SSH,活動報告

10月2015

小学生理科実験講座を開催しました

10/10(土)、恒例の小学生理科実験講座第2回目を開催しました。これは、山梨県生涯学習推進センターのU21チャレンジ講座の科学ボランティアとして自然科学同好会の生徒達が講師となり、小学生を対象に毎年2回行っているものです。今回は、高1-4の生徒も一緒に「色が現れた!消えた! 感熱紙の実験」を行いました。

ワープロや券売機の切符、レシート、ガスや水道の検針票などに使われている感熱紙ですが、どのようにして印字できるのかなどは普段考えません。でも、ちょっと考えると不思議です。ドライヤーの熱風をあててみると、紙の片面だけが黒くなることから、紙の表面に何か塗ってあることがわかります。黒く変色したところにキンカン(虫刺され薬)を塗ったり、ポッカレモンや塩酸をたらすと・・・。色の変化にちょっとびっくりしました。黒くなった紙を、エタノールに入れると、あっという間に真っ白です。そのエタノールに塩酸や重そうを入れるとそれぞれ色が変化します。これらの実験を通して、紙に塗ってある色素と顕色剤の反応のしくみを確かめました。そして、爪などでこすると摩擦熱でも黒くなることもわかりました。もう一つ、この色素は、酸性で黒くなるので、アルカリ性のキンカン(アンモニア)や重そうで中和すると色が消えることもわかりました。身の回りの化学変化について楽しく実験することができました。

生徒たちは、予備実験を行い、説明内容を皆で打ち合わせて準備をしました。小学生にわかってもらうためには、自分がしっかりわかるだけでなく、説明の仕方にも工夫が必要です。CATVの取材も入り、始めはカメラに緊張していましたが、説明しているうちにわかってもらうことに集中できて、途中の休憩時間には、担当の小学生との会話も弾んでいました。生徒たちにとってもとてもいい経験になりました。

**********お知らせ***********

当日の様子が10/19(月)~10/25(日)のCATV「街かどトピックス・甲府」で放送予定です。
【月・金】8:00~ 19:00~【火・土】9:00~ 20:00~【水・日】正午~ 21:00~【木】13:00~ 22:00~
※県議会中継等で変更になる場合もあります。ご了承ください。

 

 

ドイツ国南部研修6日目~環境都市フライブルクでの学び②

ドイツ研修もいよいよ終盤です。

午前中はボーバン団地を見学しました。ボーバン団地は、路面電車の敷設や車の乗り入れ制限などの交通政策、パッシブソーラーハウス(省エネ住宅)の建設、再生可能エネルギーの活用など、環境への配慮を総合的に推し進めた実験的な団地です。

環境先進都市から学ぶことがたくさんありました。私たちの地域社会でもどのように取り入れていけるのか、考えていきたいと思います。

  

ドイツ国南部研修5日目~環境都市フライブルクでの学び

ドイツ研修後半は環境都市フライブルクへ移動し、政策としてどのように街全体が取り組みをしているのかを学んでいます。

5日目はフライブルクの総合的な環境保護政策について学びました。
午前中は リヒャルト・フェーレンバッハ職業訓練校を訪問しました。ここでは太陽光発電技師を養成しています。単に発電技術だけを身につけるのではなく、パッシブソーラーハウスやコジェネレーションなど、他の技術とのコンビネーションを重視しているとのことでした。
午後はフライブルク市内を散策し、実際の環境保護政策の現場を見て歩きました。

 

 

 

 

「SSH ビオトープ」が始動しました。

10/3、「SSH ビオトープ」が始動しました。

乙女花壇の太陽光・風力発電の南東側に、ビオトープを設置しました。

晴天の土曜の午後、穴掘りのために、「親父の会」から6名のお父様方も駆けつけて下さいました。環境委員と自然科学同好会の生徒を中心に20名ほどの生徒で、アクアフォレスト(ビオトープ専門の会社)の汐様の指導で、ハート型の「湧水の心池」を設置しました。お父様方が大きな穴を掘り、生徒も馴れないながら猫車(手押し車)で土を運んだりしました。水を入れて、池の周りにユキノシタやホトトギス、シダなどの植栽をして完成しました。2~3週間して池の底に水を浄化する微生物などが住み着いたら、メダカも入れる予定です。植物や動物をはじめ、周りの環境の変化を見守りながら、みんなで育てていきましょう。

スペシャルサタデーで「イカの解剖」を実施しました

9月19日と10月3日のスペシャルサタデーで、恒例の「イカの解剖」実験を行いました。

普段よく口にしているイカですが、何も見ないで絵を描いてみると・・・眼が胴についていたり、足が皆同じ長さで8本だったり・・・意外と知らないことだらけです。まず、軟体動物について仲間捜しをしてから、観察・解剖しました。頭だと思っていた部分は胴体で、その下に頭(もちろんここに眼があります)、さらに足が10本(8本+長いものが2本)あり、その中央に口がありました。「頭足類」と言われるわけがわかります。ボタンとボタン穴、吸盤の付き方や角質環、口のカラス・トンビ、そして血液の色も確かめました。目と目の間には、クリーム色の脳も見えました。目玉の中には透明な丸い水晶体(レンズ)があり、字の上に置くと拡大されるのがわかりました。最後に、墨袋を取り出し、その墨で「イカ」と書いたりしました。意外に粘りけのある墨でした。

始めは、触るのを躊躇していた人もだんだん夢中になり、あっという間の2時間半でした。中2での動物についての学習にイカして下さいね!

ドイツ国南部研修3日目を過ごしています

ドイツ研修の3日目は姉妹校のシュテッテン・ギムナジウムで過ごしています。

午前中の理科2時間を使って、理科の授業の交流をしました。前半は英和の生徒たちからこの一年間の研究成果を英語でポスター発表しました。このポスター発表には、特に理科の先生たちが興味を持ってくださり、質問がたくさん出ました。後半はシュテッテンの生徒たちによる実験です。5つの実験コーナーが用意され、生徒たちはそれぞれのブースで、実際に体験したり説明を聞いたりしました。

午後はアウグスブルク市の緑化自然保護局が運営する植物園へ行き、野外庭園や温室の維持方法などを学びました。集合写真はここで撮ったものです。

夕方には再びシュテッテン・ギムナジウムへ戻り、シュテッテンの先生や生徒たちが学校で開いてくれた「さよならパーティー」に参加しました。最後は皆で輪になってダンスをしました。





 

ドイツ国南部研修が始まりました

高校2年生のSSHクラスのドイツ国南部研修がいよいよ始まりました。

10月1日(木)には結団式を行い、先生方からは「Danke schönの気持ちを忘れずにドイツの人々と交流を」「街全体が政策としてECOに取り組んでいる様をしっかり見て感じてきてほしい」「英和の代表として参加するという自負を忘れずに」などの言葉をいただきました。また、生徒代表からは「これまでに取り組んできた課題研究の成果を英語で伝えられるようにがんばりましょう」とクラスメートに言葉がかけられ、みんなでこのドイツ研修を学びの多い旅にしようとする決意を新たにしました。

10月4日(日)の朝、元気に甲府を出発し、現地時間の同日夕方5時15分(日本時間5日夜中の12時15分)、ミュンヘン空港に無事到着しました。

5日(月)午前中はドイツ博物館を訪問し、再生可能エネルギーを中心に見学しました。また、お昼は市内マーケットでとり、午後はアウグスブルクに移動して夕方4時に姉妹校のシュテッテン・ギムナジウムでホストファミリーと対面しました。今日から2日間、ホームステイをさせていただき、家庭でのECOへの取り組みを学んできます。