格体験談を聞きました

2月25日(火)のホームルームに、中学1年生親子が、高校3年生4人の先輩方から合格体験談を聞きました。先日の大雪のため進路学習会が中止となってしまった中2の生徒も参加し、先輩たちの貴重な体験に耳を傾けました。高校3年生は、各自が工夫した、時間の有効活用法や勉強方法を始め、学校での授業の大切さ、また、こんな事をしておけば良かったなど、3年間を振り返りながら、わかりやすくお話しをしてくれました。保護者の方々が熱心に頷きながら聞いている姿も見受けられました。春はまだまだですが、希望に胸を膨らませた高3生の姿に、温かな気持ちにさせられた一時でした。