山梨英和こども園について

トップページ > 山梨英和こども園について > ザァカイ先生の園長通信

ザァカイ先生の園長通信

子どもを信じて

山梨英和こども園 園長 大木正人私たち山梨英和こども園の保育者は、一人ひとりの子どもの心を大切にし、子どもたちがみな自分が大切にされていることを心の奥で信じ、自信を持って生きていくような保育を行っています。
遊びを中心とした保育の中で、して良いことと悪いことの判断、今は何をする時なのか、などを自分で考えて行動してほしいと願っています。

 

 

自分で考え、判断し

神様から人間として「生きる力」を与えられている子どもたちです。その子どもなりに生きる力をさまざまに用いながら、自分で考え、判断し、「目に見えない大切なものに心を用いていくこと」ができるように、私たち保育者が援助していくことだと思っています。

 

成長させてくださるのは神である

多くの卒業生が山梨英和こども園から巣立っていきました。そして今、各方面で大活躍をしていらっしゃる方が大勢います。その方々が、「聖書のお話しは覚えています」とか「祈ることは時々しています」など言われ、幼児期の体験が生活の中に生きていることを知らされます。 日々の保育の中にはたくさんの出会いや感動があります。その一つ一つが、すべて神の大きな手の中にあることを痛感せずにはいられません。幼な子一人ひとりの成長を見る時、「私は植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださるのは神である」の聖書の言葉を思い出します。

 

山梨英和カートメルこども園
山梨英和ダグラスこども園
山梨英和プレストンこども園

園長 大木 正人

 

ザァカイ先生の園長通信

ページの先頭へ戻る