高1 修学旅行 5日目

修学旅行5日目  最終日   2018年3月9日

   修学旅行最終日です。3日目あたりから夜の部屋点検や朝の荷造りが早くなり集団行動に慣れてきました。今日の長崎は曇り、最高気温が11度と低めです。防寒をして出発しました。
平和公園祈念像前でクラスや学年の記念写真を撮った後、長崎証言の会の方々と4コースに分かれて原爆によって被害を受けた場所を巡り、説明して頂きました。各コースが被爆の現状をしっかりと把握し、長崎に修学旅行に来た意味を各人が考えたことと思います。

  昼食は長崎名物皿うどんを頂き、沖縄・長崎の沢山の思い出と共に帰りの途に着きました。
甲府着19時35 分。生徒は家族が待つ家へと帰っていきました。沖縄・長崎では戦争の悲劇と平和の大切さを痛感し、小さな力ではありますが自分に何ができるのかを考えました。4泊5日、携帯電話から離れ自己と向き合った生徒。早寝早起きに慣れず、悪戦苦闘した生徒。共同生活の中で友人と衝突した事もあったでしょう。この修学旅行で何を得たかは一人一人が異なると思いますが、今回の経験を今後の学校生活に活かして欲しいです。

   最後に修学旅行に生徒達を送り出して頂いた保護者の皆様、沖縄・長崎の現地でお世話になった皆様。面倒な事も快く引き受けて下さったJTBの新沼さん、難波さんに感謝してこのブログを閉じたいと思います。