ごあいさつ

トップページ > ごあいさつ

理事長・院長からのメッセージ

理事長ギッシュ・ジョージ The ultimate goal of education at all levels of Yamanashi Eiwa is to raise up children and students who will be prepared to go into the world as ambassadors for peace. This has been the prayer of all people of good will since the first Christmas when the angels declared, “Peace on earth, to all those who live by God’s will.” And then, when Jesus approached Jerusalem — the “City of Peace” — before he was crucified, he wept over the city, saying “If only today you knew the things that make for peace! But now they are hidden from your eyes.” (Luke 19:41~42) 

 This message of peace and reconciliation for all peoples was brought to Yamanashi by the Canadian Methodist missionaries who started the Tokyo-based Toyo Eiwa Girl’s School in 1884, Shizuoka Eiwa Girl’s School in 1887, and then Yamanashi Eiwa Girl’s School in 1889. Their mission was to educate local girls to become future leaders that are adequately prepared to take responsibility as global citizens who work to overcome all systems of human slavery and discrimination. This continues to be our mission today in all the programs of education at Yamanashi Eiwa, as represented by the three pre-school “Kodomo-en”, followed by the Jr. and Sr. High Schools for Girls, and the College campus.

 From the beginning, the early missionaries were actively supported by young local leaders who shared their vision. We welcome active participation from the community and rededicate our students and faculty to the service of the community as we all work together to fulfill our mission of contributing to the vision of Jesus for true peace in the world.

 認定こども園、中学校・高等学校、大学のすべてにわたる山梨英和学院の教育の目標は、園児や生徒、学生たちを、平和のため使者として世に送り出すべく導き育てていくことです。これは、最初のクリスマスの夜、天使が「地には平和、御心に適う人にあれ。」と言ったとき、また、その夜生まれたイエスが、その後十字架につけられるのを前にして、エルサレム―平和の都市―に近づき、この都のために涙を流しながら「もしお前も平和への道をわきまえていたなら…。しかし今は、それがお前には見えない。(ルカ19:41-42)」と言ったとき以来、善意の人々すべてが祈ってきたことです。

 イエスがすべての人々のために伝えた、この平和と和解のメッセージは、1884年に東洋英和、1887年に静岡英和、そして1889年に山梨英和を設立したカナダ・メソジストの宣教師たちによって、山梨の地にもたらされました。彼女たちの使命は、地域の女性を、人間を抑圧し差別するあらゆる仕組みを乗り越えるために働くグローバル市民としての責任を十分に担うことができる、将来のリーダーとなるよう育てることでした。これは今もなお、3つの認定こども園、中学校・高等学校、大学によって代表される、山梨英和のすべての教育プログラムにおいて、私たちの使命であり続けます。

 本学院草創期の宣教師たちには、彼女らと志を分け合った地域の若い指導者たちの熱心な支援がありました。これからも将来に向けて、地域の皆様にご参加いただきながら、地域に貢献し、イエスの御心でもある真の平和の実現に寄与することを目指し、ともに歩んでいく所存です。

ギッシュ・ジョージ(George W. Gish,Jr)

2016年4月 学校法人山梨英和学院理事長に就任
2018年3月 学校法人山梨英和学院院長に就任