お知らせ

トップページ > 園長通信 > 「安心して行きなさい。」マル…
カテゴリ:園長通信 投稿日:2021/05/01

「安心して行きなさい。」マルコによる福音書5:34(2021年5月保育聖句)

『安心して行きなさい。』マルコによる福音書5章34節

 4月の入園式、始業式を終え、子どもたちは再び家庭を離れ、こども園での生活がスタートしました。なかなか新しい環境になじめず、不安や緊張のあまり、母親を思い出し突然「ママー」と泣き出す子どもも少なくありません。ゆっくり、じっくりと新しい環境に慣れ、一人一人が神さまの豊かな恵みに支えられ、自分の居場所を見つけられることを願っています。

 今月の聖句「安心して行きなさい。」は、イエスがヨルダン川でヨハネから洗礼を受け、荒れ野で40日間とどまり、サタンの誘惑を退けた後、ガリラヤで伝道を始めた時の話です。ガリラヤ湖で4人の漁師を弟子にした後、汚れた霊に取りつかれた人、重い皮膚病を患っている人、中風の人、手の萎えた人、その他にも多くの病人をいやしました。そして、今月の聖句「安心して行きなさい。」は、12年間も出血が止まらず、多くの医者にかかり、ひどく苦しめられ、全財産を使い果たしたが、それでも治らず、病気はますます悪くなり、もうどうにもならないという状況の女性の話です。今のように医学が発達していない時代、おそらく多くの悪徳医師がいて、女性から治る確証もないのに言葉たくみに高額な治療費、薬代を請求し、利益を得ていたのでしょう。

 万策尽きた女性は、イエスのことを聞き、群衆の中に紛れ込み、イエスの服に触れると、すぐに出血が止まり、病気がいやされました。イエスは、それに気づき「私の服に触れたのはだれか?」と言われました。イエスが勝手に服に触れたことを怒っているのかと思った女性は恐ろしくなり、震えながら進み出て、全てをありのままに話しました。するとイエスは「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。」と言われました。

 科学の発達した現代でも、治療薬や治療方法、原因すらはっきりわからない難病に苦しむ人が多数おられます。新型コロナウイルスも、ワクチンは開発されたとはいえ、多くの不安を私たちに与えています。現代医学も、完全に病気をコントロールすることはできないということです。さて、この話の重要な部分は、「私があなたの病気を治してやった。」ではなく「あなたの信仰があなたを救った。」という部分であると私は考えます。12年間も病気に苦しみ、やるべきことをすべてやった女性が最後にたどり着いたのが、イエスキリストを信じるという選択でした。ここで聖書が語っているのは、信仰とはこの女性のように、ひたすら信じ、求める一途な思いのことです。このような経緯から出てきた「安心して行きなさい。」という言葉は私たちを無条件に包み込み、不安から解放してくれます。

 私たちの人生には、どうにもならないことが多くあります。でも、あきらめないでひたすら求め続けることの大切さをこの女性は教えてくれています。

園長 石川 健

 

ページの先頭へ戻る