進路行事

5月2016

高2親子進路学習会実施

5/20(金)に親子進路学習会を実施しました。ベネッセコーポレーションの多田脩二さんを講師にお招きし、スタディーサポートの結果分析と現状把握と目標設定の方法などをお話し頂きました。また、今年度より本格的に導入いたしましたClassi(学習支援システム)を利用し、生徒一人ひとりが自分のiPadで学習の記録をつける方法も教えて頂きました。「規則的な学習習慣が大学合格へのカギ!」、「学校の授業や課題+良い学習習慣」が合格の可能性を高めてくれます。Classi で簡単に記録をつけることで、生徒たちは自分の学習サイクルを客観的に見て、より有効的に時間を使えるようになるはずです。学習や課外活動などに毎日大忙しの高2生だからこそ、自分に合った上手な時間の使い方を見つけ、早い時期での習慣づけをして欲しいと思います。

スタディサプリ「第1回 ブラッシュアップミィーティング」実施

去る5月17日(火)に初の試みとして、スタディサプリの人気講師である山内恵介先生をお招きし、サプリ受講者との意見交換会を実施しました。参加した高校2年生9名は、常日頃画面を通してお会いしている先生が、目の前に!ということで、前日からかなりの期待と緊張があったようです。実際、山内先生にお会いすると、その笑顔と親しみやすさに徐々に生徒の緊張も解け、恥かしそうではありましたが、勉強への悩みや先生のご専門である数学についての質問などがとびだしました。

先生は生徒一人ひとりに質問を投げかけながら、生徒が提起した問題を生徒間で解決できるよう上手に答えに導いてくださいました。そして、今こうして友達同士で助けあいながら問題を解決していく姿勢、つまり先生に聞くことですぐ答えを得ることはせず、まず自分たちで考えていくことが、数学のみならず何事にも応用できる「解法」なのだ、と教えてくださいました。

「解き方を丸覚えするのではなく、問題が何をあなたに語りかけているのか?あなたに何をして欲しいと思っているのか?を感じて欲しい。それを感じ取ろうとあなたが気の持ち方を変えることで、自然と授業への関わり方が変わってくる筈です。」という先生の言葉が新鮮に響きました。ミィーティング後の生徒たちのやる気に満ちた顔がとても印象的でした。

今回の様子は「サプリ通信」にて詳しく紹介いたします。

次回は生徒たちのリクエストにより、山内先生に模擬授業をしていただく予定です。

「山梨英和主催進学相談会(高校生及び保護者対象)」を実施しました

5/13(金)夕方から、進学相談会を山梨県立図書館にて行いました。3年目となった本校単独での校外相談会ですが、今年も52校もの大学、短期大学にご参加いただくことができました。生徒と保護者も英和生に人気のある大学、短期大学と相談することができるということもあり、親子で積極的に各大学のブースを回り、熱心に相談する姿が見受けられました。特に高3生は、受験に向けてより具体的な相談ができ、目標を明確にすることができたようです。

各校の入試担当者の方々からも、「英和生の意識の高さが感じられた」、「たくさんの生徒に興味を持ってもらえ、充実した相談会になった」とのお言葉をいただきました。会場は、熱気の内に大幅に予定時間を超えて終了となりました。今後も生徒一人ひとりが希望する進路を実現できるようにいろいろなかたちで、サポートを続けていきます。