4月2014

放送礼拝 語学部 

コリントの信徒への手紙一12章12~22節 語学部

 

先日、ある雑誌を読んでいたところ、とてもめずらしいと感じる意見に出会い、興味を持ちました。それは、家族の存在意義についての文章でした。筆者は家族の定義について、次のように書いています。

「血がつながっているということが一般的な定義かもしれないが、より大きく明確な、メインの目的がある。家族とは、社会での人との付き合い方を学ぶ場であり、血のつながりは、家族のメンバーにとっていつでも帰れる『家』という場所をつくるための、メンバー集めの基準でしかないのである。」

私は、家族といえば、血の繋がった人たちの集まりだと思っていたので、家族に目的があるという主張にまず驚きました。筆者は、「社会での人との付き合い方を学ぶ」ことが家族の目的だと書いています。さらに、家族であれ、他の集団であれ、ひとつのグループとして活動するときには、そのグループの目的を考えるべきだとも書かれていると、私は解釈しました。

しかし、ニュースなどを見ていると、家族の中で「社会での人との付き合い方を学ぶ」という目的が、必ずしも達成されていないように思われます。親が自分の子どもを甘やかしすぎたり、逆に充分な世話をしなかったり、あるいは、子どもが親に感謝の気持ちを持つことを忘れて暴力をふるってしまったり、最終的にどちらかがどちらかを殺してしまうという事件も起こっています。このような状況は、本来の目的を忘れて活動している家族の姿であると言えます。

このことを部活動に置き換えて考えてみます。クラブという集団の持つ目的とは、何でしょうか。またその目的は、部活動の中で達成されているでしょうか。私の所属している語学部の最大の目的は、「劇を通して、人に何かを伝えること」だと私は思います。しかし、この大切な目的を、時々忘れてしまうことがあります。私たちは、少しでも良い劇を創り上げるために日々活動していますが、練習よりも、演出会議という名のおしゃべりタイムが始まってしまうことが、たびたびあります。また、自分のセリフで精一杯だったり、自分が目立つことしか考えていないことで、人に何かを伝えるという目的を果たせないこともあります。

このように1人1人が役割を忘れ、果たせないことで、結果的にそのグループ全体としても役割を果たせていないことになります。この状況を改善するためには、それぞれグループに属するメンバー全員が、役割を心がけて活動することが必要です。私たち一人ひとりは、集団の中にあって、その集団がどんなに大きなものでも、それぞれが役割を持った大切な存在です。その一人ひとりの働きが、全体の働きを決定します。私たちの部にあっても、一人ひとりがしっかりと役割を果たし、全体として良い作品を創り上げ、上演していきたいと思います。また、私自身も英和を巣立ち、さらにいろいろなグループに属したときにも、本来の目的を忘れず、自分の役割を果たしていきたいです。

 

お祈り

神様、今朝も、放送を通してですが、皆と共に礼拝をまもれたことに感謝いたします。今日は、集団のなかの一人ひとりの働きが、全体の働きを決定すること、それ故に、私たちそれぞれが皆大切な存在で、不必要な者など1人もいないということをお話しました。私の話が、少しでも長く、皆の心にとどまりますように。最近は、日によって寒暖の差が激しく、体調を崩している者もいるかもしれませんが、皆をお守りください。今日1日、皆が無事に過ごせますように。願いばかりの祈りですが、尊き主、イエス・キリストの御名によって、御前にお捧げいたします。アーメン。

 

 

アンネのバラⅡ世

本校の学生歌の1番に

あの坂道を登った先に 私の好きな笑顔がみえる
自分と向き合う礼拝の日々 窓に映った甲府の景色
乙女花壇のアンネのバラは いつも私に元気をくれてた
スカートの裾ひるがえし チャペルへかけてゆく
あなたの背中を目で追った
Go your own way この一瞬を忘れない

  とありますが、この4月1日に本校の「乙女花壇」に「アンネのバラⅡ世」を植樹しました。もともと「アンネのバラ」は、ベルギーの園芸家デルフォルゲ氏が、アンネ・フランクの平和への願いを伝えるため「アンネの形見のバラ」と名づけて、家族でたった1人生き残ったアンネの父オットー・フランク氏に贈ったものです。1972年、オットー氏は世界の人々に平和の大切さを伝えるため、自分が育てたバラを日本にも贈りました。そして、兵庫県西宮市の「アンネのバラの教会」のご好意で、2004年2月に山梨英和中学校に寄贈され、「乙女花壇」に植えれられたものです。その木は昨年、虫のために枯れてしまったのですが、本校元教諭の堀君彦先生が、その木が枯れる前に枝を挿し木にして大切に育ってて下さっていて、再び「乙女花壇」に「アンネのバラ」が復活しました。

「赤毛のアン展」に聖歌隊ハンドベルが花を添えました

ハンドベルの音色で華やかに「赤毛のアン展」オープン!

岡島百貨店「赤毛のアン展」オープニングセレモニーに、本校聖歌隊がハンドベル演奏で花を添えました。

当日は、ご挨拶やテープカットに続き、「モンゴメリと花子の赤毛のアン展」テーマ曲「ANNE」を作ったハーフムーンさんの歌とハンドベル演奏のコラボもあり、とても華やかなオープニングセレモニーとなりました。

展覧会開催中に連続テレビ小説「花子とアン」も放送開始となり、展覧会も盛況となりました。

文芸部・図書委員会による手作り「村岡花子展」開催中

文芸部・図書委員会による「村岡花子展」のご案内

連続テレビ小説「花子とアン」の主人公・村岡花子さんは、山梨英和女学校で英語の教師をされていました。山梨英和中学校・高等学校の文芸部・図書委員会による手作りの「村岡花子展」が開催中です。「花子とアン」の魅力満載です。皆さまどうぞお立ち寄りください。

日時 3月31日(月)~

時間 平日9:00~16:30 (事前申し込みにより見学を受け付けます)

   *土日・祝日など学校の休業日は見学できません。ただし、外観の見学のみは可能です。

場所 山梨英和中学校メイプルホール(中学校事務所をおたずねください)

「事前申し込み」方法

希望日時,代表者名,住所,電話番号,人数(20名以下程度)を明示明記し

電話にて(055-252-6184)  Faxにて(055-251-7468))

メールにて js-nyushi@yamanashi-eiwa.ac.jp

受付いたします。不明な点は、お問い合わせください。
展示内容

『赤毛のアン』の舞台プリンス・エドワード島のジオラマ

『赤毛のアン』の切り絵

『赤毛のアン』の翻訳にチャレンジ

「花子とアン」の記念撮影用パネル

村岡花子の年表

村岡花子訳本のPOPカード

村岡美枝さん恵理さんへのインタビュー記事パネル  村岡花子展チラシ【山梨英和】

2014年度新入生歓迎会

4月10日、新入生歓迎会が行われました。

部活紹介では、クラブ・同好会あわせて19団体がそれぞれ個性あふれるアピールを行い、会場は大きく盛り上がりました。新入生のみなさん、先輩はみなさんの入部をとても楽しみに待っています。部活ツアーも参考にしてくださいね。

山梨英和高校 入学式

山梨英和高等学校 入学式おめでとうございます!

4月7日午後1時30分より、山梨英和中学校・高等学校グリンバンクチャペルを会場に2014年度入学式が挙行されました。聖書朗読と讃美歌に続き、新入生全員の名前が呼ばれ入学を許可されました。 三井貴子校長より「10年後の自分を見つめて、他者のために何ができるかを見つけてください!」と励ましの式辞を送られました。風間重雄院長からの祝辞では「未知なるものに対する勇気を持って、前を向いて進みましょう」と高校生としての自覚を促されました。上原重樹PTA会長からも「受け身ではなく、自ら考え、行動する高校生活を」との祝辞をいただきました。 その後、クラスHRでの新しい担任の先生や友だちとの出会い、集合写真を撮るころにはもうすっかり高校生の顔つきになっていました。明日からの高校生活、神様に守られ、勉強も部活動も一生懸命、自分らしく過ごしてほしいと願います。

 

山梨英和中学校 入学式

山梨英和中学校 入学式おめでとうございます!

4月7日午前9時より、山梨英和中学校・高等学校グリンバンクチャペルを会場に2014年度入学式が挙行されました。聖書を読み、讃美歌を歌い、新入生全員の名前が読み上げられ、入学を許可されました。 三井貴子校長より、校訓「敬神・愛人・自修」をもとに「皆さんは神様に選ばれた一人です。これからの6年間は、皆さんが最も成長するときです。キリスト教との出会いを大切にしてください。」との式辞が送られました。クラスHRで新しい担任の先生や友だちと出会い、集合写真では少し大人びた顔を見せていました。 少し緊張した一日でしたが、最後にPTAの皆さんが企画してくれたティーパーティーのひととき、ジュースとケーキをいただき、元気な笑顔も見られました。明日からの中学生活、神様に守られ、一人ひとり生きいきと過ごしてほしいと願います。

iPad活用が日本経済新聞に掲載されました。

授業でのiPadの活用が日本経済新聞(2/22付)に掲載されました。


日本経済新聞 2014年 2月22日付

高校3年生 泉宗真帆さん 山梨日日新聞 「10代の意見」に 掲載

高校3年生の泉宗真帆さんが山梨日日新聞 「10代の意見(3/31付)」に 掲載されました。


山梨日日新聞 2014年 3月31日付

高校3年生 坂本詩織さん 山梨日日新聞 「10代の意見」に 掲載

高校3年生の坂本詩織さんが山梨日日新聞 「10代の意見(3/29付)」に 掲載されました。


山梨日日新聞 2014年 3月29日付