1つ前のページに戻る

2020.1.27 / 教育 /

高1親子進路学習会を実施しました

 117()に㈱ベネッセコーポレーションの土岐綾香氏をお招きし、『新入試制度で求められる力とは』というテーマで講演をしていただきました。

 高1生が2年後に挑戦していくことになる大学入学共通テストついて問題傾向や従来とは異なる英語配点など、現時点でオープンになっている情報について説明がありました。また、これまでになかった思考力が問われるものや正解が1つではない問題例から、これからはテクニックに依存しない確かな学力が求められ、それは大学入学共通テストに限らず、あらゆる入試においても問われるようになるとのお話もありました。

 そして、多面的・総合的評価を重視した入試に対応するためには、高1生が入学時から取り組んでいるClassiでの日々の記録と振り返りを通して、学びを深化させていくことが大切であり、質の高い振り返りが生徒の成長を促すというアドバイスがありました。この積み重ねが、大学個別試験における「多面的・総合的評価入試」で必要とされるポートフォリオにつながっていきます。自らを振り返り、目標へのステップを具体的に定めることが、進路実現への道となります。

 今後も親子進路学習会を重ねつつ、保護者の皆様にも大学入試改革についてご理解を頂きながら、2年後へ向けて準備を進めていきたいと考えています。

月別
年別