放送礼拝 水泳部

箴言17章17節
「 真の友はどんな時にも愛しつづけるものであり,苦難のときのために生まれた兄弟である。」

私が水泳という競技に出会ったのは、5歳の時でした。体が弱く入退院を繰り返していた私に、 体力づくりとして、両親がいくつかのスポーツを習わせてくれたものの1つでした。 5歳から通っていたこともあり、スイミングスクールにたくさんの仲間ができました。

水泳というと、個人競技で「1人」というイメージが強いと思います。しかし、実際泳いでるのは1人だったとしても応援してくれたり、毎日一緒に練習した仲間がいてくれます。辛い練習を一緒に乗り越えてきた仲間は本当にかけがえのない仲間になります。

大会では違うスイミングスクールだったり、県外の選手だったとしても同じ種目だったり、練習の話をするうちに仲良くなり学校も住んでいる地域も違うのに、「水泳」という共通点から親しくなった仲間もいます。タイムが悪い時も、お互いに気遣える。言葉を発しなくても、意思が伝わっている。そんな仲間に出会う事もできました。

私は泳いでいる時の孤独な時間が好きです。泳いでいる時は私にとって、自分と向き合える大切な時間です。何かモヤモヤする時も泳いでいれば自然と解決策が出てきたりします。将来のことを考える時も泳ぎたいと思うぐらいです。でも、中学三年生の時、水泳を高校に行っても続けるか、と大変悩みました。泳ぐことは大好きですが誰かに強制されて泳いだり、大会のためだけに泳いでいる自分が嫌になり、スイミングに行くことが苦痛になりました。

調子がいいのにタイムが出ずどうしていいのか、どうして泳いでいるのだろうと沢山悩みました。泳ぐのが好きだったはずなのに、いつの間にか嫌いと言っている自分に気づきました。仲間や親にもうまく自分の気持ちを伝えることが出来ず、一人で悶々と悩んでいました。そんな時に英和に行っていた先輩に、「英和の水泳部おいでよ!」という風に声をかけてもらいました。先輩に高校の事や、勉強と水泳の両立など相談しているうちに、自分の中で悩んでいた事が1つずつ小さくなっていきました。そして、再び泳ぐ事が楽しくなっていきました。

今朝の聖書の箇所をもう一度読みます。「真の友はどんな時にも愛しつづけるものであり、苦 難のときのために生まれた兄弟である。」私はたくさんの人に恵まれて今もこうして大好きな泳ぐ事を続けられています。そこには今日の聖書の箇所にもあるように、「本当の仲間とは、自分が悩んだり苦しい思いをしているときに側で愛を持って接してくれる人」だと感じました。

今年は高3になり、引退も間近です。また、出場できる試合も少なくなってきました。だから、時間を作って悔いの残らないように練習をしていきたいです。引退してからも、自分自身と向き合うために泳ぐ事を辞めずに休みの日などに泳いでいきたいです。そして、私が先輩方にそうしてもらったように悩んでいたり苦しい思いをしている仲間に、愛を持って接する事ができるように行動していきたいです。

お祈りします。 神様今日も朝から放送を通してですが皆と共に礼拝を守れたことに感謝いたします。 今日は私の経験を通して、真の友についての話をしました。今日、苦難の時にある人が救われ、手を差し伸べてくれる兄弟のような仲間に出会えますように。また、最近は天候の変化が激しく体調を崩しやすくなっています。皆の健康を お護りください。このお祈りを尊き主イエス・キリストのお名前によってみ前にお捧げいたします。 アーメン