教員情報

高橋 寛子(たかはし ひろこ)

Hiroko Takahashi

[所属]

人間文化学部 人間文化学科

人間文化研究科 臨床心理学専攻 修士課程

[職名]
教授

プロフィール京都大学大学院教育学研究科臨床教育学専攻博士後期課程単位取得退学
学生相談(専任および非常勤カウンセラー)、精神科クリニックカウンセリングセンター、司法機関などでの心理臨床実践、神奈川大学大学院非常勤講師などを経て、現職
臨床心理士
公認心理師

所属学会・協会・委員会等日本心理臨床学会
日本人間性心理学会
日本学生相談学会
日本フォーカシング協会
The Focusing Institute

専門分野臨床心理学
スーパーヴィジョン学
思春期・青年期心理臨床
学生相談

研究内容・関心のあるテーマ体験過程理論の心理臨床や教育への応用的活用に関する研究
TAE(Thinking At the Edge)による心理臨床教育、質的研究、実践知や体験の言語化
セラピストフォーカシングによる対人援助職支援
慢性疾患者の心理的理解、医療者とのコンサルテーション・リエゾン
子育て支援と地域支援

研究内容のココが魅力!◆ 身体知から真の創造的思考が生まれます ◆
ぼんやりとしたまだはっきりしない身体感覚(=the implicit)に注意を向けることで、その人本来の「生の前進(life-forward)」が可能となります。私たちがふつうに生きている中でも、心理療法の中でもそれは生じています。私たちが創造的に生きるために、心理療法の統合的理解を目指して、体験からの言語化についてご一緒に考えていきましょう。

主な担当科目・心理学的支援法I
・心理演習I
・芸術と心理療法


社会貢献・地域連携の実績山梨県糖尿病医療学研究会メンバー
笛吹市認定こども園 子育て支援活動
山梨県教育庁高校教職員メンタルヘルス研修会講師
山梨県生涯教育研修会講師

著書:
『「主観性を科学化する」質的研究法入門』 (共著、2016、金子書房)
『学生相談から切り拓く大学教育実践-学生の主体性を育む-』(編著、2015、学苑社)
論文:
「フォーカシングによる傾聴と『身体知』の活用 」(MEDICAL REHABILITATION No208 、2017)
「身体的実感と自律性とを育む学生相談 」(学生相談研究第33巻1号、2012)