9月2015

「環境科学会で自然科学同好会がW受賞」が新聞掲載されました。

朝日新聞山梨版(9月29日付)で、「環境科学会2015年会において自然科学同好会がW受賞」の記事が掲載されました。詳しい内容は過去ブログをご覧ください。

朝日新聞 山梨版(2015年9月29日付)

「SSH Global StudiesⅡ 中間発表会」を開催しました。

9月19日(土)、高校2年生のIECクラスがGlobal StudiesⅡの授業で取りくんでいる課題研究の中間発表会を、防災新館やまなしプラザにおいて実施しました。

この授業では、昨年1年間、MDGs(ミレニアム開発目標)を題材に、世界にはどのような問題があるのか、国連が2000年に設定した目標値の達成状況はどうか、どの地域・項目において問題が未解決であるかなどを学んできました。

今年は「住みやすい街づくり」を大テーマとし、地域にある問題をグローバルな視点で解決すること、また、問題解決のためにアクションを起こすことを目標に研究を進めています。中間発表会をしたことで自分たちの思考が整理され、課題が見えてきました。

各グループの研究テーマは以下のとおりです。

【2015年度 Global StudiesⅡ 課題研究テーマ一覧】
 -「女子高生が女子のエンパワーメントに取り組む~ジェンダーについての問題提起」
 -「母子保健の観点から考える住みやすい街づくりとは」
 -「Share smile and change the world~山梨の地産地消推進&途上国支援」
 -「地域のゴミ問題~Fun Theoryの手法でゴミをなくす方策を考える」
 -「モンゴルの環境教育を例に甲府で環境教育を実践してみる」
 -「ブータンの特産物を生かした地方ブランドの創生」

【生徒の感想】
○中間発表会を通して、自分たちの研究の内容を違った視点で見ることができたと思う。自分たちがこうだと思って調べ、発案したものも、他人から見れば疑問に思ったり分かりにくいんだということに気付いた。これからの課題としては、もっとグループで話し合い、プレゼンテーションに磨きをかけること、ごみ問題について調べ、学習を深めて、より良い案を作っていくことだと思う。多方面から問題を見つめ、長所と短所を踏まえた解決策を考えたい。

○準備不足だったと思います。時間が制限されている中で、伝えたいことをカットしなければならなかったり、また短い時間の中で最も伝えたい内容を選ぶのにも準備期間が必要だったと思いました。提案したキャラクターをどこで活かせるか、県庁の方から意見をいただいて3月までに形にしたいです。

○プレゼンテーションの発表をしているときの目視や、いかに分かり易く遠くにいる人でも伝わるようにするかを改善していきたい。文献調査や分析方法なども入れて、より詳しく調べていきたいと思った。発表を聴いた人が私たちの提案に協力したいと思うような発表にしたい。

3月12日の研究発表会では英語で発表をする予定です。

【中学生徒会活動報告9月】

中学表彰

水泳部
第55回山梨県中学校水泳競技大会    女子総合    第3位
第52回山梨県中学校学年別水泳競技大会 1学年の部女子 第2位
第66回山梨県中学校総合体育大会水泳の部
100メートル平泳ぎ    第3位
200メートルバタフライ  第2位

聖歌隊
第68回全日本合唱コンクール関東支部山梨県大会 中学校同声部門 銀賞
第82回NHK全国学校音楽コンクール 中学の部 銀賞

個人
甲府警察署管内中学生交通安全弁論大会 最優秀賞
読書感想文コンクール 県特選 2名

広島平和式典参加報告
生徒会の役員が8月6日に広島での平和祈念式典に参加してきました。
その報告会も行われました。中学生全員で折った折り鶴も無事に掲げられ、貴重な経験となりました。

山梨英和中学校入試説明会のお知らせ

山梨英和中学校入試説明会のお知らせ

(1)9月23日(水・祝)10:00~開始
(2)10月3日(土)14:00~開始
*両日とも同一内容です。
*駐車場はグラウンドをご用意します。

会 場:山梨英和中学校ダグラスホール

対 象:小学校6年生、保護者

内 容:願書配布、入試説明、出願方法、過去問解説、個別相談等

≪ 申込方法 ≫← 左の画像をクリックし必要事項を入力してください。

※ 当日申込みも受け付けます。

 

 

 

 

 

山梨英和中学校の入試の特色

「スカラシップ(学業特待生)選考」

一般入試1(国語・算数)の90%以上の得点により中学1年次の授業料を免除します。
(2年次以降の更新もあります)
多くの受験生のチャレンジをお待ちしています。昨年度は4名の合格実績がありました。

「選択・英語入試」

専願入試で、英語または算数Bから選択し受験できます。
専願入試の科目
必須:国語(100点)算数A・基礎(50点)
選択:英語(50点)または算数B・応用(50点)

説明会にて詳しく説明します。受験をお考えの方は、ぜひご参加ください。

中学入試説明会PDF 

山梨日日新聞「10代の意見」に掲載されました。

山梨日日新聞「10代の意見 (9月24日、9月28日付)」に本校生徒が掲載されました。

山梨日日新聞 2015年 9月24日付

 

 

山梨日日新聞 2015年 9月28日付

小学生対象英語わくわく授業「ハロウィンパーティー」のお知らせ

Happy Halloween
~みんなでハロウィンパーティーを楽しもう~
小学生対象英語体験講座

☆ 10月24日(土) 10:00~12:00 山梨英和中学校

対  象 : 小学4~6年生女子 (定員40名)
持ち物 : 上履き(仮装大歓迎!普段着でもOKです)

※申し込みは、定員のため〆切となりました。

英語でハロウィンPDF

山梨日日新聞「10代の意見」に掲載されました。

山梨日日新聞「10代の意見 (9月2日、9月16日付)」に本校生徒が掲載されました。


山梨日日新聞  2015年9月2日付


山梨日日新聞 2015年9月16日付

第3回SSH特別講演会を開催しました。

9月11日、山梨大学 理事・副学長の早川正幸先生をお招きし、2015年度第3回SSH特別講演会を実施しました。
講演のテーマは「くらしを支える有用微生物」で、中学1年生と3年生、高校1年生から高校3年生までが聴講しました。先生はご自身が研究なさっている放線菌や酵母などの微生物について、その生息地、培養の方法、研究成果が社会の発展にどのように寄与しているかということなどを、中学1年生にもわかるような易しい言葉でお話ししてくださいました。講演後の質疑応答では会場からたくさんの質問が寄せられました。

【生徒の感想】
○微生物は1㎜の1000分の1だと聞いて驚きました。微生物を見る時は顕微鏡を使って見るので、あまりどのくらいの大きさか考えたことがなかったので、こんなにも小さいものに顕微鏡を使うということがわかりました。それに、微生物の中で私が知っているのは「ムシ」という言葉が入っているものが多いので、あまり良いものだと思っていなかったけど、私が日常生活で使うものや薬に入っているなんて思ったら、良いものでなくてはならない生物ということもわかりました。また、私たちの生きている世界の身近にいるものが、こんな大きな役目をしているなんて知って、今までは気持ち悪いと思っていたのにありがたく思ったし尊敬しました。私はまだ人の役に立っていないのに、こんな小さな生き物でも役に立っていて、私も人の役に立てるように自分なりに努力したいと思いました。今回は難しい話でしたが、わかりやすく教えてくださりありがとうございました。(中学1年生)

○病院で見かける抗生剤はほとんどが放線菌から出ていることを知りました。また、それらは自然界で見つけられると聞き、驚きました。私は治療法がまだ見つかっていない難病に興味があります。もし新種の放線菌を見つけたら難病の治療法も少しずつ解明されていくことにつながっていると考えたら、放線菌はすごいものであると思いました。実際に結核は昔は難病の1つであったので、放線菌についてもっと知りたいと思いました。(中学3年生)

○微生物は全部で17万種あるということで、とにかく種類が多いということが分かりました。それでもまだ知られていないものもあることが1番の驚きでした。ふと、自分がまだ知られていないものを見つけていきたいなと考えてしまいました。また、微生物には様々な役割があり、ペニシリンなどの薬、ワインなどのアルコール、食べ物でいえばヨーグルト・ブルーチーズなど、私たちはたくさんの微生物に囲まれていると感じました。新しい病気を防ぐために、微生物を利用して新しい薬の研究開発をするのも楽しそうだなと思いました。(高校1年生)

○とてつもない数の微生物が私たちの暮らしにこんなにも関わっていて生活を支えてくれていると知って、微生物にロマンを感じた。すごく役に立ってくれる微生物は本当にすごい。でも、その微生物の持つ性質を見つけ出して、生活に役立つように考えた研究者はもっとすごいと思った。小さな小さな世界と私たちの生きる世界がつながっていると思うと、不思議なかんじもする。私もいつか世界初の発見をしたり、人に役立つ研究をしたいと改めて思った。とても面白かったです! ありがとうございました。(高校2年生)

○私たちが昔から使用してきた調味料(みそやしょうゆ、酒など)だったり、薬に多くの微生物が関わっていることを改めて考えてみると、本当にすごいことであるなと思った。学校の生物の授業でも、地球上に生物はあらゆる所でつながり、また助け合っていることを勉強して、未だに発見されていない微生物がどこかで私たち人間と関わっていると考えると、とても面白いなと思う。その助け合いの中で、人間は様々な生物によって生かされているわけでもあるので、その自然を壊している現状はとても悲しいことだなと思う。これから、まだ治療法が見つかっていない病気や感染力の強い病気などの抗生物質を作る微生物、放線菌が発見されるのが楽しみです。(高校3年生)

早川先生、どうもありがとうございました。

オーストラリアの姉妹校の生徒たちをお迎えしています

9月15日~20日まで、オーストラリアの姉妹校 Mentone Girls’ Grammar School(メントン・ガールズ・グラマー・スクール)より10名の生徒と2名の先生方をお迎えしています。

英和生も2年に一度のメントンの生徒たちの訪問をとても楽しみにしていました。

初日の15日は、到着後、高校3年生の食品調理の授業に参加し、郷土料理おざら作りに挑戦しました。英語や日本語で会話を交わしながら、ほうとうの麺をのばしたり、切ったり、ゆでたり。できあがってから一緒においしくいただきました。

午後は中学1年生の英語の授業に参加しました。習ったばかりの英文でたくさん質問をした中学1年生に、メントンの生徒たちは優しく答えてくれました。好きなディズニーキャラクターやアーティストが同じだったり、ラーメンや餃子が人気があることもわかりました。

また、歓迎礼拝と歓迎会もチャペルで行いました。姉妹校同士の交流が今後も続いていいくように願っています。

【速報】  「環境科学会」で自然科学同好会がW受賞!!

本校・自然科学同好会の生徒たちが、「環境科学会2015年会」(2015年9月7日~8日 於:大阪大学吹田キャンパス)の大学学部生・高専生・高校生の部にて、ポスター発表賞(富士電機賞)の『最優秀発表賞』と『優秀発表賞』のW受賞という栄誉に輝きました。
この学会は、環境問題に関する多様な分野の研究者・ポスドク・博士課程・修士課程・学部生などが多数参加する学会です。大学学部生・高専生・高校生部門の中で高校生のエントリーは、山梨英和高等の自然科学同好会の2つの研究だけでした。大学生と肩を並べての発表にも臆することなく堂々と発表することができました。
全ての受賞研究は以下の通りです。(★最優秀発表賞  ○優秀発表賞)

①ポスドク及び博士課程学生
★「将来の社会状況下における南海トラフ巨大地震による住宅地被害額の推計-三重県のケース-」(東京都市大学)
○「車室内ダスト中の指標元素を利用したFE-EPMAによる汚染物質のスクリーニングと起源解析」(横浜国立大学)
○「ウェーザージェネレーターによる気象値の再現性が生態系プロセスモデルを用いた森林生態系機能予測に与える影響の評価」(大阪大学)

②修士課程及び博士課程前期学生
★「生産地による食品リスク認知構造の違いの把握と個人の特性による影響」(東京大学)
○「都市計画の変遷と建築系マテリアルストック・フローの将来シナリオ分析」(名古屋大学)
○「島外依存と環境負荷の低減を目指した宮古島内バイオマス残滓循環システムのデザイン」(横浜国立大学)

③学部生・高専生・高校生
★「土壌生息酵母を利用した廃棄物からの土壌改質材生産に関する研究」(山梨英和高等学校)
○「多摩川源流における気象・地形・植生の変遷に伴う年蒸発散量の変化」(東京農業大学)
○「富士北麓地域のササラダニ類の多様性調査」(山梨英和高等学校)

ポスターは、全部で50本あり、学会正会員の研究者の方々の投票で決まりました。この受賞により、生徒たちは研究内容をわかりやすく伝えること、毎日こつこつ努力することの重要性を改めて感じていました。また、この経験は大きな自信となり、今後の勉強や学校生活にモチベーションを高く保って取り組む原動力となることと思います。
ポスター発表の後は、いくつかの会場で行われている口頭発表を聞いてきました。内容は難しいものが多かったのですが、研究者の方々の真剣な討論を垣間見て、研究に対する真摯な取り組み方や質疑応答に対する準備など多くのことを吸収しました。