進路行事

10月2017

高校1.2年生対象 大学模擬授業実施(10月13日)

進路の恒例行事となった大学模擬授業も12年目を迎えました。手探りで始めたイベントでしたが、このところ、模擬授業での受講体験が進路を決める1つの要素となったという生徒も少なからずみられるようになりました。それもあってか、分野ごとの講義内容は?今、興味があることに近い講座はどれ?参加したい講座がいくつもあって決められない!等々、生徒からは多くの質問が寄せられ、年々、生徒の模擬授業への関心が高まっているように感じられます。今回も生徒たちは、それぞれの興味に合わせ、9分野に分かれて(心理学、人文・外国語、社会科学、国際、理・農・動物、看護、家政・食物・栄養、医・薬、芸術)模擬授業を体験しました。講師の先生方の熱意ある講義に、生徒のテンションも自然にあがり、一人ひとりが自分の進路に向き合うよい機会となりました。
ご協力いただきました各大学および講師の先生方に感謝申し上げます。
〔協力校〕津田塾大学、東京経済大学、聖徳大学、東京未来大学、拓殖大学、城西国際大学、ヤマザキ学園大学、佐久大学、山梨学院大学

【生徒感想】
■心理について何も知らずに今回の模擬授業を受けて心理は◯◯心理学と言った数えきれないほど人間の心を分析するものがある事を知りました。ストレスの原因を学び、心と身体の発達状況によって思考力行動力が違う事もトトロに出てくるメイとサツキを見比べてわかりました。自分の心の不安やストレスを言葉で表し、相手に伝えることが出来るだけで心に充実感、満足感が生まれます。だから私も話せる友人、また先生がおっしゃっていた“目に見えない友人”を探したいです。そして悩みを聞いてあげられる人になりたいと思いました。

■今回の模擬授業を受けて1番印象的だったのは、英単語1つ1つに歴史的な背景があるということです。例えば、Greekという単語。本当の意味は「ギリシャ語」という意味ですが、昔の時代のイギリス人にとってギリシャ語は意味のわからない言葉とみなされていたので、Greekは「ちんぷんかんぷんだ」という意味になったとされています。今まで私は、英単語に歴史的な背景が隠されているなど全く考えた事がなかったので、この授業は興味深いなと思ったし、他にもたくさんの外国の文化や言葉などを知りたいと強く思いました。

■人文・外国語の模擬授業を受けて、言葉には一つ一つに奥深い歴史があり、国によって異なる面白い意味があることを知りました。英語は、同じ単語でも場面や状況によって様々な表現ができ、応用が利く言語だと分かったので、これからもっと深く勉強していきたいと思いました。

■企業内コミュニケーションとは何か、新入社員と上司はどんなことを職場で意識しているのかなど、考えてそれを共有することで多様な視点からコミュニケーションについて考えることができました。普段の生活では考えない内容であり、知らなかった知識だったので難しかったけど、コミュニケーションと現代の日本企業の問題とを絡めて学べて良かったです。

■今回の大学模擬授業を受けて、北極の領土問題の現状を学ぶことができた。北極の領土問題について、2つの議論がされている。それは、北極が「国際的な対立の場」か「国際的な協力の場」であるかだ。前者は争うことで、後者は世界の安寧だと考える。グローバル化が進む現在、国と国との関係を良好に保つことが最も重要である。これは、北極だけでなく、世界に通じることだと思う。世界が対立する関係にあるか、協力的な関係にあるかで未来は全く違ってくるはずだ。「国際的な視野を持つ」とは、世界の現状を把握し、冷静に物事を見極める力だと考える。様々な国を理解してこの力を身に付けたいと思った。同時に、微力ながら今自分が貢献できることを探したい。

■今回の大学模擬授業を通して、私は「世界の色々な環境問題を勉強してみたい」と思うようになった。なぜなら誰もが見落としてしまいそうな「北極」の環境問題に取り組み、解決策を自力で見つけ出そうとする先生の姿を見て、尊敬の念を抱いたからだ。確かに 地球温暖化や大気汚染といった 身近な環境問題に意識を向ける事は大切だと私は思う。しかし、 北極のような 日本から離れた地で発生している環境問題に対しては、何も取り組まずに放置して本当に良いのだろうか。 私は絶対にそう思わない。だから、進学して大学生になったら そのような国の環境問題を調べ、少しでも解決策を見つけられるように 努力していこうと思う。

■動物病院にも看護師という存在がいることを初めて知りました。良い機会でした。

■今回は、高齢者に対しての看護師が取るべき対応やケアについて教えていただき、改めて看護師さんは患者さんの心によりそい、常に患者さん第一で考え、またその患者さんのご家族の心のケアも行なっていく大変な仕事なのだと実感し、また現在の高齢者の事故の問題なども考える良い機会となりました。今回の模擬授業を受けて改めて看護にはいろんな専門分野がある事そして自分の学びを深めた後、もっと深く学びたい専門看護師や認定看護師を目指し、将来は自分の持っている力や特性を活かした看護をしていきたいです。

■私は今回の模擬授業の中で、看護師に向き不向きはあまりないというお話が印象に残っています。個人的に看護師は手先が器用でテキパキ働くような人が向いていると思っていましたが、それぞれの個性をもった人が集まる職場が理想的なのだと初めて知りました。また、看護師の活躍の場が多い事や病院での看護師の仕事、看護師チームの事など、とても貴重なお話を聞くことができました。講義のテーマである高齢者の心身について、実際の大学の講義同様に問いに対して自ら探求したことで、高齢者への理解が深まりました。

■普段の授業でやっている生物、化学の授業が大学でこんなに素晴らしくて面白い研究につながっているのだとわかりました。高校での授業は座学がほとんどなので、面白くないなと思っていたけれど、将来研究するのに役立つことも多いのだとわかりました。栄養学はただ食品のことを扱うだけだと思っていましたが、DNAの解析や糖質のことなど、化学、生物学系も多く、とても楽しそうで興味を持ちました。進路を考える時に、理学系の学部ばかりを考えていたのですが、視野を広く持とうと思いました。

■薬や病気などの事を知り、少しの病気でも薬を飲みすぎたりする事で免疫を低下させてしまう事がわかった。今回の話を心に止め、生活に役立てたいと思いました。

■音楽の授業でオペラを勉強した時は、歌を重視して観ていたけれど、今回のオペラの授業ではどちらかというと表現についてたくさん学びました。オペラを上演するまでにはたくさんの苦労や時間をかけなければならなくて大変だと思いますが、オペラ上演後の出演者たちの様子を映像で見て、その達成感を得た表情がとても印象的でした。何かを作りあげるということには、それまでの苦労があるけれど、自分自身もそれくらい熱中できる何かを将来見つけたいと思いました。