英和生、上野学園ーゴードンストン英語コンテスト全国大会で優勝!

1月19日(日)に開催された「上野学園ゴードンストン英語コンテスト・ファイナル」(主催:上野学園/ゴードンストン・インターナショナル・サマースクール)に、本校から中学3年の網野理彩さんと高校1年のセイントジャスト万梨衣さんが出場しました。

全国から作文の一次審査を通過し選ばれた10名のファイナリストの中で、網野さんは“An Unforgettable Experience (忘れ得ぬ思い出)”、セイントジャストさんは“My School(私の学校)”について英語で発表しました。このコンテストは、スピーチ発表後に、コミュニケーション能力を審査するため、審査員との簡単な質疑応答があります。どんな質問をされるのかわからない中、ふたりとも表現を工夫しながら答えることができました。

セイントジャストさんは、山梨英和の歴史を振り返りながら、カナダ人宣教師の先生方と、この山梨英和で今までの辛い経験をプラスに変えることができた自分を重ね合わせて見事なスピーチを披露し、見事、優勝の栄誉を手にすることができました。副賞として、今年の7月にスコットランドにあるゴードンストン・インターナショナル・サマースクールで3週間の語学研修を受けることができます。二人には今後も英語学習を一層充実させていくことを願っています。

~セイントジャスト万梨衣さんスピーチ要旨~

「私は、山梨英和のこれまでの歩みや私自身の経験から、『試練は人を強くする』という事を学びました。山梨英和は124年前にカナダ人宣教師によって建てられた女子校です。その当時、女性教育に対して社会からの批判がありましたし、第二次世界大戦中は日本政府によって宗教教育を禁じられました。また、宣教師の先生方はスパイとみなされ、強制送還されるという辛い経験もされました。しかし、第10代12代の校長であられるグリンバンク先生は、本国に帰ることなく、横浜で1年間の抑留生活を送られました。このような宣教師の先生方の多くの労苦のおかげで、山梨英和は数々の試練を乗り越え今に至っているのです。

宣教師の先生方が命をかけて守ってきたものは私にも受け継がれ、私自身の試練を乗り越える助けとなっています。私の試練の一つは、私の外見です。私の母は日本人ですが、父はアメリカ人です。どこに行くにも、私は外見で判断されることがよくありました。周りの友達に溶け込むために様々な努力をしました。また、周囲の人に英語を流暢に話せて当然だと決めつけられることも、私にとっては苦痛でした。私は父とは離れて暮らしているため、決して英語の環境で育ったわけではないのです。英語を学習するために、私がどれだけの時間を費やしてきているのかということを誰も理解してはくれませんでした。

しかし、山梨英和に入学して、人と違っていることは良いことであり、誰かのためになるのだという事を学びました。聖書に「あなたがたはそれぞれ、賜物を授かっているのですから、神のさまざまな恵みの善い管理者として、その賜物を生かして互いに仕えなさい。」という言葉があります。この言葉に出会い、私は自分のありのままを受け入れることができました。後からわかったことですが、この言葉はかつてグリンバンク先生が生徒達を励ますためによく使われていた言葉であることを知りました。

私は将来、日本と英語を母語とする国々を結ぶ架け橋になりたいと強く思っています。山梨英和で培われた精神を生かし、今後私の人生で起こるであろう様々な試練に対して、熱意と希望をもって立ち向かっていきたいと思います。」

Marie Saint-Just

My School

 

Challenges make one better

 

 

Challenging situations make a person stronger and better.  I have learned this from my school.  The history of my school and my own experiences there have taught me that difficult situations can make a person more successful in life.

 

Yamanashi Eiwa is an all girls school built by Canadian missionaries 124 years ago.  The school faced many challenges, but my school was able to overcome the hardships and become an important educational institution.  It was very unusual for girls to get an opportunity to learn English back then.  There were cultural obstacles.  My school decided to face these challenges.

 

Another challenge occurred during World War . The Japanese government told the school to stop teaching English and religious traditions such as singing hymns and reading the Bible.  In addition, the missionaries were regarded as spies and they were forced to return to their country. However Ms. Greenbank, who was the 10th and 12th headmistress , decided to lead her life as an internee in Yokohama for a year instead of going back to her own country. She devoted herself to our school because she lived in her mission.  Encouraged by her courageous sacrifice, my school continued to teach English and practice its beliefs and kept the school going. 

 

What the missionaries treasured at the risk of their lives has been passed down and helps me overcome my challenges.  One of my challenges is about how I look.  I had been struggling with some prejudice against me.  Wherever I go, I am always judged by my appearance because my mother is Japanese but my father is Caucasian.  I tried hard to blend in with other children.  There were even times when I purposely spoke English poorly or pretended that I did not understand English in my elementary school English classes.  The other thing I was suffering from is that people expect me to speak English fluently because of how I look.  I live in Japan but my father does not.  I did not grow up in an English environment.  To learn English, I have worked very hard and spent countless hours.  Regardless of this, people tend to think my English ability came naturally with no effort.

 

When I entered Yamanashi Eiwa, I realized that I was wrong.  My school taught me that being different is a good thing and does something good for others.  I learned that the Bible says, ”As each received a gift, use it to serve one another, as good stewards of God’s varied grace”  Encountering this quote has changed my thinking and made me more positive about myself.  Later I realized that the passage was Ms. Greenbank’s educational motto which she used to encourage her students.  Now I can be proud of myself and accept who I am.  Now I am looking forward to becoming a bridge between Japan and English speaking countries. 

 

I have learned that challenges do make a person better and grow stronger.  Challenges have also helped me grow in knowledge and spirit.  It has given me a chance to accept who I am.  With the knowledge and strength I have gained at my school, I now look forward to the challenges of life with eagerness and hope.