高1 修学旅行 2日目

修学旅行2日目    2018年3月6日

 昨日の大雨の疲れが少し残る中、2日目がスタートしました。天候は曇り時々、小雨。昨日とは違って肌寒い朝でした。昨日は集合時間をしっかり守りスムーズな行動であると、若尾教頭からお褒めの言葉を頂きました。

 2日目は沖縄ネットワークのガイドさんがバスに同乗され、車中で第二次世界大戦のお話を伺いながら北に移動し平和祈念公園に向かいました。眼前に穏やかな沖縄の海が広がる高台に祈念公園がありました。ガイドさんの説明で戦争で亡くなった多くの日本人、韓国人の慰霊碑を見学したあと、沖縄平和祈念館の展示を見ました。沖縄戦の悲惨な様子に目を背けたくなる場面もありましたが、生徒達はしっかりと向き合っていました。

 その後、轟壕、ひめゆりの塔・資料館の見学をしました。平和学習の一環として修学旅行前に「月桃の花」という沖縄戦の映画を見たり、グループ学習をして戦争の知識はありましたが、実際にお話を伺い、ガマなどの戦争の傷跡を見ることで戦争の悲惨さを改めて痛感しました。
また、ひめゆり祈念資料館では生徒たちと同年代の女生徒が戦争の犠牲になった経過を学び胸が痛みました。二度とこのような過ちがあってはいけない、後世に伝えていかなくてはならないという平和への熱い気持ちを沖縄の方々から学ぶことができ、私達の心に深く刻まれる1日となりました。

 最後に佐喜眞美術館で館長さんより沖縄戦を描いた絵画の説明を聴き、美術館の屋上から普天間基地を見学しました。現在の沖縄が抱えている基地問題の現状を考えるよい機会となりました。明日は美ら海水族館を見学の後、長崎に移動します。