SSH,ブログ,活動報告,研究発表

11月2018

山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞を受賞!

 山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞 高校の部で、数学班の「多面体の研究」が評価され、本校の受賞が決定いたしました。
 児童・生徒の科学する心を育成し、創造性豊かな人材を育む科学技術教育を推進することを目的として、児童・生徒に対して、科学に関する優れた調査・研究活動等を行っている県内の小・中・高等学校等が表彰されるものです。
 本校は2年連続、5回目の受賞となりました。
 数学班の生徒は11月17日の授賞式に参加し、研究内容の発表を行う予定です。

芸文祭自然科学部門で多くの研究が入賞しました!

 山梨県高等学校芸術文化祭自然科学部門が11月4日に開催され、公立高校12校、私立高校2校が参加しました。本校からは全5部門(生物、化学、物理、地学、ポスター)計10グループがエントリーし、緊張しながらも練習通りの発表ができました。
 審査の結果、4つの研究が入賞し、そのうちミズダニの研究班は生物部門で第1位に値する芸術文化祭賞をとることができました。
 審査員や他校の先生方からは、「英和の研究は科学全分野にわたりバランスが取れている」「課題の発見に努力のあとが見られる」「プレゼンテーション能力が優れている」「先生方の指導が行き届いて科学的な方法が取り入れられている」とのお褒めの言葉をいただきました。

【生徒の感想】
 とても緊張したが充実感があった。
 仲間が入賞してともに喜ぶことができ、楽しい発表会になった。
 他校の研究を見て参考になった。
 自分たちにもできる、という自信が生まれた。

本校の受賞
芸術文化祭賞 (1位)・・・「水環境の指標動物となるミズダニの研究」(生物部門)
教育長奨励賞 (2位)・・・「水飲み鳥を使った発電装置」(物理部門)
理科部会特別賞(3位)・・・「雲形と気候条件による局地的な天気予測」(地学部門)
               「顔のパーツ配置と印象」(ポスター部門)