進路行事

5月2015

2つの親子進路学習会(高校3年生と2年生対象)を行いました

5月には大切な説明会が2つあります。まず、1つは高3親子対象「推薦・AO入試説明会」です。今年は5/15(金)の初夏を思わせる暑さの中、多くの保護者の方々にご参加いただき、早い時期から始まるAO等の受験に向けて、準備や手続き、校内でのスケジュールなどを確認しました。また、2020年の入試改革に向けて既に変わりつつある大学入試についても、外部英語検定試験導入を例に、情報を得るよい機会となりました。
2つ目はその1週間後に行われた高2親子対象「スタディサポート分析会」です。(株)ベネッセコーポレーションの服部健治氏を講師にお迎えし、入試に関する基礎知識とスタディサポートの分析を踏まえ、今後の学習において取り組むべき点、改善点などをお話しくださいました。高3生にとってはもちろんのこと、高2生にとっても日々の授業にどれくらいしっかり取り組めているか、模試によって明確になった弱点をいかに克服していくか、忙しい中でいかに有効かつ効率よく時間を使っていくか、が受験に勝つキーワードとなります。これにプラス、保護者の方の支えが大きな力となります。
引き続き、生徒それぞれの希望進路実現を目指し、多方面でのサポートを続けていきます。

「山梨英和主催進学相談会(高校生及び保護者対象)」を実施しました

5/15(金)夕方から、本校主催の進学相談会をベルクラシック甲府にて実施いたしました。昨年から始まった校外での相談会ですが、今年は更に参加校も増え、52校もの大学、短期大学、専門学校にご出席いただくことができました。英和生のみを対象としたイベントということもあり、生徒と保護者合わせて270名以上が参加し、会場は熱気に包まれました。親子でいくつものブースを回り、熱心に相談する姿があちらこちらで見られ、特に高3生は、受験に向けてより具体的な相談ができ、目標を明確にすることができたようです。各校の入試担当者の方々からも、「英和生の意識の高さが感じられた」、「たくさんの生徒に興味を持ってもらえ、充実した相談会になった」とのお言葉をいただきました。会場は、長蛇の列となったブースもあったため、大幅に予定時間を超えて終了となりました。今後も生徒一人ひとりが希望する進路を実現できるように学校もいろいろなかたちで、できる限りのサポートを続けていきます。