進路行事

5月2017

高1進路学習会を実施しました

5月12日(金)に(株)ベネッセコーポレーションより山田浩揮氏をお招きし、スタディサポート分析会を行いました。スタディサポート結果が示す学習到達ゾーンごとの特徴、また生徒それぞれが自分はどのゾーンに属しているのかを認識しました。そこからレベルアップしていくにために高1の今からできることとは何か?毎日の授業を大切にする、小テストにも真剣に取り組むなど当たり前ですが、時間の経過とともに疎かになりがちな点を山田先生にポイントアウトしていただきました。山田先生が最初にされた「小さな水槽で育った魚は大きな水槽に移しても小さな水槽の枠から出ることはできない」というたとえ話は、高校生活をスタートしたばかりの1年生に、人生において大切な時期に英和という器の中で視野を広げ、人間力を培って欲しいという先生からのエールだったように感じられました。

「山梨英和主催進学相談会(高校生及び保護者対象)」を実施しました

去る5/12(金)夕方から、本校主催の進学相談会をベルクラシック甲府にて行いました。恒例となった校外での相談会ですが、今年も56校もの大学、短期大学にご参加いただくことができました。英和生に人気のある大学、短期大学の先生方や入試担当者の方々とじっくり相談できるということもあり、積極的に各大学のブースを回り、熱心に相談する親子の姿が見受けられました。特に高3生は、受験に向けてより具体的な相談ができ、目標を明確にすることができたようです。多くの入試担当者の方々から、「英和生の意識の高さが感じられた」、「親子で相談にきて貰えたので、大学について認識を深めてもらえた」等の感想をいただきました。今年も熱気の内に大幅に予定時間を超えての終了となりました。ご参加いただきました大学、短期大学の皆様に感謝申し上げます。

高3親子進路学習会を実施しました

 新年度最初の親子参加の進路行事として「対象 推薦・AO入試説明会」を実施いたしました。いよいよ受験が本格的にスタートする前に、推薦入試制度に関する本校での取り扱い、手続き方法などを高3生と保護者の両者に理解していただくためのものです。大学入試は保護者世代とは大きく異なっていますし、年ごとに変わっています。AO入試か、推薦入試か、または一般受験か、とその選択も頭を悩ませるものとなっています。複雑な制度を理解することは難しいとは思いますが、この1年は今まで以上にご家庭での親子のコミュニケーションを進路という視点で深めていっていただきたいと思います。高校3年生の希望進路実現に向けて、学校も引く続き多方面でのサポートを続けていきます。