9月2014

茶道同好会礼拝

ルカによる福音書10章38節~42節

皆さんは初めて人に出会ったとき、どのような事を思いますか?
中学生、高校生になると緊張してなかなか思うように話ができない人も多いと思います。「何を話したら良いのか」「自分は相手にどう思われているのか」などを考えながら、言葉を1つ1つ慎重に選びながら会話をしているのではないでしょうか。中学校に入学した時、クラス替えをしたとき、大学に入学したとき、社会人になったとき・・・私達はこれまでも、そしてこれからも沢山の人々と出会い、同じ時間を共有してきましたし、していくことになります。

そんな人との出会いの時、私はいつも意識する言葉があります。それは、茶道でよく耳にする「一期一会」という言葉です。お茶会にきてくださった方に最高のおもてなしをするということで、例えその人に初めて会った場合でもこの心は大切にしなければなりません。沢山の人が暮らしている世の中で、その人に巡り会えた事が奇跡で、その奇跡を大切に思って丁寧にお点前をする。これがお茶の心です。心のこもっていないお茶はおいしくありません。たとえ、友達同士でお点前をしていても、1つ1つの動作をいい加減にしてしまったり、話をしながらお茶をたてたりしていると自分では気づかないうちに細かい所にその時の心が出てきてしまいます。また、茶道では「皆さんを歓迎します」と声に出さずにおもてなしの心を相手に伝えなければなりません。では、どのようにしておもてなしの心を伝えれば良いのでしょうか?それは丁寧に物事に取り組む姿勢や感謝する思いを動作によって伝えることです。声に出せないからこそ、動作に心を込める必要があるのです。そして、動作によって感謝を伝えるということがおもてなしの心だと考えています。
おもてなしの心は、お金をかけたり、特別なことをしたりしなくても、だれもが持っている心です。毎日の生活の中で、自分の周りの人に、言葉では恥ずかしくても動作によって感謝の気持ちを伝えられるのではないでしょうか。

また、2020年には東京オリンピックが開催されます。日本の技術だけでなく、招致活動の際有名となった日本人の人を思いやる「おもてなし」の心も世界中の人々に伝えられたらいいと思います。

第25回グリンバンク杯 山梨県中学生英語コンテストのお知らせ

第25回グリンバンク杯山梨県中学生英語コンテストのページにお越し頂き、ありがとうございます。

このコンテストは「英語のコミュニケーション能力」を競う
とてもユニークなコンテストです。大会は3部構成で展開されます。

第1部:1分間スピーチ
第2部:個別インタビュー
第3部:集団インタビュー

となっています。インタビューはネイティブスピーカーの 先生が 質問をします。このコンテスト専用のテキストとCDが あるので、 事前に十分に準備が出来るようになっています。

英語でコミュニー ケーションをとるのが大好きな中学生のみな さん、英語上達の チャンスをつかみたい中学生のみなさんの 積極的な参加をお待ちしています。

参加のお申込は中学校の先生方を通しての受付となります。実施要項やテキストは山梨県内の中学校、長野県の一部中学校にすでにお送りしてありますが、必要な場合はご連絡下さい。お送り致します。

なお、ホームページのシステムの都合上、音声データを添付することが出来なくなっております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、CDをお送り致しますので、必要な方はご連絡下さい。

第25回グリンバンク杯山梨県中学生英語コンテスト実行委員会

 

各用紙はこちらからダウンロードできます。

■ 2014年度 実施要項

■ 2014年度 参加申込書

■ 2014年度 1分間スピーチ原稿用紙

 

山梨英和創立125周年記念コンサート「鈴木秀美と仲間たち」の開催について

山梨英和創立125周年を記念して、記念コンサート「鈴木秀美と仲間たち」を開催いたします。

日 時 2014年10月25日(土)午後5時開場、午後5時30分開演

場 所 山梨英和大学グリンバンクホール(甲府市横根町888)

入場料 無料
125周年コンサートチラシ (PDF:1.7MB)

 

お問い合わせ 学校法人山梨英和学院法人本部総務部
TEL  055-223-6010
E-MAIL inc-office@yamanashi-eiwa.ac.jp

祝 高校聖歌隊 全日本合唱コンクール関東支部大会 銀賞

9月28日(日)、第67回全日本合唱コンクール関東支部大会が茨城県で行われました。関東の強豪25校が集う中、高校聖歌隊は見事銀賞を獲得しました。

おめでとう!!!

(写真は後程追加しますので楽しみにしていてください。)

高3面接マナー講座開催 -品格ある女性らしく-

9月10日(水)に毎年高校3年に人気の講座、「面接マナー講座」が開催されました。推薦入試や国公立二次試験に備えて、高校3年生90名が参加し、面接の心構えやマナー、ドアの開け閉めやお辞儀の仕方などきめ細かな指導を、元客室乗務員の千代田真紀先生(キャリアステージ、キッズコーポレーション)から受けました。指導を受ける前と後とでは、お辞儀の仕方やあいさつの発声法なども大きな進歩が見られました。「面接はもちろんですが、普段から相手の目を見てきちんと話し、気持ちを伝えるように心がけることが大切」というアドバイスもいただきました。
かつて本校で教鞭をとられていた村岡花子先生のようにはいきませんが、将来、生徒たちにも「ごきげんよう」が似合う女性になって欲しいと思います。今まで以上に「英和生」らしく!

矢崎園名誉理事長追悼記念礼拝に寄せて

矢崎先生を偲んで

2014年9月18日
山梨英和中学校高等学校 校長 三井貴子

「在天の父なる御神、今日も美しい朝(あした)をありがとうございます。」これは矢崎園先生の朝の礼拝のお祈りのはじめの言葉です。朝(あした)というのは朝(あさ)の古語なのですが,この言葉の使い方になじみの薄い生徒たちは最初戸惑うのでした。「矢崎校長先生は関東大震災を経験なさっているのですよ」と生徒に言うと目をパチクリして驚いていました。それもそのはず,矢崎先生と生徒の年齢差は最大70歳ほどもあったのですから。
私が初めて矢崎園先生にお会いしたのは、大学4年生で教育実習生として母校に戻った時でした。小柄ではあるけれど先生は大変存在感がありました。大変失礼なのですが、矢崎園という名前はとても整っていて美しいと思いました。また園という名前はオシャレだなと率直に思いました。教育実習生にかけられた言葉は「あーたたちね、教師になるということは大~変なことなんです」でした。実習中は、無我夢中でその意味を表面的にしか理解することはできませんでした。
その後、山梨英和中学校・高等学校の教師となり,矢崎先生から教えていただいたことは数多くありますが,今日は3点に絞ってお話しします。
まず第1に「教師としてのプロ意識」です。矢崎先生からは「常に向上心を持って学び続けなさい」と指導されました。この点に関しては、非常に厳しい面もありました。結婚式でも主賓としてスピーチくださったのですが、事前に「教師として貫く意志があるかどうか」確認されました。また、私が第1子を出産し復帰の時期を相談した折には「三井先生、現場をあまり長く離れるのはよくありません。また、離れている時期も学び続けなさい。それがプロというものです。」と言われ、背筋が伸びる思いでした。矢崎先生ご自身も常に学んでおられ、相当の読書量でありました。礼拝を通して紹介してくださった本も数多くあり、私も出来る限り読むように心がけました。しかし、当時の私は目の前にいる生徒たちに向き合うのが精一杯で、その状況に甘んじて十分に学んでこなかったと深く反省しています。
第2に「相手の立場に立って物事を判断する」事です。物事を判断するときに、絶対に譲れないものを中心に置きながら、柔軟な考え方をお持ちでした。これは山梨英和の校訓である「敬神・愛人・自修」を正に実践しておられました。時には驚くような決断をなされ、若い私には理解できないこともありましたが、規則に縛られて四角四面に物事を捉えるのではなく、相手の立場や様々な状況に配慮し熟慮した上で判断されていたように思います。今になって、ようやく先生のお気持ちが少し理解できるようになりました。
最後に「身だしなみ」です。先生はTPOをわきまえた服装をすべきであると私たち教職員に指導されました。これは「相手に対する敬意である」とおっしゃっていました。お客様がいらしたときの気配りにも心を砕いていらっしゃいました。これもまた校訓である「敬神・愛人・自修」につながるものです。常にきちっとしたスーツをおめしになり、相手への敬意を示しておられました。上品な紫色のスーツを着て、微笑んでいらっしゃる先生の姿が今でも目に浮かびます。
先生は現職を退かれた後も、様々な相談にのってくださいました。
一度決めたことは最後まで貫く意志の強さと、他者への思いやりを持った愛情あふれる矢崎先生は、今も私たちの心の中に存在し励ましてくださっているように思います。
エフェソの信徒への手紙4章2節には「一切高ぶることなく、柔和で、寛容な心を持ちなさい」とあります。矢崎先生自らがこの聖句を実践し、私たちに示してくださったと思います。
矢崎先生、先生が創立100周年記念事業で備えられたパイプオルガンの音色、山梨英和中学校高等学校聖歌隊による高らかな賛美が先生の元に届いたでしょうか? 矢崎先生の教えを胸に、山梨英和のぶどうの枝に連なる一人として、一歩一歩確実に前進したいと思います。矢崎先生、本当にありがとうございました。

故 矢﨑 園名誉理事長追悼記念礼拝が行われました。

9月20日(土)午後2時より、中学校・高等学校グリンバンクチャペルにおいて、去る6月11日に天に召された故矢﨑 園名誉理事長追悼記念礼拝を行いました。礼拝にはご遺族をはじめ、多くの同窓生、在校生、保護者、現・旧教職役員など約250名が参列し、一同で哀悼と祈りの時を持ちました。

 

創立125周年記念講演で英和の歴史を学びました

 今年山梨英和は創立125周年を迎えました。これを記念して9月18日、「村岡花子を通して英和の歴史を学ぶ」というテーマで講演会が開催されました。講師は山梨英和中高で社会を教えておられた深澤美恵子先生です。NHKのテレビ小説「花子とアン」で全国に親しまれるようになった「村岡花子」は、今からちょうど100年前、山梨英和が創立して25年目に英語教師として赴任なさいました。この時期は、山梨英和の教育が山梨に根を張り始めた時期と重なっています。講師の深澤先生は同窓会が出版した『礎のときを生きて』の編集に深くかかわり、戦争や時代の流れの中で紛失していた数々の資料を、丹念に探し集めてこられました。

 この日の講演で、安中(村岡)花子先生のドラマとは違う実像と、英和の創生期からの歴史を、数々の資料とともに学ぶことができました。驚きの連続の講演で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。講演を聞き、私たちが生活している山梨英和について更に知りたいと思い、同時に英和生として今ここにいられることの幸せを実感しました。

 

 

 

 

 

山梨日日新聞 「10代の意見」 掲載

高校2年生の栗原香子さん、河野広奈さん、小林ももほさん、小池真由さん、高橋瑞希季さんが山梨日日新聞 「10代の意見」に 掲載されました。

2014年8月13日付 山梨日日新聞 「10代の意見」 高2 栗原香子


2014年8月14日付 山梨日日新聞 「10代の意見」 高2 河野広奈


2014年8月18日付 山梨日日新聞 「10代の意見」 高2 小林ももほ


2014年8月25日付 山梨日日新聞 「10代の意見」 高2 小池真由

 


2014年9月18日付 山梨日日新聞 「10代の意見」 高2  高橋瑞季

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山日8/13付『10代の意見』に高校2年生の栗原 香子さん
山日8/14付『10代の意見』に高校2年生の河野 広奈さん
山日8/18付『10代の意見』に高校2年生の小林 ももほさん
山日8/25付『10代の意見』に高校2年生の小池 真由さん
山日9/18付『10代の意見』に高校2年生の高橋 瑞季さん

 

中学2年生 小宮山 遼さん 「少年の主張」県大会優秀賞

中学2年生の小宮山遼さんが、「少年の主張」県大会で優秀賞を受賞しました。

2014年8月24日付 山梨日日新聞