SSH,活動報告

5月2016

第1回SSH特別講演会 

5/19、第1回SSH特別講演会が開かれました。港町診療所の医師:沢田貴志先生をお招きして「公衆衛生と環境」という題目でお話をしていただきました。詳細はSSH通信vol.12に掲載を予定しています。

 

 

新年度のSSH委員会メンバーが決まりました

2016年度の「生徒SSH委員会」メンバーが決定しました。SSH委員は、講演会や発表会の運営に関わり、研修等でもリーダーとして働きます。生徒自らが積極的に準備や司会進行に携わり、より深い学びが得られることをねらいとしています。高校1,2年生から選出された総勢25名です。彼女らの奮闘を期待します。

 

  

サイエンスキャッスル研究費を見事、獲得!

高校2年生のSSH課題研究において、3つのグループが昨年度申請したサイエンスキャッスル研究費を獲得しました。研究題目は「変形菌の培養と生存条件の研究」「くず餅及びデンプンの研究」「タンパク質分解酵素を含む野菜・果物が塩麹に与える相乗効果」の3件です。それぞれ、高校1年生の9月にSSHⅠの課題研究としてはじめたものです。今年度は、この研究費を頂き、研究をさらに深めたいと6人とも張りきっています。

Science in EnglishⅠおよび Science in EnglishⅡ

高校1, 2年生のスーパーサイエンスクラス(SS)に設けられた科目「Science in English」は,将来,国際的な場で活躍できる女性科学者を育成するために必須の理数強化プログラムです。各クラスとも「科学的な方法論」について外国人教師から英語で学び、課題研究の第一段階につなげることができました。詳細はSSH通信に掲載を予定しています。

▲Science in EnglishⅠ 「Scientific Methodology Experiment」4/30の授業


 

 

▲Science in EnglishⅡ「Scientific Methodology Introduction」4/30の授業

※「Science in English」についての過去ログはこちら⇒

科学館ボランティア

4/29、本校自然科学同好会の生徒たちが山梨県立科学館において「科学ボランティア」に参加しました。ソーラークッカーで調理をし、環境負荷のかからないエネルギーについて学習した内容を紹介するなど、科学の楽しさを伝えることができました。詳細はSSH通信に掲載を予定しています。