2月2017

高2親子進路学習会実施

2月17日(金)に(株)ベネッセコーポレーションより山田浩揮氏をお招きし、親子進路学習会を行いました。希望進路に向けて今から取り組むべきことや最新の入試情報などについてお話しして頂きました。「受験生」という意味は、高3の時期に高2までの学びを日々の演習で定着させる時期だからであり、それには「基礎」ができていることがいかに大切かというお話がありました。模試をフル活用し、できない問題を1つ1つ解けるようにしていくことで、基礎学力はついていきます。いよいよ高3になるこの時期には、希望進路を夢、ではなく「目標」にするため、具体的に志望理由を記し、有効な入試方法(作戦・戦略)を調べ、保護者の協力を得る、という進路志望書(決意表明)を作ってくださいという激励も頂きました。一人ひとりの希望進路が実現できるようにこれからも多方面でのサポートを続けていきます。

  

Mac Fanに紹介されました

山梨英和中学校・高等学校では,Swift Playgroundsを使ったプログラミング教育を導入しています。その様子が、雑誌「Mac Fan」に紹介されました。
 「山梨英和では、『Swift Playgrounds』のプログラミングを英語の授業に使う」として、「Mac Fan」4月号は本校の取組を紹介しています。山梨英和から、”Think different.”なイノベーターが育ってほしいです。

クリックするとPDFファイルが開きます。

Google Books でMac Fanのページへ

山梨日日新聞に 中学1年 長田友唯さんの記事が掲載されました

2017年2月24日 山梨日日新聞 18面

中学1年生 中学合同礼拝

詩編119編105節

私が英和に入学したいと思った理由は、英語をたくさん学びたいと思ったからです。今では知っている単語の数も多くなり、文法もたくさん知ることができました。また、外国人の先生と話したり、外国のお友達ができたりしました。現在、私は聖歌隊と生徒会役員をしています。クラスでも学園祭の合唱の時や英語劇など様々な行事を経験して仲間との協力や団結を感じることができました。

しかし、英和に入って一番大きかったことは、イエス様との出会いです。最初は聖書を読んでも分からないことが多かったです。しかし、学校で毎日御言葉を聞いていくうちにイエス様の言葉が自分を救ってくださることが分かりました。聖書の時間に夏の宿題をもらって、私は宿題の前に一度教会に行きたいと思い6月に初めて教会に行きました。現在ではほぼ毎週教会に通っています。

教会の日曜学校では聖書を分かりやすく教えてもらっています。自分の罪のこと、イエス様が身代わりに十字架で死なれたこと、そして復活されたことを聞いて信じることができました。今、暗唱聖句をしていて、その中で、今朝読んだ「あなたの御言葉は私の足の灯火、私の道の光です。」(詩編119篇105節)という御言葉を知りました。この御言葉は本当にその通りで、イエス様がいつも私たちを守ってくださっているのだなと思いました。

特にそのことを強く感じたのは、学校の礼拝で聞いた、「あなたの敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。」という御言葉との出会いです。この御言葉が私の考え方を大きく変えました。今までは自分と人を比較してすぐ落ち込んで敵意を持ってしまいました。しかし、この御言葉を聞いて敵を愛すことが大切だということを学び、この言葉を思い出して祈ることができるようになりました。御言葉を聞いて心が落ち着くことを経験しました。

これからもたくさん聖書について学びたいです。そして、この6年間で自分の賜物を探して磨いていきたいです。

Library News(2017年2月17日号)

Library News(2017年2月17日号)を発行しました。
「第62回青少年読書感想文全国コンクール」での入賞も報告します。
(高校1年小林栞南さん 高校生の部【課題読書】学校図書館協議会長賞)

画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。

小学生対象ハンドベル講座のお知らせ

わくわく授業 ハンドベル講座のお知らせ

山梨英和の聖歌隊のお姉さんたちと楽しくハンドベルをかなでましょう!

日時  2017年2月25日(土)10:00~12:00

場所  山梨英和中学校・高等学校 音楽室

講師  聖歌隊生徒

対象  小学4・5年生女子 定員20名(定員になり次第締切ります)

持ち物 上ばき、英和パスポート(お持ちでない方は当日発行)

←〈申込〉画面をクリックして必要事項をご記入ください

2.25ハンドベル講座

山梨日日新聞「10代の意見」に掲載されました

山梨日日新聞「10代の意見」に本校生徒が掲載されました。山梨日日新聞 2017年2月14日付

ふれあい医療作文コンクール 山梨日日新聞社賞受賞

ふれあい医療作文コンクールにて本校生徒が山梨日日新聞社賞を受賞しました。

山梨日日新聞 2017年2月2日付

水泳部 長田友唯 さんを、YBS山梨放送、山梨日日新聞 が取材して下さいました

水泳部に所属する中学1年生 長田 友唯 さんを、YBS山梨放送と山梨日日新聞が取材に来て下さいました。
日本代表として参戦する、3月14日~19日開催 シンガポールエージグループ選手権大会へのインタビューに加えて、1年2組での授業や昼休みの様子も取材していただきました。

YBS山梨放送の取材内容は、2月19日(日)17:00-17:20放送の山梨スピリッツ内で放送される予定です。
山梨日日新聞の取材内容は、2月下旬に山梨日日新聞の誌面へ掲載される予定です。

中1親子進路学習会を実施

中学1年生にとって初めてとなる親子進路学習会を2月7日(火)に行ないました。まずは高校教頭から社会で求められる人物像が変化する中、山梨英和高校ではそれをどのような学びを通して育成するか、そしてまた高校でのSSクラス(スーパーサイエンスクラス)、GSクラス(グローバルスタディーズクラス)それぞれの特徴、目指す進路の方向性などのお話をしました。その後、進路部長から、大学入試改革に向けて教育の現場では既にその動きが加速しており、それに対応していく為には中学という大切な時期に何をしておくべきかというお話をいたしました。それに続き、卒業を間近に控えた高校3年生2人が、いかに山梨英和での学びを通して多くのことを得、その強みを生かして希望進路を叶えたのかというプレゼンテーションをしました。2人に共通していたのは、山梨英和で用意されている様々なチャンス(生徒会活動、クラブ活動、JICA海外研修、ボランティアなど)を逃さず、積極的な毎日を送ったことでした。中2で取り組む「自由研究」も変わりつつある大学入試で必要とされる要素、「表現力、思考力、判断力」を育てるものになります。山梨英和での1つ1つの取り組みがその場限りで終わるのではなく、1本の線となり、人間力を育みます。先輩たちの言葉を心に留め、何事にも積極的に取り組んで行って欲しいと思います。