行事・イベント

行事・イベント

チャペルセンターでは、広い視野でキリスト教の理解を深めるため、「キリスト教教育週間」や「半日修養会」を行っています。

どなたでも参加できます。

 

キリスト教諸行事

 

キリスト教教育週間  

 

日 時

2023年5月22日(月)~5月26日(金) 午前10時30分~11時10分

内 容

通常のチャペルアワーより長い時間を設け、広くキリスト教について学ぶ一週間です。
授業時間帯が変更となりますのでご確認ください。

テーマ

「再び建て直す、平和と共生の世界」

 

5月22日(月)福田奈里子氏(山梨YMCA)
5月23日(火)山本護氏(八ヶ岳教会牧師)
5月24日(水)田口重彦氏(引退牧師)
5月25日(木)石川健氏(山梨英和こども園園長)
5月26日(金)小林久実氏(甲府中央教会牧師)
 
 キリスト教教育週間時間割   
 1限        9:00-10:25(平常より10分早く終了)  
 チャペルアワー  10:30-11:10(全学チャペル)   
 2限        11:15-12:40(平常より10分遅く開始)

 

 

 

半日修養会  

 

日 時

2023年10月18日(水)午前10時~12時

 礼拝  10時~10時20分

 講演  10時20分~11時50分 「三浦綾子文学から学ぶ」

 会場  グリンバンクホール

 

内 容

三浦綾子文学の研究者として活躍する権ヨセフ氏を講師にお招きします。

 

 

講師 権ヨセフ 氏
全北大学(Jeonbuk National University)史学科卒業、総神大学神学大学院修了(神学修士)。
William Carey International Universityで三浦綾子の文学について研究し、博士号(Ph.D)を取得。
1998年、大韓イエス教長老会(合同)牧師按手。
2001年、同教団の「GMS」(Global Mission Society)宣教師として日本に派遣。
2006年、恵泉キリスト教会小平チャペル(保守バプテスト同盟)を開拓伝道し、主任牧師として現在に至る。

 

日本キリスト教文学研究所(所長)、三浦綾子読書会の運営委員及び韓国担当者として三浦綾子の作品と信仰、精神を知らせる事業に尽力している。
2022年、三浦綾子誕生100年を記念し、森下辰衛の『「氷点」解凍』(小学館、2014)をハングルで翻訳出版。講演活動を実施している。

 

 

 

半日修養会は学年問わず、学生・教職員が自由に参加できます。

 

 

 

クリスマスツリー点火祭  

 

日 時

2023年11月21日(火)午後5時00分~(受付時間 午後4時30分)

    • 第1部 クリスマスツリー点火式 午後5時~5時30分
    • 第2部 おたのしみのひととき  午後5時40分~6時30分 

 

 

内 容

イエス・キリストのご降誕を待ち望む「アドヴェント」の始まりを知らせる本学の伝統的なイベントです。

第1部は、キャンパスのクリスマスツリーに美しいイルミネーションを灯します。

第2部は、ボランティアサークル The Peace Fellows の企画・運営のもとクイズやクリスマスソングを歌って楽しく過ごします。

*内容が変更となる場合があります。

 

 

クリスマス礼拝  

 

日 時

2023年12月15日(金)午前10時~11時

内 容

イエス・キリストのご降誕を祝う礼拝です。

礼拝の中で献金をします。助けを必要としている団体や施設の活動を覚え、捧げます。

 

 

燭火礼拝  

 

日 時

2023年12月19日(火)午後17時15分~18時頃

内 容

『みんなでつくる礼拝!』をテーマに、グリーンチャペル クワイア(聖歌隊)、軽音部、Ringer Ringer(ハンドベルサークル)、1LDK(アカペラサークル)、吹奏楽部など学生団体による音楽とともに、燭火礼拝(キャンドルサービス)を行います。

 

 

卒業礼拝  

 

日 時

2024年3月14日(木)午前10時

場 所

グリンバンクホール

内 容

卒業生と守る最後の礼拝です。卒業されるおひとりおひとりのこれからの歩みが主によって祝されますよう祈り、礼拝を捧げます。

 

 

 

 

みなさんのご参加お待ちしております。

何かご不明なことがありましたら、チャペルセンターへお問合せください。
chapel@yamanashi-eiwa.ac.jp