SSH,活動報告

5月2015

Global StudiesⅡにてミニ講演会を開催しました。

5月16日(土)、「AAR JAPAN 難民を助ける会」でご活躍の木下 聡さんをお招きして、Global StudiesⅡを受講している高校2年生の生徒たちにお話をしていただきました。
木下さんは JICAの青年海外協力隊員としてモンゴルの発展途上地域において現地の環境教育に2年間携わってきました。木下さんのお話から、生徒たちはモンゴルで現在起きている環境問題は何か、暖房のために一般家庭から出る排煙が大気汚染につながっていること、木下さんが現地の人々の環境に対する意識を高めるためにFun Theoryという手法を参考にしながら活動に取り組んだことなどをお聴きしました。
途上国の視点から環境政策について学ぶことができ、「住みやすい街づくり」というテーマのもとに課題研究を行う生徒達にとって大変有意義な時間となりました。