ICT教育,新聞記事,生徒会 活動報告

3月2016

プログラミングワークショップ第二弾を行いました

3月3日(木)に、情報委員会の生徒たちを中心に、プログラミングのワークショップ第二弾を行いました。
小さなボール型ロボットSphero SPRK EDITION を動かすプログラミングをiPadで組みました。
専用アプリLightning Labを使って、プログラムが書かれたブロックのドラッグ&ドロップを繰り返し、
少しずつ難しくなるミッションに2チームに分かれて挑戦しました。

ミッション1:Go & Come back(進んだ分、元の場所にもどろう)
ミッション2:Change Time & Speed(時間やスピードを変えてみよう)
ミッション3:Change Color(色を変えてみよう)
ミッション4:Let’s try bowling(ボーリングのピン10本を倒そう)
ミッション5:Don’t touch them(障害物競走)
ミッション6:〇△◇(Spheroで〇△◇に動いてみよう)

なかなか思い通りに動かないことも多かったですが、繰り返しプログラムを実行し、問題点を分析し、プログラムを書きかえ、また挑戦しました。
プログラミングを通して、チームワーク、分析力、想像力、チャレンジ精神など日常生活にも大切なことを感じるワークショップになりました。

Spheroの基本的な仕組みがわかった参加生徒たちは、次の目標を立てました。
「Spheroが階段を昇ったり降りたりして、校内を案内する!」
さぁ、どうなるでしょうか?!

    

山梨新報 2016年3月11日付