ブログ,国際教育,新聞記事

6月2017

メントングラマースクール来校

メントングラマースクールから21名の生徒が6月26日(月)から29日(木)の間、来校しました。

到着日は歓迎礼拝に参加し、2日目は河口湖方面へのバス遠足を行い、3日目はホストシスターのクラスの授業に、放課後は学園祭の準備に参加しました。最後の日は学園祭のオープニング・セレモニーで代表者による挨拶、校歌の披露をしていただきました。甲府城見学後、午後3時半に涙のお別れをして、英和を後にしました。

明るく元気なメントン生から、私たちもたくさんパワーをもらったように思います。

ホストファミリーの皆さまには大変お世話になりました。お互いに良い交流ができたことと思います。ありがとうございました。

朝日新聞(6月27日付)

                         20170627asahi-mentone

歓迎会

茶道体験

校歌を披露

学園祭全校製作の前で

涙のお別れ…

メントンの生徒からのメッセージ

中学1年生、2年生、メントンとスカイプで交流

中学2年生は5月16日、中学1年生は6月2日と8日に、オーストラリアの姉妹校メントン・ガールズ・グラマー・スクールで日本語を学習中の生徒たちとSkypeを使って交流しました。

オーストラリアでは日本語学習はとても人気があり、小学校5年生のクラスの生徒たちは、大好きなピカチューのぬいぐるみや、今流行っているハンドスピナーを紹介してくれました。共通の話題も出て、中学2年生と楽しく交流できました。

同級生の中学1年生と交流した生徒たちは、自己紹介(英和生は英語で、メントン生は日本語で)にお互い拍手を送っていました。学習中の外国語を使う機会があると、モチベーションもアップしますね。2学年上のお姉さんたちと交流した中学1年生は、最近買ったものを日本語で説明し、メントン生がリスニング力をチェックしていました。物の名前、数量、買った場所、値段など、簡単に思えることも外国語で理解するのは難しいと思いますが、ゆっくりはっきり伝えられたので聞き取ってもらえました。突然の英語の質問にも答えたり、英和生のリスニング力も上昇中です!