校長通信

高校3年修養会によせて

高3修養会テーマ「 I ・愛 ・逢」によせて
校長 三井 貴子

皆さんが選んだ今回の修養会のテーマは「 I ・愛 ・逢」です。このテーマには、I=自分を知り、愛=他者を愛し、逢=神との出遭いを大切にする、という想いが込められているとうかがいました。これは山梨英和の校訓である「敬神・愛人・自修」そのものであり、皆さんが山梨英和高校での最後の一年をスターとするにふさわしいテーマであると思います。これまで歩んできた山梨英和での生活を振り返り、自分自身と向き合うことによって、見えてくる自分があると思います。
高校3年生という年は、希望する進路実現に向けて自分自身の弱さと向き合う厳しい一年です。時に「もう立ち上がれない」と気力を消失してしまうこともあるかもしれません。それでも神さまは、常にあなた方と共にいてくださいます。主題聖句には「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。(ヨハネ:3章16,17節)」と書いてあります。私たちは、これほどまでに神様に愛されているのです。
講師にキストー岡崎・さゆ里先生とキストー岡崎・エイブラハム先生をお迎えしてお話をうかがいます。心を開いて聴く耳を持ちましょう。それが、今後の生き方につながるはずです。
この修養会は、仲間と赤裸々に語ることの出来る貴重な時間でもあります。真の友情を更に強いものとする時として用いられることを心から祈っています。