マンドリン定期演奏会に寄せて

第51回定期演奏会によせて
校長  三井 貴子

 第51回山梨英和中学校・高等学校マンドリンクラブ定期演奏会の開催、おめでとうございます。
 本校マンドリン部は昭和39年(1964年)、当時本校PTAのメンバーであり、県議会議員であった9名の方々から、マンドリン、マンドラ、ギター、のマンドリン合奏の一式が寄贈されて誕生し、飯島国男氏(後に本校PTA会長)のご指導で活動が開始されました。そして1966年に第一回演奏会が当時の県民会館映画講堂で開催された、と記録に残っています。以来、県下の中学校・高等学校唯一のマンドリンクラブとして、現在は桜本久先生・斉藤先生にご指導いただきながら、ますます活躍するクラブと成長してきました。半世紀の長きにわたって活動が継続できました事、本当に嬉しく思います。そして、様々な形で応援してくださっている全ての皆様に心から感謝申しあげます。
 年々活動が広がり、多くの演奏の機会を得て生徒たちの技術面も非常に向上しています。毎日の練習の成果であると確信しています。パブリックホールの横を通るたびに、日々熱心に練習に励む姿を見てきました。パート練習に十分な時間を費やし、基礎から積み上げていく安定した演奏がホールに響いています。
 今年のテーマは「桜」。曲目や演奏にその想いを込めて、聴く者に伝えてほしいと思います。皆様、生徒たちの心からの演奏を、どうぞ最後までお楽しみください。