大学サイト

MENU
入試情報
トップページ > 入試情報

入試情報

山梨英和大学は、「大学等における修学の支援に関する法律による修学支援の対象機関となる大学」として確認をうけました

»「高等教育の修学支援新制度」ページ

 

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

山梨英和大学 人間文化学部人間文化学科

山梨英和大学は、「敬神(神を敬い)、愛人(人を愛し)、自修(自らを修める)」を校訓としています。キリスト教精神に基づく建学の精神に由来するこの校訓と今という時代における大学のあり方に対して真摯に向き合い、地域に根ざした大学として教育・研究活動を行っています。本学では次のような学生を積極的に受け入れます。

1.奉仕の心をもって、地域や国、さらには世界の発展に貢献したいと考えている人

2.文化や言語のちがいを越えて他者を理解し、ともに学ぼうとする意欲をもつ人

3.主体的に学ぶ姿勢をもち、地域はもちろんのこと地球規模の課題にも積極的にチャレンジする人

4.本学の学習に対応できる基礎的な学力を有する人

 

山梨英和大学入学までに身につけてほしいこと 

山梨英和大学は、人間文化学部人間文化学科1学部1学科ですが、「サイコロジカル・サービス」「グローバル・スタディーズ」「メディア・サイエンス」の3領域を擁する文理融合型の学びが可能な大学です。

皆さんには、本学での学びを通し、他者の「こころ」を理解し、グローバルな視点に立ち、ICT(情報コミュニケーション技術)を活用して、地域はもちろんのこと世界の課題に取り組む人材として育って欲しいと願っています。
そのためには、高校生の時から、さまざまな問題に対して好奇心を育み、自分で調べ、考えてみることが大切です。皆さんにとって高校での学びには無駄なものは何一つありません。それぞれの教科の基礎的な知識や考え方をしっかり身につけてください。

 

 

山梨英和大学大学院 人間文化研究科臨床心理学専攻

 

山梨英和大学大学院(人間文化研究科臨床心理学専攻)は、キリスト教精神による人間形成、社会への奉仕という建学の理念に基づき、臨床心理学的支援を実践できる高度な専門的職業人の養成を教育目的としています。
この理念・目的に共感する、次のような人たちを国内外から広く受け入れます。

1. 人間の心の問題の研究を通して、真に役立つ「心のケア」のあり方を探求するとともに、自己研鑽を深めつつ他者の心を支えようとする姿勢を持ちたい人

2. 本大学院が提供するカリキュラムにより身につけた知識、技法、対人・対社会態度、共感的理解力を活かして、臨床心理士または公認心理師の資格を取得し、専門的職業人として社会に貢献したい人

3. 本大学院が提供するカリキュラムによる自己研鑽を通して、臨床心理の専門家に期待される業務のみならず、自発的に課題に取り組み、研究し、提言することができる社会的スキルを備えた人

4. キリスト教精神に根ざした考え方を基盤として建学の理念を具現化するため、「精神的に他者とともに在る隣人愛」を実践したい人

 

 

山梨英和大学は、「大学等における修学の支援に関する法律による修学支援の対象機関となる大学」として確認をうけました

»「高等教育の修学支援新制度」ページ

 

 

2021年度山梨英和大学「入試ガイド」(2020.05)

 

 

※入試詳細については、2021年度学生募集要項をご確認ください。

 

 

2021年度山梨英和大学入学者選抜の変更について(予告) (2019.05)

 2021年度山梨英和大学入学者選抜を次のとおり変更する予定ですので、あらかじめお知らせします。
 なお、2021年度入学者選抜に関る入試区分や選抜方法、科目等については、2021年度学生募集要項で詳細を記載します。

 

1.学力の3要素の評価

 すべての入試区分において、次の学力の3要素を評価します。

 ①「知識・技能」

 ②「思考力・判断力・表現力」

 ③「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」

 

2.入試区分の変更

 入試区分を次のとおり変更します。

 ①「一般入試」〈変更前〉 ⇒ 「一般選抜」〈変更後〉

 ②「AO入試」〈変更前〉 ⇒ 「総合型選抜」〈変更後〉

 ③「推薦入試」〈変更前〉 ⇒ 「学校推薦型選抜」〈変更後〉

 

3.調査書の活用

 すべての入試区分において、学力の3要素、特に「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を評価する観点から調査書を合格者の判定に活用します。

 

4.一般選抜における記述式問題の出題

 一般選抜の個別学力検査では、「知能・技能」に加え「思考力・判断力・表現力」を評価する記述式問題を出題します。

 

5.英語の外部検定試験の活用

 英語の4技能(「読む」「聞く」「話す」「書く」)を適切に評価するために、一般選抜において英語の外部検定試験(認定試験)を活用します。

 

6.大学入学共通テストの活用

 大学入学共通テストを利用しての一般選抜における合格者の判定に、択一式問題に加え記述式問題も、英語は外部検定試験も評価の対象として活用します。

 

7.総合型選抜及び学校推薦型選抜の入試日程の変更

 総合型選抜の出願時期を9月以降、合格発表時期を11月以降とします。
 学校推薦型選抜の出願時期を11月以降、合格発表時期を12月以降とします。

 

 

 

入学試験2つのポイント

全国トップクラスの就学支援制度

山梨英和大学では、返還の必要のない就学支援制度を全国トップクラスの規模で設けています。これらの支援により、国立大学並みの学費で学ぶことができます。

 

給付奨学金(S種)

指定学校推薦型選抜、山梨英和高等学校推薦型選抜I期入学者で世帯所得の基準に適合している方を対象とした返還義務のない給付奨学金です。年額30 万円を給付します。

 

花子特別奨学金

指定学校推薦型選抜、山梨英和高等学校推薦型選抜I期、一般選抜A日程の受験者で世帯所得の基準に適合している方を対象とした返還義務のない給付奨学金です(2018年度新設)。
1年次は104万円、2年次、3年次又は4年次な89万円を当該年度の納入すべき学費から免除の方法で給付します。免除後の納入すべき学費は年額15万円です。

 

特待生奨学金

総合型選抜、一般選抜A日程の受験者及び大学入学共通テスト利用入試の出願者が対象です。年額42万5千円を給付します。

 

資格等特待生

あなたの取得した資格をさらにレベルアップして地域社会を活性化する人材を育成するために、対象資格等取得者の初年度授業料を全額免除する資格等特待生制度を新たに設けました。(2019年度新設)
資格等特待生の詳細はこちらから

 

入学金免除制度

山梨英和高等学校からの入学者や留学生などを対象とした入学金免除に加え、本学卒業生の子、孫または兄弟姉妹などを対象とした入学金免除制度を新たに設けました。(2019年度新設)
入学金免除制度の詳細はこちらから

 

〔2018-2020年度 実績〕
  2018年度 2019年度 2020年度
給付奨学金(S種) 10名 9名 8名
特待生 29名 43名 61名
資格等特待生(申請採用) 2019年度新設 >> 27名 46名
入学金免除申請(申請採用) 2019年度新設 >> 17名 28名
花子特別奨学金 1名 0名 0名

入学検定料が減免されます!

総合型選抜では、皆さんのやる気と熱意を評価します。そこで、2020年度山梨英和大学オープンキャンパスで模擬授業を受講した方を対象として、下記のとおり入学検定料の減免を実施します。

★減免対象者

2020年度オープンキャンパスで模擬授業を2回受講した受験生(高校3年生と既卒者)

★減免額

〈減免前〉33,000円〈減免後〉26,000円

※減免は当該年度出願1回に限ります。

 

 

試験区分ごとの入試日程詳細はこちらから