進路行事

3月2015

高校1年生と2年生が卒業生の合格体験談を聞きました

3月17日(火)に高校1年生と2年生が、先日卒業したばかりの先輩方から合格体験談を聞きました。系統の異なる学部学科に進学を決めている卒業生6人は、各自が工夫した勉強の仕方や学校での授業の大切さ、時間の上手な使い方、また、志望校を絞るまでのプロセスや最後まで粘り強く挑戦を続けることの大切さなどを、わかりやすくお話ししてくれました。いよいよ受験生とドキドキしている2年生、まだ受験への実感が湧かない1年生も、先輩からの貴重なアドバイスに熱心に耳を傾け、次年度への気持ちを新たにしました。
忙しい中を後輩のために時間を割いてくれた卒業生に感謝し、これからの活躍を英和から見守っていきたいと思います。

高校2年生親子対象に進路講演会を実施しました

去る2月20日(金)に、(株)ベネッセコーポレーションの松崎様を講師にお迎えして、高校2年生親子対象の進路講演会を実施しました。「受験0学期」にいる高校2年生が、自分の可能性を広げるため、今すべきことを中心にお話しいただきました。特に、センター試験までに残された日数はあと224日、その過程で受験科目は安易に減らさない、そして推薦入試・AO入試という一見すると学力が必要ないように見える入試も、近年、基礎学力を求められる場面が増加している、などのお話がありました。また、大学入試において教科書の範囲から出題される割合は、センター試験が100%(そのうち80%は高1・2年生の教科書から出題される)、私立大学入試が70%~80%となっているという説明もありました。なりたい自分になれるよう、学校の授業を大切に、この春休みを有意義に使って欲しいと激励の言葉をいただきました。