1. ホーム
  2. 教育課程
  3. 山梨英和中学校

山梨英和中学校

教育の特色

教育の特色

山梨英和中学校教育の根幹はキリスト教精神を礎とした「確かな学力」の養成と、「豊かな人間教育」の実践です。この2つは車の両輪のようにどちらも重要です。そして、6カ年一貫教育の中でこそ、これらは培われます。創造的で主体的な学びの結果として将来の夢が明確になっていくのです。 広く国内外で活躍する卒業生や、地域社会でボランティア活動の中心となっている卒業生が、英和教育の価値を証明しています。

「学力」の養成のために

  • 基礎力の育成を重視し、独自のカリキュラムを編成しています。
  • 授業担当者や学級担任教師が学習計画実践表・テスト直しノート・日常的なノートのチェックなど、学習方法に対して熱心な助言を行っています。
  • 「ポートフォリオ」によって各自3年間の記録を積み重ね、自らの課題を発見し克服できる機会を持っています。
  • 体験型・探求型の授業で考える力を養います。

「豊かな人間性」の養成のために

  • 毎日の礼拝や聖書の学びを通して奉仕することの尊さを学び、そのための能力を身につけます。
  • 多彩な課題学習・体験学習で課題解決スキルを獲得し視野を広げます。
    自由研究・壁新聞作り・職場体験などは生徒の主体的な学びを促します。
  • 「リーディングマラソン」などの取り組みで読書を勧めています。

細かなサポート体制

  • スクールステイ実施
    • 学習習慣を身に付ける目的で4月に一週間程度、全校生を対象に、放課後1時間半の自学自習プログラム、スクールステイを実施しています。
  • 自習室の完備
    • 自習室では夕方6時まで自習することができます。スクールバスを待つ間など、スキマ時間を利用して宿題をする生徒もいます。様々な形で生徒の主体的な学習習慣を育成しています。
  • 学習計画実践表
    • 中1・中2では定期試験前の2週間、学習計画実践表を使って学習マネジメントを行います。担任とやり取りする中で、自分で計画し(Plan)実行し(Do)評価し(Check)改善する(Act)習慣、PDCAサイクルが身につきます。

ページの先頭へ
戻る