2月2016

放送礼拝 バドミントン部

みなさんは「三本の矢」という話を知っていますか。この話は戦国大名の毛利元就が三人の子供たちに「矢一本なら一人の力で折ることができるが、三本となった時はなかなか折れない。このように三人が力を合わせなければいけない。」と息子たちに教えた有名な話です。

私はこの「三本の矢」の話のような体験を新人戦でしました。先輩方が引退し、11月半ば頃、新チームでの大きな大会に緊張と不安を抱きながら臨みました。一回戦では、緊張のあまり体が動かず、納得のいくプレーが出来ませんでしたが、仲間の励ましや、声援を聞いて諦めそうになっていた気持ちを押し切り、強気でプレーすることが出来ました。1戦目で良いスタートが切れたので最初に抱いていた不安が少し軽くなりました。しかし二回戦目の相手は強豪校でした。その試合は私の中で後悔しか残らなかった試合となりました。試合に出る前から、負けてしまうとばかり思い込んで、実際コートに立ってもその思いに負けてしまい、自分のプレーが出来ずに終わってしまいました。部長としてチームを引っ張らなくてはいけない立場でしたが、諦めの気持ちでコートに立ってしまいました。応援してくれている人、今まで支えてきてくれた人々の気持ちを無駄にしてしまい、情けなさが溢れました。バドミントンは、バスケやサッカーのように団体競技ではなく、個人競技だと思っていました。しかし、実際はコートに一人で立っているわけではありません。先輩や後輩、指導してくれた先生の気持ちをもってコートに立つべきでした。私には、喜び悲しみを分かち合える仲間たちがいます。声をかけてくれたことで、一人で立ち向かっているのではなく、支えてくれる仲間と一緒に戦っているのだと改めて感じました。同じ苦労を知っている人だからこそわかることがあり、その困難に一人で立ち向かって感じる苦しみを二人、三人で立ち向かって受ける苦しみだと全く重さが違います。ライバルでもあり仲間でもあるから、支え合う関係性は自然と強くなっていくと思います。

「ひとりよりもふたりがいい。友に労苦すればその報いはよい。倒れれば、一人が友を助け起こす」今日読んだこの聖書の箇所は、部活だけでなく学校生活の中でも言えることだと思います。例えば、勉強や掃除も一人でするよりも、一緒にやってくれる友達がいるからやる気になれます。私は、誰かが困っている時、悩みを抱えている時、その人の肩を取り助け起こすことができる人になりたいです。まずは隣人である誰かが倒れてしまった時に助け起こしてあげることで、そこからどんどんその輪が広がって誰にでも対して助け起こすことができるようになると思います。これから迎える最後の大会、総体では新人戦で感じたような悔いを残さず、選手として代表として臨みたいです。残り数えられるほど少ない日々ですが、戦っているのは自分だけではなく、周りも同じということを胸に、日々の感謝を忘れずに生活したいです。

お祈りします。

神様、今朝も放送を通して礼拝を守ることに感謝します。私たちに互いに助け合う友だち、隣人をお与えくださってありがとうございます。皆がこの関係という宝を大切にし、苦しいこと楽しいことを分け合いながら、さらに喜びを豊かにできますように。この祈りを尊き主、イエスキリストのみ名によって御前にお捧げいたします。アーメン

中1親子進路学習会を実施しました

2月16日(火)のホームルームで、中学1年生親子進路学習会を行いました。授業参観に続き、親子で高校教頭による山梨英和高校での学びについてのお話を聞きました。SSHクラス、英語クラスそれぞれの特徴、選択できる科目内容、目指す進路の方向性などを話していただきました。

その後は、卒業を間近に控えた高校3年生2人によるプレゼンテーションが続きました。山梨英和での6年間の学びを通して多くのことを得、その強みを生かして希望進路を叶えた高3生。2人に共通していたのは、山梨英和で用意されている様々なチャンス(部活やボランティア、海外研修など)を逃さず、積極的な毎日を送ったことでした。中2で取り組む「自由研究」も変わりつつある大学入試で必要とされる要素、「表現力、思考力、判断力」を育てるものになります。山梨英和での1つ1つの取り組みがその場限りで終わるのではなく、1つに繋がり、人としての力を育みます。先輩たちの言葉を心に留め、何事にも積極的に取り組んで行って欲しいと思います。

SSH通信を更新しました

2016年度 SSH通信Vol.20(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.19(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.18(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.17(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.16(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.15(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.14(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.13(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.12(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.11(PDF)

2016年度 SSH通信Vol.10(PDF)

2015年度 SSH通信_Vol.9(PDF)

2015年度 SSH通信_Vol.8(PDF)

2015年度 SSH通信_vol.7(PDF)

■ 2014年度 SSH通信_vol.6(PDF)

2014年度 SSH通信_vol.5(PDF)

2014年度 SSH通信_vol.4(PDF)

2013年度 SSH通信_vol.3(PDF)

2013年度 SSH通信_Vol.2(PDF)

2013年度 SSH通信_vol.1 (PDF)

PDF書類をご覧頂くためには、「AdobeReader」が必要です。ご使用の機器にアプリケーションがインストールされていない場合には書類を表示する事ができません。左のリンクより無料でダウンロードできますのでインストールしてご覧ください。

【中学1年生スキー教室】

2月8日~10日まで白樺高原国際スキー場で中学1年生のスキー教室が行われました。

スキー教室実行委員が考えた目標、「仲間と協力し、安全なスキー教室にしよう」を掲げて過ごした2泊3日の行事でしたが、天候にも恵まれ、大変充実したものとなりました。

スキー面では、レベル別の班に分かれ、あきらめずに熱心に練習に取り組み、技術を向上させることができました。3クラス混合での班構成だったのでクラスを越えて新しい友人もたくさんできました。生活面では礼拝や食事、練習前の集合など、目標の“5分前行動”を守って行動できたので、スムーズに日程を消化することができました。また、就寝時間や挨拶など生活マナーもよく守り、お互いに気持ちよく行動することができました。大きな怪我や病気もなく、落ち着いた生活を送ることができたのも、生徒が主体的に行動した結果だと思います。

3日間を通して、スキーの技術だけでなく、集団で生活していく上で大切なルールや人として身につけておきたいマナーを習得することができ、普段の学校生活だけでは得ることができない貴重な体験をすることができました。参加した生徒全員が全力で取り組んだ貴重な3日間となりました。

 

第33回浜名湾長水路選手権水泳競技大会

第33回浜名湾長水路選手権水泳競技大会が、1月30日(土), 31日(日)の2日間、静岡県・浜松総合水泳場で開催され、水泳部の高校生3名、中学生3名の計6名が出場しました。
高校生、中学生が同じ大会に出場できるまたとない機会ということもあり、お互いにアドバイスをしながら、ベストを尽くしました。
大会結果は以下の通りです。

【高校生以上の部】
種目 記録 順位
800m自由形 9分42秒38  30
50m自由形    27秒68   9
200m個人メドレー 2分29秒02  22
100m自由形 1分00秒95  21
400m個人メドレー 5分08秒53  10
50m平泳ぎ    38秒14  15
4×100mフリーリレー 4分22秒58

 

【中学生の部】
種目 記録 順位
200mバタフライ 2分21秒39   4 第38回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会 出場権獲得
200m自由形 2分19秒77  33
100m平泳ぎ 1分24秒85  30
100m自由形 1分05秒70  50
100m背泳ぎ 1分14秒36  17
100mバタフライ 1分11秒21  25
100mバタフライ 1分05秒56   7

 

 

フードバンク山梨へカードを送りました。

毎年、年末に生徒会本部の呼びかけで各家庭から集められた食料品をフードバンク山梨にお送りしています。YWCAひまわり部でも季節ごとにカードを作成し、食料品に添えていただくようにお送りしています。今回はバレンタインデーのカードを作成しました。小さな働きをフードバンク山梨のスタッフの方々が喜んでくださって感謝です。

放送礼拝 情報委員会

情報委員会

 新約聖書ヨハネによる福音書20章24~29節 

 皆さんは、目に見えないものを信じることができますか? ひとまとめに目に見えないものと言っても様々なものがあります。神様もその対象の1つでしょう。神様の他にも幽霊にサンタクロース、妖精など小さな頃は目に見えないものを今以上に信じていた人は多いのではないでしょうか。しかし、人は大人に近づくにつれて、目に見えないものや現実にはあり得ないことを信じなくなる人が増えていきます。 

 皆さんの多くの人がスマートフォンなどでLINEやTwitterなどの通信アプリを利用していると思います。自分の投稿にいいねやスタンプが押されることは誰しも嬉しく感じると思います。また、そういった通信アプリには直接会話するよりも気軽で簡単にものを伝えられるという利点もありますし、友達の輪を大きな規模に広げることもできます。

 しかし、そういった利点の中にある欠点を皆さんは考えたことがありますか? 会ったことのない友達がいる人もいる人もいるかもしれません。また、確証のないチェーンメールやツイートを回したことがある人も中にはいるかと思います。

 では、なぜ人はそういったネット上の目に見えない情報は簡単に信じられるのに、現実世界の目に見えない存在は信じられないのでしょう。私はネットを信じることを出来る人が神様を信じられないことはないと思います。違った例で言ってみれば趣味に熱中したりネットに依存してしまうくらいの集中力のある人が、学校生活をはじめとする普段の生活に集中出来ないわけがないと思うのです。

 神様は努力したのを見ているはずです。例え、目に見えなくとも皆さんがしている良いことはいつかきっと報われるはずです。皆さんの周りにはネットの中以上に素晴らしいことがあるはずです。最初は半信半疑でも、少し顔を上げて周りに目を向けて見ませんか? きっと神様の存在に友達や先生、もしかしたら神様自身が気づかせてくれるかもしれません。

サイエンスフェスタ2016 ~自然科学系クラブ冬の交流会~

1/30(土)、山梨県立科学館 多目的ホールにおいて「サイエンスフェスタ2016  ~自然科学系クラブ冬の交流会~」が開催されました。山梨県内の中学生・高校生・大学生の自然科学系クラブで活動している生徒や学生たちが一同に集まり、1年をかけて研究してきた内容をポスター発表する会です。山梨英和からも6名の生徒が参加し、「甘酒の品質評価」と「Unicritical 多項式のJulia集合の形状」についてポスター発表いたしました。「Julia集合」についての発表は男子高校生、大学院生や付き添いの教員からも多くの質問があるなど関心の深さが感じられました。生徒たちは分かりやすく言葉もはっきりした聞き取りやすい発表を行うことができました。

 




ジュニアSSH(中3)の発表準備会

3月に行われる「SSH生徒研究発表会」にむけて ジュニアSSH(中3)の発表準備会が開かれました。中学3年生は、土曜日のSpecial Saturdayで環境調べ学習を行い、それについてまとめます。テーマは大気汚染や発電、微生物や電磁波など全部で18件。iPadで原稿を作成することにも少しずつ慣れてきました。本番当日は、中学2年での経験を踏まえ、さらに堂々とポスター発表できるように練習を重ねています。

各グループのテーマ内訳は以下の通り。

【環境教育】(中学3年)
1 水質汚濁(合成洗剤と石けん・富栄養化) 10 発電(地熱・波力・バイオマス・燃料電池・太陽光)
2 大気汚染(光化学スモッグ・PM2.5・黄砂) 11 生物濃縮(DDT・有機水銀・ダイオキシン・PCB)
3 酸性雨 12 生物の絶滅とレッドデータブック・外来種
4 オゾン層の破壊と紫外線 13 電磁波の利用と生体への影響(携帯・電磁調理器)
5 地球温暖化と温室効果ガス(海水温上昇・気候変動) 14 地球の鉱物の利用(貴金属・レアメタル・都市鉱山)
6 ヒートアイランド現象・ゲリラ豪雨 15 里山・里海の生態系
7 ゴミ問題(処理・減量・リサイクル) 16 公共交通機関の利用(パーク&ライドシステム)
8 森林(熱帯雨林・針葉樹林)の減少 17 農薬・化学肥料とガーデニング・有機農業
9 発電(原子力・核燃料サイクル) 18 微生物の利用(発酵食品)

山梨英和では中学1年生からそれぞれの学年に応じたSSHの取り組みを行っています。“女性環境科学者を育てる”というテーマのもと、環境問題を幅広い観点からとらえた授業を展開しています。まずは身近なところから環境への関心を持ち、将来、社会に貢献できるよう、中学で基盤づくりを行っています。

自由研究ポスター作りと発表練習 ~伝える力・発信する力を基礎から養う~

1/30(土)、3月に行われる「SSH生徒研究発表会」にむけて ジュニアSSHの発表準備会が開かれました。本校では中高一貫を活かしたスーパーサイエンスジュニアプログラムを展開していますが、中学2年生全員が各々のテーマを掲げ1年かけて取り組むこの自由研究は、SSH認定前、1983年から続く伝統的なキャリア教育です。iPadを使ってのポスター作りから、タイマー機能を利用しての練習まで、本番でより良い発表ができるよう、先生方からアドバイスをいただきました。プレゼンテーション力も少しずつ育まれているようです。

山梨英和ではこうした中学での積み重ねが、高校での課題研究へと着実につながってゆきます。