SSH,活動報告

11月2018

「科学の芽」努力賞を受賞しました

 筑波大学が主催する科学の芽賞において数学班の研究が努力賞を受賞しました。この賞はノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎博士の功績を称え,それを後続の若い世代に伝えていくとともに,小・中・高校生を対象に自然や科学への関心と芽を育てることを目的としたコンクールで、レポートが評価されるものです。
 生徒たちは、こつこつと模型を作り試行錯誤しながら計算式を立て苦労した研究が、このような形で評価されとても喜んでいます。大学へ進学後も様々な学習、研究に励む気持ちがさらに強まったようです。

第13回「科学の芽」努力賞 受賞作品タイトル
「フラクタル構造を持った正多面体」(山梨英和高等学校 高校3年)

科学の祭典に科学ボランティアとして参加しました

11月17日、本校自然科学部の生徒たちが山梨県立科学館において、科学ボランティアに参加しました。「身近なモノでかんたん工作」というテーマで、風船ロケットやストロー飛行機、ストローとんぼの工作を子どもたちに教えてきました。初めての参加で緊張していた生徒たちも、子どもたちの「お姉ちゃんありがとう」という言葉に励まされ、やりがいを感じていました。他の学校や団体が出展するコーナーも回り、「科学の楽しさ」に触れた1日となりました。

山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞を受賞しました

11月17日山梨学院大学(メモリアルホール)にて山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞 表彰式が行われ、本校生徒の「多面体の研究」が「第16回山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞」を受賞しました。
「多面体の研究」のテーマのもと、1年目は正多角形を組み合わせることでできる凸多面体について、2年目は正四面体、正六面体、正八面体にフラクタル構造を持たせた凹多面体について研究しました。模型を作成し、収束する体積の仮説を立て、計算することにより検証した内容について、スライドを使っての口頭発表も行いました。
今回、中学校部門1校、高等学校部門2校がこの賞を受賞しました。式には山梨科学アカデミー名誉会長である大村智先生もお見えになり、盛大な表彰式でした。模型作りに苦労し、計算方法を考え出した苦労が、このような形で報われたことに、生徒たちの喜びもひとしおのようでした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨日日新聞 2018年11月18日掲載記事

第62回日本学生科学賞-「県教育長賞」受賞作品が新聞掲載されました

「第62回日本学生科学賞」の県審査会高校生の部で「県教育長賞」を受賞した本校生徒の研究内容などが新聞掲載されました。この研究は中央審査へ出品されます。

拡大してご覧になる場合には以下をクリックしてください。

読売新聞掲載(2018年11月17日)

日本学生科学賞(山梨県大会)にて『県教育長賞』を受賞しました

 日本学生科学賞山梨県大会で、本校自然科学部の研究が評価され、第3位にあたる「県教育長賞」を受賞しました。
 研究テーマは「富士山梨ケ原の野焼きによる土壌動物の多様性変化」で、本校の自然科学部で継続的に研究されているダニ研究班の一つです。この研究の結果により、野焼きにより土壌生物が全滅することはないということが明らかになったと評価されました。
 当日は読売新聞甲府支局に、中高併せて5校の生徒や教職員が集まり、表彰式が行われました。今回の受賞者を見ると女子生徒が増えたことを感じ、自然科学に興味を示すリケジョの多さを実感しました。
 受賞を受けて、この研究は日本学生科学賞の中央審査に進みます。

 

 

 

 

 

拡大してご覧になる場合は以下をクリックしてください。

読売新聞に掲載されました(2018年11月11日掲載)

山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞を受賞!

 山梨科学アカデミー児童・生徒科学賞 高校の部で、数学班の「多面体の研究」が評価され、本校の受賞が決定いたしました。
 児童・生徒の科学する心を育成し、創造性豊かな人材を育む科学技術教育を推進することを目的として、児童・生徒に対して、科学に関する優れた調査・研究活動等を行っている県内の小・中・高等学校等が表彰されるものです。
 本校は2年連続、5回目の受賞となりました。
 数学班の生徒は11月17日の授賞式に参加し、研究内容の発表を行う予定です。

第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)出場権獲得!

11月4日に開催された山梨県高等学校芸術文化祭にて本校生徒の「水環境の指標動物となるミズダニの研究」(生物部門)が芸術文化祭賞(1位)を受賞し、来年度開催される第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)への出場権を獲得しました。

芸文祭自然科学部門で多くの研究が入賞しました!

 山梨県高等学校芸術文化祭自然科学部門が11月4日に開催され、公立高校12校、私立高校2校が参加しました。本校からは全5部門(生物、化学、物理、地学、ポスター)計10グループがエントリーし、緊張しながらも練習通りの発表ができました。
 審査の結果、4つの研究が入賞し、そのうちミズダニの研究班は生物部門で第1位に値する芸術文化祭賞をとることができました。
 審査員や他校の先生方からは、「英和の研究は科学全分野にわたりバランスが取れている」「課題の発見に努力のあとが見られる」「プレゼンテーション能力が優れている」「先生方の指導が行き届いて科学的な方法が取り入れられている」とのお褒めの言葉をいただきました。

【生徒の感想】
 とても緊張したが充実感があった。
 仲間が入賞してともに喜ぶことができ、楽しい発表会になった。
 他校の研究を見て参考になった。
 自分たちにもできる、という自信が生まれた。

本校の受賞
芸術文化祭賞 (1位)・・・「水環境の指標動物となるミズダニの研究」(生物部門)
教育長奨励賞 (2位)・・・「水飲み鳥を使った発電装置」(物理部門)
理科部会特別賞(3位)・・・「雲形と気候条件による局地的な天気予測」(地学部門)
               「顔のパーツ配置と印象」(ポスター部門)