MENU
出願時に申請できる2つの奨学金
トップページ > 入試情報 > 出願時に申請できる2つの奨学金

出願時に申請できる2つの奨学金

山梨英和大学給付奨学金(S種)

山梨英和大学給付奨学金(S種)は、高等学校長から本学にふさわしいとして推薦される優秀な人物で、本学の教育に強い関心を持ち、学習に意欲的であるにもかかわらず、経済的事由により修学困難な受験生に給付を約束する奨学金です。

(単位:円)
  1年次
入学手続時 後期
入学金 150,000
授業料 200,000 200,000
教育充実費 170,000 170,000
安全会費 3,500
学生会費 10,000
後援会費 10,000 10,000
合計 543,500 380,000

【対象】次の要件を満たす者

  • (1)本学の指定校制推薦入学、山梨英和高等学校特別推薦入学Ⅰ期を受験して入学する者
  • (2)世帯所得の基準を満たしている者
    • ①山梨県内在住者は、2015年の世帯所得が500万円未満である者、または2016年の世帯所得が500万円未満となる見込の者
    • ②山梨県以外の在住者は、2015年の世帯所得が600万円未満である者、または2016年の世帯所得が600万円未満となる見込の者

世帯所得とは同一世帯本人の保護者(父母)又はこれに代わって家計を支えている人全員の所得の合計です。

※上記要件を満たす者全員を給付奨学生とします。人数制限はありません。

【給付金額】 年額 30万円

入学手続時(又は入学後のⅠ期)及びⅡ期学費納入時にそれぞれ授業料15万円を減免する方法で給付します。

※入学後3年次進級時点で再審査を行い、申請時の基準より家計基準が改善されている場合、または、入学後学業成績が不良で学習意欲に欠けると認められる場合には給付を中止します。

【申請時期】2016年10月17日(月)~10月31日(月)

【申請書類】

  • (1)申請書(本学所定用紙)
  • (2)住民票(生計を一にする家族全員分の住民票)
  • (3)2015年の世帯所得を証明する書類(2015年1月~12月までの所得)
    • ①給与所得は「源泉徴収票」 ②給与所得以外は「確定申告書(控)」(税務署の押印のあるもの)または、2015年の世帯所得見込を証明する書類事前の相談により、個々の状況に応じた証明書類の提示を求めます。

※給付奨学金(S種)受給者は、特待生奨学金や本学独自の他の給付奨学金の併用給付は受けられません。

 

 

 

山梨英和大学特待生奨学金

山梨英和大学特待生奨学金は、一般入学A日程・B日程試験の受験者及びセンター試験利用入試の出願者で、特に優秀な者を特待生に採用し、入学者に授業料を減免する奨学金です。

(単位:円)
  1年次
入学手続時 後期
入学金 150,000
授業料 137,500 137,500
教育充実費 170,000 170,000
安全会費 3,500
学生会費 10,000
後援会費 10,000 10,000
合計 481,000 317,500

※下記①~③は、推薦入学・AO入試の入学手続者もチャレンジできます。

特待生の対象となる3種類の入試

特待生の対象は、一般入学A日程・B日程試験の受験者とセンター試験利用入試の出願者全員。特待生制度への申込は必要ありません。

 

対象及び審査基準

 ①一般入学A日程試験の出願者 成績上位20%のうち、最大50名 ②一般入学B日程試験の出願者 得点率75%以上の上位者から1名 ③センター試験利用入試出願者 当年度の大学入試センター試験で受験した高得点の2科目合計が75%以上の者

【給付金額】 年額 42.5万円

入学手続時及びⅡ期学費納入時にそれぞれ授業料21.5万円を減免する方法で給付します。

※進級時に学業基準による審査があります。

【特待生の継続】

※毎年の学内審査により、学業または課外活動等で優秀と認められた場合には、2年次以降も特待生の資格が継続されます。