11月2018

「科学の芽」努力賞を受賞しました

 筑波大学が主催する科学の芽賞において数学班の研究が努力賞を受賞しました。この賞はノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎博士の功績を称え,それを後続の若い世代に伝えていくとともに,小・中・高校生を対象に自然や科学への関心と芽を育てることを目的としたコンクールで、レポートが評価されるものです。
 生徒たちは、こつこつと模型を作り試行錯誤しながら計算式を立て苦労した研究が、このような形で評価されとても喜んでいます。大学へ進学後も様々な学習、研究に励む気持ちがさらに強まったようです。

第13回「科学の芽」努力賞 受賞作品タイトル
「フラクタル構造を持った正多面体」(山梨英和高等学校 高校3年)

藤村学校に参加しました

11月26日、甲府市教育委員会主催の第32回藤村学校で放送部の生徒5名が朗読をしました。
 「開府500年記念 朗読と講演~『花子とアン』山梨英和と村岡花子の真実~」と題し、本校の生徒による朗読に続き、本校元教頭、山梨英和学院資料室長の深沢美恵子先生の講演がありました。生徒たちは、「赤毛のアン」で村岡先生の美しい表現を知り、「エッセイ・アラカルト」で村岡先生が山梨英和でどのような日々を過ごされたのか感じることができました。

《 読売新聞 11月28日付 》

2018クリスマス礼拝のご案内

クリスマス礼拝のご案内

山梨英和中学校・高等学校は毎年、全校でクリスマス礼拝をお捧げしています。
クリスマスは「救い主」(Christ)を「礼拝」(mas)する日です。
今年もコラニー文化ホール(大ホール)で行います。
皆様のご来場をお待ちしております。
イエス・キリストのご生誕をともにお祝いしましょう。

日時:12月24日(月・祝)14:00~16:00 (13時40分開場)
場所:コラニー文化ホール 大ホール (甲府市寿町26-1)

〈小学生・中学生のみなさんへ〉
みなさんお待ちしています!
山梨英和オリジナル缶バッチをプレゼントします。
いっしょにイエス様のお誕生をお祝いしましょう!

クリスマスツリー点火式

11月22日(木)、クリスマスツリー点火式が行われました。12月2日(日)から始まるアドヴェントを前に、イエス・キリストの御降誕を待つ思いを新たにし、礼拝をお捧げしました。救い主が私たちのために誕生してくださった意味と喜びを宗教委員長が話しました。おやじの会・職員・その他多くの方々のご協力によって、ツリーやリースが準備されました。山梨英和がたくさんの方々に愛され、支えられていることを心より感謝いたします。身近な人たちに、また世界中のすべての人たちに、救い主誕生の喜びを伝えられますように。また私たちがその喜びを大切に保つことができますように。

山梨日日新聞 2018年11月23日付

第25回大門碑林全国書道展大会 大賞受賞

第25回大門碑林全国書道展大会大賞を受賞し、
山梨日日新聞 「顔」に掲載されました。(11月26日付)

山梨日日新聞 2018年11月26日付

 

 

第29回グリンバンク杯山梨県中学校英語コンテスト 金賞

2018年11月20日に、本校のグリンバンクチャペルにて開催された、第29回グリンバンク杯山梨県中学校英語コンテストにおいて、本校中学3年生が金賞を受賞しました。山場である第二部のインタビューの場面でも、落ち着いた様子で自由に英語で返答している様子が印象的でした。今後もさらに英語力を高めていってほしいと思います。

 

山梨日日新聞 2018年11月23日

 

第29回山梨県中学校英語暗唱大会 第1位

2018年11月13日に、甲府市南公民館において開催された、第29回山梨県中学校英語暗唱大会において、本校中学3年生が見事1位となり表彰されました。日頃の練習の成果を十二分に発揮し、自信をもって発表することができました。今後のさらなる活躍も期待しています。

山梨日日新聞 2018年11月15日付

山梨日日新聞 「10代の意見」に掲載されました (11月19日、21日付)

本校生徒が山梨日日新聞 「10代の意見」に掲載されました。(11月19日、21日付)

山梨日日新聞 2018年11月19日付

 

山梨日日新聞 2018年11月21日付

科学の祭典に科学ボランティアとして参加しました

11月17日、本校自然科学部の生徒たちが山梨県立科学館において、科学ボランティアに参加しました。「身近なモノでかんたん工作」というテーマで、風船ロケットやストロー飛行機、ストローとんぼの工作を子どもたちに教えてきました。初めての参加で緊張していた生徒たちも、子どもたちの「お姉ちゃんありがとう」という言葉に励まされ、やりがいを感じていました。他の学校や団体が出展するコーナーも回り、「科学の楽しさ」に触れた1日となりました。

山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞を受賞しました

11月17日山梨学院大学(メモリアルホール)にて山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞 表彰式が行われ、本校生徒の「多面体の研究」が「第16回山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞」を受賞しました。
「多面体の研究」のテーマのもと、1年目は正多角形を組み合わせることでできる凸多面体について、2年目は正四面体、正六面体、正八面体にフラクタル構造を持たせた凹多面体について研究しました。模型を作成し、収束する体積の仮説を立て、計算することにより検証した内容について、スライドを使っての口頭発表も行いました。
今回、中学校部門1校、高等学校部門2校がこの賞を受賞しました。式には山梨科学アカデミー名誉会長である大村智先生もお見えになり、盛大な表彰式でした。模型作りに苦労し、計算方法を考え出した苦労が、このような形で報われたことに、生徒たちの喜びもひとしおのようでした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨日日新聞 2018年11月18日掲載記事