夏休みの実験教室を開催しました(@ゆめソーラー館やまなし)

 7月31日、自然科学部が山梨県エネルギー局と共同で,甲府市米倉山太陽光発電所PR施設『ゆめソーラー館』において小学生対象の実験教室を実施しました。小学生とその保護者約35組が参加し,段ボールとアルミ箔でソーラークッカーを作成しました。本校からは中1から高2までの自然科学部の生徒22名が参加して,ソーラークッカーの原理や活用法について説明をしました。その後,作業机ごとに生徒が分かれて担当し,丁寧に作成指導しました。当日は天候にも恵まれ,完成したソーラークッカーを屋外に持ち出し,水温の上昇実験をおこなうこともできました。非常に日差しが強い日で,水温もぐんぐん上がり,ソーラークッカーでお湯をつくることができることも実感できました。