SSH,活動報告

6月2018

ダニ研究班が富士山調査を実施しました

 自然科学部のダニ研究班が、富士山の土壌調査を実施しました。今回は富士山五合目の佐藤小屋及び山中ハリモミ純林について、ラインセンサス及びコドラート調査を実施しました。富士山の土壌採取は限られた中での実施ではありますが、天気にも恵まれ、計画的に実施することができました。

山梨大学生命環境学部を訪問しました

 高1-4の生徒17名で、山梨大学生命環境学部の研究室訪問を行いました。
 まずは黒澤尋学部長の講話を聞き、本校のSSH運営指導委員でもある高橋智子准教授からもご挨拶をいただきました。
 黒澤先生からは「科学者への道」についてお話いただきました。科学者になるには様々な能力が必要であり,また,どんな道に進んでも人生にリスクはつきものではある。しかし結局は自分自身が定義する幸せを感じられるかどうかが肝心であり,結果ではなく過程を楽しむことが大切であると教えていただきました。
 その後、3グループに分かれ、それぞれのグループが3つの研究室を見学させていただきました。どの研究室でも先生方が丁寧に説明してくださり、自分たちの研究にも意欲がわいてくるようでした。研究室の装置や実験材料を実際に見て、研究というものを肌で感じることができました。
 これから始まる研究活動に役立つ、大変有意義な時間となりました。

お忙しい中、本校のためにご対応いただきました山梨大学生命環境学部の皆様に感謝申し上げます。

SSH通信 Vol.28(2018年6月発行)

SSH通信Vol.28を発行しました。

SSH指定校として2018年度がスタートしました。今回は昨年度2月8日に実施された研究発表会・報告会についてまとめました。
また、生徒の研究による賞の獲得や自然科学部のボランティア活動についてお知らせします。

画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。