競争的資金等外部資金獲得状況

競争的資金等外部資金獲得状況

※2012年度~2021年度 実績

 

 

科学研究費助成事業交付額一覧

 

(単位:千円)

採択(継続)件数 総額 直接経費 間接経費
2013年度 2件 1,300 1,000 300
2014年度 11件 8,060 6,200 1,860
2015年度 9件 6,045 4,650 1,395
2016年度 14件 7,660 6,100 1,560
2017年度 10件 9,825 7,035 2,790
2018年度 3件 845 650 195
2019年度 6件 3,890 2,993 897
2020年度 7件 5,226 4,020 1,206
2021年度 8件 3,139 2,530 609

 

 

 

1.科学研究費補助金採択状況

 

 

研究代表者

氏名 職名 区分 期間(年度) 研究課題名
1 難波 道弘 教授 若手研究(B) 2013~2016 主観的評価を取り入れた連想記憶CNNIによるE-learningシステム
2 李 尚珍 教授 基盤研究(C) 2014~2016 朝鮮美術展覧会の工芸新設と郷土性議論
3 稲積 泰宏 准教授 基盤研究(C) 2019~2021 ユーザの価値観とコンテキストに基づくQoE評価および自由視点映像への応用
4 杉村 篤志 専任講師 研究活動スタート支援 2019~2020 マーク・トウェイン初期作品における自伝的構築と北米先住民表象の黙説的連関
5 大井 奈美 専任講師 基盤研究(C) 2020~2022 機械と人間との感性および創造性の異同をめぐるネオ・サイバネティクス的研究

※退職者は除く

 

 

研究分担者

氏名 職名 区分 期間(年度) 研究課題名
1 田代 順 教授 基盤研究(A) 2012~2016 生活史法による臨床物語論の構築と公共化
2 槻舘 尚武 准教授 基盤研究(B) 2015~2019 語用論発達評価法の開発:障害を超えて
基盤研究(C) 2017~2019 コミュニケーションのセッティング・スイッチ・マーキングとしてのゲイジングの研究
基盤研究(B)特設分野 2018~2021 手話のオラリティとアジアろうコミュニティでの社会貢献への応用
基盤研究(B) 2020~2024 視覚・聴覚等に障害をもつ人の英語能力の測定法の開発
3 和田 典子 研究員 基盤研究(C) 2019~2021 空き家を活用した世代間交流プログラムの構築
4 稲積 泰宏 准教授 基盤研究(C) 2020~2022 違和感の評価に基づく深層ニューラルネットワークを用いた画像符号化手法の開発
5 小林 真理子 教授 厚生労働科学研究費 2021~2022 地域特性に応じた発達障害児の多領域連携における支援体制整備に向けた研究
6 劉 楠 専任講師 国際共同研究強化(B) 2021~2024 人民公社期の中国農村における生活秩序の変化とジェンダー

※退職者は除く

 

 

 

2.受託資金等

氏名 職名 期間 名称等 研究テーマ 備考
1 大井 奈美 専任講師 2016 山梨県若手研究者奨励事業費補助金 俳句の「配合」構造にたいするメディア変化の影響ー発句からインターネット俳句まで 山梨県(2016年新設)
2 佐柳 信男 教授 2017~2022 共同研究費 稲作技術の普及要因の解明とインパクト評価 国立研究開発法人科学技術振興機構
3 劉 楠 専任講師 2021 山梨県若手研究者奨励事業費補助金 山梨地域の特性を生かした未就学児を持つ親の育児支援・コロナ回復社会における母親の育児不安の抑制と持続就労をめざして 山梨県

※退職者は除く

 

 

概要